Androidアプリストア Amazonファミリー nav_flyout_bookshonya 9000 Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray SW-AD 2018 ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 コンタクトレンズストア 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア・キャンプ用品 ドキュメンタル シーズン5



2009年5月9日
 保健室で働いています。

 学校の保健室には、周囲の友だちと馴染めない子が悩みを抱えて訪れることがあります。
そのような悩みをもつ子どもの中には、岡田先生のご本のなかにある子どもがいるように感じます。

 岡田先生の目線は、親御さんのみならず、お子さんの目線にも立たれた温かいメッセージが盛り込まれています。私は、ご本を読み終えてあたたかい気持ちになりました。

 発達障害を診断することが大切なのではなく、子どもの特性を知ること、そのためには周囲のサポートが必要であること、なぜサポートが必要なのか、とても分かりやすく書かれています。

 早い時期からの子どもを理解することが、子どもの発達に大きく影響するようです。しかしながら、早い時期から子どもの特性を知ることは、今の時代、難しいと思います。子どもが何ができなくて何ができるのか、少子化の社会では他の子と比べる機会も少なく、また、特性を知ることは大変難しいことです。子どもの特性を知るには専門家の目が必要であると書かれています。 
  
 私自身、学生との関わりを見つめ直す契機を与えて頂いたご本でした。

 発達障害に関する本のなかには、悩める親御さんが読んでいてこころが苦しくなるものもあるかと思いますが、こちらの本は、これからの親子関係に温かい光を与えてくれます。

 私の子はどうしてこうなの?と悩まれているお母さん、お父さんが読まれたら、きっとこころのもやもやが取れるような解決策が見つかると思います。

 早速、同僚や友だちにも紹介しました。

 
 

 
0コメント| 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年5月7日
イラスト等はないのですが文章がとてもわかりやすく、ソフトで、中立的な立場で書かれている点が類書と比べ優れていると思います。医療・療育・学校等の教育機関・親の姿勢・行政など、子どもに関わるどの立場も責めない姿勢に、著者の人柄を感じました。

どう対応していくか、といった具体的な方法については他の本を読む必要がありますが、そのかわり発達障害とは何か、どのように医者が診断するのか、投薬について、などある程度詳しく最近の状況もふまえて述べられています。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年3月14日
息子が入園して先生に色々指摘されるようになりましたが、もしかしたらって気持ちを持ち続けていてやっと読もうという気になれました。受け入れるまでに1年かかりましたが、この本を読んで受診する気持ちになれました。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2009年5月1日
分かりやすさと具体性でピカイチ!!発達障害の特性をもつ子どもの声がきこえてくる一冊です。

発達障害の専門医が、豊かな臨床経験に基づき、発達障害の全般的な知識と発達障害の子どもと接する際のコツについて、Q&A形式で、とても分かりやすく説明してくれています。

時折、著者の臨床感を織り交ぜながら、理解しやすい平易な言葉で、症状・診断・治療等に関する専門的な知識や日常生活上現れやすい行動特性、また学校や家庭生活における具体的な支援方法について、バランス良く綴られています。

ご家族の方が、発達障害の特性をもつお子さんと関わる際の一助となることはもちろん、援助職の方にとっても、日々の支援のあり方に新たな発見が得られる良書だと思います。

何より、著者の発達障害のお子さんやご家族を見守る視線がとてもあたたかく、発達障害の子どもを支える人達の気持ちを軽くしてくれるように感じます。
0コメント| 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年1月8日
子供の行動が 気になり 購入しました  かなり わかりやすく 気になってることを ちゃんと書いてくれてて よかったです
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年11月6日
ほかの方のレビューを参考に、購入。 実際読んでみると、息子の行動がそういうことだったのか。。。と 納得することばかり。 それと同時に、発達障害という今まで知らなかった世界を、わかりやすく書いてあり、とても参考になりました。  {個性の延長上に発達障害がある} という言葉が一番印象に残りました。  おこさんの発達で悩んでいる方には、とてもお勧めだと思います。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2011年5月8日
みなさんのレビューを参考に、購入しました。

今年保育園に入園した息子が「集団行動に適していない行動をする」と、先生からお話がありました。
「もう少し時間を置いたら、息子も成長するのではないか」と園に対して反発心を持っていました。

そんな中で偶然このレビューに出会い、そして本を読んだことで、疑念が消えました。

「発達障害」じゃないかと言われた、また自ら感じた親の気持ち。
そういう指摘をしなければいけない園の先生の気持ち。
「障害」としてではなく「個性」として、社会に順応する術を教えたい施設の先生の気持ち。
「治す」ことは出来ないけど、そこに「知恵」や「ヒント」を与えてくださる医療関係の先生の気持ち。

それぞれを代弁してあり、「発達障害」であることは、「否定」するべきじゃないと納得できました。
今は、早い段階で、指摘をしてくださった保育園に感謝の気持ちでいっぱいです。

脳や神経に関する深い知識ではなく、どういう心構えが必要かが学べます。
まさに「もしかして・・・」と思う親の方が、最初に出会えることを願う本です。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年12月28日
まとまっていてバランスとれています もとは2007年ですが、改訂でつけたしもあります
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年2月3日
安心して読めます。まず、どの本を読んだらいいのか、わからない人に、手に取ってほしい本です。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年10月8日
読みやすい、の一言に尽きます。
具体的な例もさることながら、イラストで図解されたものはぱっと見でもわかりやすく、参考書として必ずすぐに手に取れるところにおいています。
台所に立って、ふと、自分の子供の将来に不安を感じたときや、何でこんな行動するんだろうって落ち込んだときなどにも、ぱっと開いて、自分自身の気持ちを落ち着けることにも使用しています。
また、文字ばかりの本を渡すより、わが子の行動の原因と対処法をわかってもらうためのツールとして、保育園の先生に見てもらうこともあり、大変役立っています。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告