Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 クリスマスに贈りたい本 psm Amazon MasterCard Drive_Recorder ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 大掃除特集 ペットのクリスマス Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン4

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
19
我が逃走
形式: 単行本(ソフトカバー)|変更
価格:¥1,404+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


2017年11月18日
コメディタッチのサクセスストーリー「こんな僕でも社長になれた。」の続篇の転落人生。同時期にでたホリエモンの「我が闘争」をコピペしたような本題は、ネーミングのプロである家入氏による最高の本題である。同世代のIT企業だが正反対の二人。マブダチではないのだが、要所要所で運命に導かれるように引きつけあう盟友だ。お互い成功し、その後ドン底まで転落するオチがある。ホリエモンのように闘争する人生に対する、逃走する人生。ノンフィクションのビジネス書だが、ミステリーのようにハラハラして読める。多分家入さんの部下はハラハラして否応無く育っしかなかったのだろう。同じ福岡の田舎の町出身のオタク少年。将来二人でないか大きなビジネスを達成して欲しい。最高の大河ドラマのエンデングが出来ると思う。題名は「我が闘争(逃走)」題字は武田双雲の筆で、、、
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年10月10日
家入さんを初めて知ったのは、2ちゃんねる?で、家入さんの講演会に来場者ゼロっていう記事でした。
そのときは、痛い人なのかな?かわいそうくらいにしか思わなかったのですが、ふとしたきっかけで、人見知りなのに、社長になったなんて知ったものでびっくりしました。
私は引きこもりではないのですが、人見知りで、自分の意見を周りに言うことができず、生きづらいなぁ、なんて思いながら過ごしていました。
家入さんを、知るまでは、きっと、人見知りは、いわゆる成功することができないんだろうな、と思っていました。
しかし、家入さんは、自分より遥かに壮絶な青春時代を過ごし、成功を収めているように思います。
もちろん、元々プレゼン能力や数的読解能力が高く、コミュニケーション能力だけ欠落していた?などの可能性はありますが、私は自分と似たような境遇があることから大変勇気をもらいました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年8月23日
こんな僕でも社長になれたあの社長さんが書いた本
エモーショナルで素直なところに好感をもったこんな僕でも社長になれたの続編でその後のことを書いてるんですが、感性が好きです。
日々を色々感じて生きてるわけなんですが、共感できることもあるし、見習いたい感性もある。
失敗も踏まえ見習いたいことが多い楽しく読める本です。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年5月29日
あまりの面白さに衝撃を受けました。この人の凄いところとダメなところが混じり合ってこの人の人生を面白くさせて、見ている周りまで面白くさせて、そうとう稀有な人だと思います。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年8月13日
ツイッターなどで遠くから見ている分にはわからなかったけど、なかなか大変な生活をされているようで、健康面で心配になりますが、勇気をもらえる内容で、自分を信じる力が湧いてくる内容でした。あと、大人になっても人と会うのが億劫になって引きこもり出す所は、福岡の人っぽいな〜と思いました。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年6月2日
元奥さんの柴原明子「家族無計画」を先に読んで、気になってこちらの本を読みました。同年代ですが、衝動のままに皮膚感覚で本能のまま突き進む生き様はほんと読んでいてドキドキしました。あっという間に読み終わりました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年6月25日
恥ずかしながら、家入さんて全く存じ上げませんでしたが、乙武さんの"社会不満足"を読んで、この本を知りました。今後の活躍も楽しみです。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年8月31日
IT業界のたいへんさの一端はわかりましたが。浮き沈みがあるけど、成功しました物語。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
ベスト500レビュアー2016年5月8日
家入さんのことはツイッターなどで何となく知っていましたが、この度初めて著書を読みました。
かなり面白く、1日で一気に読んでしまいました。
この本を読む前は、何となく緩くてテキトーそうな印象がありましたが、意外にも強烈な成功意欲のある方なのだなという印象です(ただ、緩くてテキトーそうなのもその通りのようでした)。やはり最年少で上場させるだけのバイタリティは流石です。

飲食事業の失敗のエピソードは、想像を超えていました。
大きな赤字を出しているのに、新店舗をどんどん出してしまう。部下の反対に耳をかさない。夜の六本木で一晩で300万も使ってしまうなど。
経営素人のような杜撰さです。

恐らく家入さんは、自分でマネジメントすることができない。ペバボの成功も佐藤さんという優秀な相棒がいたからこそ。飲食の失敗は、マネジメントができる部下がいなかったからのように思えます。
とは言え、持ち前の半端ではない行動力で、家入さんの周りにはいつも優秀な人材が集まってくる。最近のキャンプファイアやリバ邸など数々のサービスも家入さんアイデア、行動力に若く優秀な力が集まってきたことでリリースされています。
家入さんはリーダーとも経営者とも言えないけど、それでもやはり日本に必要な新しいタイプの人材だと思いました。

飲食の失敗後、「居場所を作る」という自分のコンセプトを認識してから、一本芯が通ったように見えます。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年8月17日
ペパポの時からインターネットではお世話になっていた。
市民大学で会えた時もこの本の中の1つの話として思い当たるところがあった。
親しみがわくし、ありのままの家入一真氏が書かれていると感じた。
また、いつかお会いしたい…。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告