Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard 洗車グッズ特集 Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIYはじめて講座 Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち2.8
5
5つ星のうち2.8

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

本書の趣旨はほぼタイトル通りで、定期航空・旅客機に関するトリビア、具体的には空港・航空路、法的規則(慣習含む)、管制、路線の特徴(景色)などの概略を解説するものである。但しトリビアと言っても、航空機利用のビジネス族やヘビー・ユーザー辺りでは結構既知の、或いは著名な事情が散見されるので、エアライン・マニアやエアライン(アライアンス)の上級FF会員等の資格を有する読者には物足りないものがあるように思われる。かかる点では本書は航空機の一般利用者・一般読者を対象としている。本書の構成・内容については、このページの「商品の説明」及び「目次を見る」にある通りだが、個人的にはPART5の前半(「東京飛行場」一番機の“珍客”・世界初の「北回りルート」・戦後初の国際線フライト・戦後初の運行再開の路線など)辺りと、羽田発の往路と復路の相違・「ウェイポイント」の名称など(56~79頁)は面白いトピックと思う。

ただ幾つか疑問のある論旨を指摘しておきたい。まず往路と復路が大きく異なる路線として“羽田ー小松線”の解説がある(76~78頁)。テキスト解説では「小松から羽田に向かう際には、離陸してまずは福井に向かい、福井上空で左に旋回して名古屋(小牧)をめざします」とあるのだが、地図によるルート図示では、小松を出ると直ぐに左旋回して、福井のずっと手前(東寄り)、大臼山と大野の間を過ぎて名古屋のやや東寄りを通っており(77頁)、前述のテキスト解説と整合しない。往路にしても「富士山の北側斜面を通過すると……」(76頁)とあるが、前記のルート地図を観ると横田からほぼ直線で「甲武信ヶ岳」のやや北側を通過しており、「富士山の北側斜面」どころか山梨県北端を外れて埼玉・長野県境南端付近を通過しているのも上記テキスト解説と乖離する。また“フォネティック・コード(通話表)”について、「航空業界には……表のようなアルファベットの独自の呼び方があり……客室乗務員や空港で働くスタッフの世界共通用語です」との解説がある(122頁)。このコード(通話表)は無線通信資格者には必須の規則(総務省令に依る無線局運用規則)だが、元々は無線電話通信のために取り決められたもので「航空業界」専用ではない(和文の通話表もある)。以上細かい点を除くと、広く一般読者向けの飛行機旅行のトリビアなガイドと見て良いだろう。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月8日
飛行ルートに関する項目はナールホドと謎が解けましたが、機窓からの風景はすでに実行すみのこともありましたが、あまりフライトする機会が少ない路線では座席指定の参考になりました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月17日
思ったほど詳しくない本でした。
初心者にお勧めではないでしょうか?
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月6日
航空路や空港を始め、飛行機に関する様々なトリビアが紹介されていて、興味深かった。一つの事項を数ページで簡潔に解説しており、少しずつ気軽に読めるのも良い点であった。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月17日
お金払って読むほどの内容はありません。
航空雨マニアなら尚更、ご存知の内容でしょう。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告