Androidアプリストア Amazonファミリー 風間杜夫の朗読でハリー・ポッターシリーズ Amazon Cloud Drive nav_flyout_lp Amazon MasterCard Wintertire DVD Blu-ray Bargain 2016winter ファッションセール Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick バレンタイン特集 2017 年末年始ダイエット特集 大型家具・家電おまかせサービス Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア ドキュメンタル

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
2
5つ星のうち4.5
星5つ
1
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
価格:¥1,944+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

離島への旅の魅力は理解していますし、憧れの旅のスタイルの一つです。ただ、島を目指すと言ってもどの島が魅力的なのかはもう一つ分かっていません。
本書は、そんな新しい旅のスタイルの提案として受け取りました。

フォトグラファーである筆者の加藤庸二さんは、「わが国の『島』をテーマとする分野のスペシャリストで、国内の有人島をくまなく歩き撮影した第一人者として知られる」の方です。島好きの方がどれだけ我が国に入るかは分かりませんが、全てとは言わなくても、本書掲載の百名島を全て訪れたことがある人はほとんどいないでしょうね。
自然景観だけでなく、住んでいる人への愛情が感じられるからこそ、百名島の旅を続けてこられたのでしょう。それゆえ、本書の様な素敵な企画の本の価値があるわけですが。

5ページにこう記されています。「有人島だけでも約430、無人島まで含めると6800以上もの島があるといわれている」そうです。そのような数ですと、やはり何らかの絞り込みは必要でしょう。

本書は、通常は見開き2ページで一つの島を紹介し、中には4ページの分量や1ページで終わっている島まで情報量はマチマチでした。その頁数も訪れる際の要素になるかもしれません。島を楽しむコツや人口、面積、周囲、町役場の電話などのデータは全て記されてありました。アクセスも必要ですので掲載してあります。当然ですが。
景観や植物が分かる名物やあがってくる魚など、観光ガイドとして利用しても良いように見やすく分かり易く記してありました。掲載全島が歩いて回れるように、島の簡単な全景図もあり、散策のガイドになります。

「最果てのロマン漂う花の島 『礼文島』」や「島まるごとが名峰・利尻富士」と書かれてある利尻島は、なんとか訪れたいと思っている島です。
続く14ページの「日本海にある海鳥たちの楽園 天売島」での海鳥の舞う姿を一度は見てみたいものです。
座間味島の海中のサンゴ礁の美しさは写真を眺めているだけでも伝わってきます。沖縄からも結構な時間がかかりますが、機会をとらえてこの座間味島も訪れたいという思いが募りました。

普段、島の生活とは無縁な当方も若い頃、何日も143ページの真鍋島で寝泊まりし過ごした日々を懐かしく思いだしています。当時見たお花畑の美しさは忘れられません。
写されている景観の素晴らしさは当然として、人々が営んでいる生活への視線の温かさが随所に感じられました。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月25日
以前から密かに狙っていた島が一つあって「どうせあんな小さな島、掲載されてはいないだろうな・・」とは思いながら(藁をも掴む気持ちで)買ってみたら、これが見事に載っていた!。もうこれには感激。内容も偏りが無くて好ましい。しかしこうなったらもう行ってみるしかないか?・・「よし行くぞ〜!」(笑)。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告