Androidアプリストア Amazonファミリー Prime Student 本10%ポイント還元 9000 ポイントアップチャンス 今すぐエントリー nav_flyout_biss B07B53H89P ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 コンタクトレンズストア 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア・キャンプ用品 ドキュメンタル シーズン5

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
22
誰も触れない 不動産投資の不都合な真実 (経営者新書)
形式: 新書|変更
価格:¥864+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


2017年8月12日
「誰も触れない」と言い切るほどではないと思いましたが、不動産投資の基本的なリスクを捉える読み物として良いと思いました。たまに読み返して、リスク対策に基本的な漏れがないかを確認するのに役立ちそうです。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年7月14日
不動産投資コンサルとして働いていますが、内容が事実に沿っており、不動産投資をしたいと考えている方には是非とも読んでいただきたいです。
こういった内容を書かれるというのは、業界的に一石を投じるようなものです。書いていただき、感謝です。
0コメント| 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年12月20日
不動産投資のつぼを押さえた内容で現在サラリーマン大家である小生にとり納得するものでした。
今後の不動産投資の拡大安定化に活用し、必ずや成功専業大家を目指していきます。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年5月29日
・少し前まで、不動産投資は富裕層がしていたが、今はサラリーマンが
 銀行からの融資を得て参入している。
 (マイナス金利で銀行が貸し先に困っているからだろう。)

・利回り10%か、利回り8%かで、黒字か赤字かの成否が分かれる。

・銀行は、失敗する物件でも利益の為に融資せざるを得ない立場。

・建築会社や銀行のシミュレーションは、かなり甘い見積もり。

・都心の物件がいいとは限らない。

・賃貸住宅の5.5軒に1軒は空き家。

・相続税対策で安易に賃貸を建てるのは、危険だ。

・家賃が2割下がれば、収支は赤字に転落する。
 (入居率が2割下がっても同じ事)

・修繕費用が収支を圧迫する。

・管理会社の広告料の中抜きで、オーナーは食い物にされる。

・サブリース30年間家賃保証と言っても、2年毎に見直し。

・サブリース修繕工事で、オーナーを食い物にする。

・新築ワンルームでは、節税できず、赤字転落。

・「株やFXでは、リスクヘッジできない」と言うが、
 (著者は不動産しか知らない為の)誤りだ。
 実際には空売りにより、可能である。

・雨漏りや大規模修繕など不都合な事を伝えないのが、業界のスタンダード。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年5月22日
セミナーに行ったり営業にあったりすると
判を押したかのような営業トークばかり・・・
不動産投資のメリットデメリットに切り込んでいます
これから始める方は一度目を通しておいたほうがいいのではないでしょうか
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年11月27日
私は個人で不動産投資しています。
不動産業界でも働いていました。

本書の内容は不動産投資する上での必須事項を網羅した基礎知識として使えます。
内容は経験者なら知っている不都合でもなんでもない事実です(^^;;

ただし気になる点もあります。
わかりやすく大雑把な説明にしているためか、事実を誤認させるような内容もあります。特に気になったことは税務です。書いてある内容に驚いて、本当かどうか確認しました。結果、嘘ではないが明らかに誤解を与える文面だと思います。

再度、個人的に勉強出来たので良しとしますが、本書の内容を鵜呑みにする方がいるかもしれません。

投資関係は本で読んだだけで確認もせずにアドバイスしたがる輩が多いので気をつけたいものです。

これから不動産投資を始める方は一度読んでみてもいいと思います。ちなみに投資は自己責任です。失敗しても本書に八つ当たりしないように!
0コメント| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
VINEメンバー2016年6月26日
 この種の本で共通するポイントですが、一言で言えば、借金してまでアパート経営する時代じゃないよ、ということでしょうか。
 サラリーマンがローンを組んでワンルームマンションに投資するっていう話はバブル崩壊時期から盛んになりましたね。
 まだ続いているとは知りませんでした。

 そもそも、給料が多く、アパート投資の減価償却が多いので、所得税を節税しながら、老後資金を確保できますよ。。。てな話だったのですが。
 となれば、残業が抑えられて収入が少なくなった現在、ローンを組んで不動産投資するのは、業者さんの餌食になるようなものではないのでしょうか。
 また、人口が減少が明確になった今では、物件が古くなるにつれ、入居率が下がってローン返済が滞るのは、当然に高いリスクですよね。

 本書のポイントとしては、入門書と大差ないように思います。最近の入門書には、返済リスク、空室リスク、不動産屋との付き合い方に及ぶ記載がありますから。女性の著者が書いた本では、そのあたりのコミュニケーションの重要さを紹介していますね。

 どちらかというと読者の方に不都合な事実があるような気もします。夢をこわすような記載箇所は読まなかったことにする、なんていうのは読者側の不都合な事実と言っていいのではないでしょうか。
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年4月29日
タイトル程の目新しい情報は見いだせなかった。
特に後半はコンテンツに息切れが・・・
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2018年1月22日
不都合な真実とタイトルにあるので、さぞ知らないことがあるのかと思いましたが、不動産投資の本を読み進んでいる読者にとって新しいことは余りありません。既に学んでいるか、他の本に表現は違っても記載されていることが多いかと思います。不動産投資を闇雲に進めている本でもなく、スタンスとしては真面目なので、その点は好感が持てました。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年1月5日
誰も触れないといつつ実際は、銀行融資の裏側や収支シミレーションの落とし穴や、サブリースの逃げ道や、税金対策のウソやいずれももう既に言い尽くされているような事情ですタイトルが大げさだということが著者の信頼性を損ねてしまうんではないかと残念です。
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告