Androidアプリストア Amazonファミリー 2017年本屋大賞 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray FF8-AD 2017 ファッション Fire HD 8 Fire TV stick 母の日ギフト特集 2017 花粉対策特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 アウトドア HITOSHI MATSUMOTO ドキュメンタル シーズン2

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
23
5つ星のうち4.5
価格:¥1,620+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年8月11日
大ファンである大谷氏の新刊ということでアマゾンで購入した。

Q&A方式で購入時の初期設定、融資の考え方、管理運営の方法、
節税の方法など、わかりやすい文章でかなり具体的に解説されており、
期待を裏切らない素晴らしい内容であった。

しかし、ある意味、特別の裏ワザ的なものは載っていないため、
読者によっては物足りなく見えてしまうかもしれない。

それは近年多く出版されている、
ある特定の投資家の方の成功体験本や、
自己資金ゼロでハッピーリタイア的な方法が書いてある本
を信じたい読者層のことである。

私自身は、著者の書籍を手に取ったことがきっかけで
今ではセミプロの規模まで物件を購入することが出来ているが、
特別裏ワザを使ったわけではなく、本書著者が提唱している
ある意味実直で不変の原理原則を忠実に行ってきたから、
今の私があると思っている。
(特に減価償却による節税スキームによって
税引き後キャッシュフローが増大したことは、目から鱗であった)

これから不動産投資を始めたい方はもちろんのこと、
地方・高積算・RC造の物件だけで買い進めてきた方、
高額所得者の方にぜひ一読して頂きたい名著である。
0コメント| 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月7日
区分マンション・一棟アパート等の不動産投資を5年以上行っているが、何点も新しい気づきがあった。
特に、金利引き下げ交渉、連帯保証人の外し方、譲渡益課税控除の特例など、有益な情報がいっぱいだ。

これから不動産投資を検討している人も、すでに投資している人も、読んで損はない。
というか読むべき本。

参考までに、私が良本だと感じた不動産投資本をいくつか挙げておきたい。
・「不動産投資 1年目の教科書」 玉川陽介著
・「稼ぐ経済学 「黄金の波」に乗る知の技法」 竹中正治著
・「アメリカ在住の日本人大家さんによる誰も教えてくれなかった海外不動産投資」 大家実幸著
・「年収1000万円から始める 「アパート事業」による資産形成入門 [改訂版]」 大谷義武著
0コメント| 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年9月15日
不動産投資を考えており何冊かレクチャー本を読んでおりましたが、
どれも理論が中心で、理屈ではわかるが…と、いまいちしっくりきませんでした。
本書は理論にとどまらず、実践書としての記載が網羅されており、
各場面場面を具体的にイメージしながら読み進めることができました。
まさにオーナー目線で書いてあるため、常に腹落ち、目から鱗の連続でした。

実際に事業を展開されている「実務家」ならではの大谷様の意見は
随所に納得が出来、実際に購入に向けて進めることが出来そうです。

周囲にも不動産投資を検討している知人がおりますので、さっそく勧めたところです。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月6日
不動産賃貸業や、不動産売買を行う中で、投資家が直面し得る、様々な事象に対して、「利益の最大化」という観点から、一切ブレることなく、書き切ってあります。すごいの一言。
「利益の最大化」という視点から、全てのことが書かれている為、一貫性があるだけでなく、とても分かりやすいのです。
私は不動産業界に10年以上いましたので、本書がまさに実例に基づいて書かれていることが分かりましたし、著者である大谷さんは、経営者として、様々な問題に直面し、それを「利益の最大化」という観点を持って、解決してきた、つまり、「利益の最大化」という明確な目的意識を持って解決してきたからこそ、見えてくる答えがあり、本書では、その答えが凝縮してあります。
人間の頭のなかは、常に混沌としており、知っていたつもりでも、実際に行動に移せないことが多々あります。
しかし、本書を繰り返し読むことで、不動産投資家として最低限やるべきことを、頭の中で整理でき、行動に移すことができるはずです。
何回でも読むべき、良書です。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月21日
新本が出版されたという事で、早々に読みはじめましたが
ページ数が多く、読むのに時間がかかりましたが非常に
為になりました。

投資物件のノウハウがほぼすべて出ており、
非常に分かりやすくまた読み返したいと思いますし、
とても参考になりました。

また、タックスマネジメントを築古収益物件を用いて説明している部分
が特にとても分かりやすかったです。

特に私は、売れば良いのかという5章の部分が長年業界のトップを走っている
大谷社長ならではの説得力のある内容でとても腑に落ち、説得力を感じました。

また読み直すべき良著と思います。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月4日
一棟物を中心に投資している不動産投資家です。

これまでに、何冊か収益不動産に関する書籍を読みましたが、著者の自慢話のようなものがほとんどでした。
この本は、収益不動産の売買や管理を行っている会社の経営者が書かれたもので、会社経営を通じて得られた
知識や経験を出し惜しみすることなく、且つQA形式で網羅的に書かれており、大変参考になりました。
この本一冊で、収益不動産に関する疑問は全て払拭されると言っても、過言ではありません。

不動産投資のバイブルとして、常に手元に置いておきたいと思います。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年2月15日
本書はすべての不動産事業リスクを網羅し回避策を具体的に指示しています。
主な購読対象者は、企業経営者、地主です。
キーワードは「減価償却費」と「流動性(すぐ売れるか)」ですので、
最初にP96、P248、P260を読まれると理解が早いです。

地主様は、建設会社の営業や銀行員が本当は収益計算はできないと思って下さい。
地主様は、収益を他人任せにしてはいけません。自分の頭で収益予測を理解しなければ
絶対失敗するとの意気込みで投資をご検討下さい。
本書のご指摘通り、特に地方物件は流動性ほぼ0ですのでご用心下さい。
地主様は、売る発想が無くて失敗します。
不採算物件への投資は破綻です。

私は大変知識が増えました。

次作、大谷先生にはキャッシュフロー表をベースにした
長期事業計画表の作り方を、御指南して頂きたいです。
本書では個々の知識の説明図はございましたが、
事業計画を統合した表での説明がございませんでした。
つまり、賃貸物件建設会社の取分額と、
本書でご指摘された諸問題を
収益構造をからめて長期事業計画表にて解説をお願いしたいです。

本書は、富裕層商売で50問×50円=2,500円でも十分売れたにも拘わらず、
廉価で販売して頂きました幻冬舎様に頭が下がります。
これほど価値の高い不動産事業の知識を解説して頂きました
大谷義武先生 本当にありがとうございました。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月2日
自分は収益用不動産を1棟保有していますが、かなり参考になりました。不動産投資に関する本は巷にあふれていますが、勉強し直そうと思って手に取ってみたこの本、目から鱗です。自分は最初から中古不動産で考えていましたが、借地権の物件や地方の物件に関してはそもそも購入対象から除外しておりました。

この本の良いところは、今まで自分でも整理できないままでいた質問と回答がコンパクトにまとまっており、興味がある章や項目から読むことが出来ることです。例えば、借地権の物件に関しては、「借りている権利のほうが土地を所有している権利よりも強い」ということ、「融資さえ受けられれば、借地権の物件はメリットが大きい」ということ等初めて知りました。

また、投資家にとっては気になる融資に関しても、融資をいかに引き出すかという観点で50ページ以上割いており満足いく内容でした。ページあたりの文字量も適切で、また、所々に図表もあってとても読みやすいです。これから不動産投資をしてみようと思う人はもちろん、自分のように既に収益用不動産を保有している場合でもかなり読み応えがあるかと思います。これだけの内容で1,500円は買いだと思います。
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年9月14日
北関東で木造1棟を運営しているサラリーマン投資家です。
ようやく物件運営にも慣れてきたところで、いかに収益性を更に向上させていこうか迷っていたところ、この書籍と出会いました。

読了しての感想としては、非常にすっきりしたというのが正直なところです。
頭の中のもやもやのような、「何となくで行っていたがよくわからない」問題が本書と出会えたことでクリアになったような気がしています。

特に、出口戦略に対する考えには目から鱗が落ちました。
築古木造はやはり価格を大幅に下げての出口しかないのか、とこれまでは悩んでおりましたが
「無理に売らずにCFを活用して規模を拡大すればよい」との言葉に、とても強い衝撃を覚えました。

その他物件運営についても詳細な記載があり、今後の不動産運営のバイブルとして必携していく所存です。
規模拡大のため、これからも読み返して自身の糧にしたいと思います。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年9月15日
先日1棟目の収益物件を購入しましたが、購入を検討する上で非常に参考にさせていただきました。
これまで1棟目を買いたいという気持ちはあったものの様々なリスクが頭をよぎり、躊躇していた時期がありましたが、本書を読むことでその不安が払拭できました。
不動産投資のリスクに対する対応策から、取得中の運営方法など包括的な内容に非常に満足しております。
同じ物件を買うにしても、買い方次第で利益がまったく変わってくることもわかりましたので、これからの管理運営と新しい物件の購入にも参考にしていきたいと思います。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告