Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 クリスマスに贈りたい本 psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray FM/JMSale 2018 ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 大掃除特集 DIY・ガーデニング 大掃除特集 Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン4

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.5
2
本番に強くなる:メンタルコーチが教えるプレッシャー克服法 (ちくま文庫)
形式: 文庫|変更
価格:¥799+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

2014年4月25日
ソチオリンピックを見て、プレッシャーというものに興味を持った。オリンピックに出場すること自体が、常人には考えられないハイレベルな話であるが、その中でもプレッシャーに打ち勝てる選手と、そうでない選手がいる。

プレッシャーの仕組みや、その克服法を理解すべく、本書を手に取った。

80%の力を出せれば勝てるように鍛える、というのが、所謂、"体育会系"の考え方で、私もその考えを持ってきた。

しかし、メンタルコーチは、違ったアプローチで、100%、時にはそれ以上の能力を発揮する事が可能という。

プレッシャーを歓迎し、何にプレッシャーを感じてるにか、客観的に考える。結局は、みんな一緒と開き直ろう。

正しい姿勢、明るい表情、鼻呼吸(早、遅 2パターン)、言葉(客観表現)が、ゾーンを導く。

漠然とモノ事を見ずに、より具体的に見ると集中力が増す。 球技に例えれば、ボールの回転、バウンド、傷などに注意すると、より正確な判断に繋がる。

最後に、感謝の気持ち。他人に感謝するという事は、自分を客観視する事から始まる。

心技体、良い言葉だ。
1コメント1件| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年7月7日
一通り読んだが即戦力にはならない。
直ぐに役立てたい人には推奨できない。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告


カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック