Androidアプリストア Amazonファミリー Prime Student 本10%ポイント還元 9000 ポイントアップチャンス 事前にエントリー nav_flyout_biss B07B53H89P ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 対象の日用品まとめ買いで30%OFF 新生活ストア2018 Echo Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 ドキュメンタル シーズン5



2016年5月22日
Facebookでシェアされていた書き込みにつられて購入してみましたが、書き込みされていた内容とは中身か違ってがっかり
実用的なビジネス書かと思いましたが、どちらかと言うとまだ社会に出ていない若者や社会に出たばかり若者向けといった感があります
具体的に社会でどう生きろと言うより、心構えを説いておりますのである程度社会で経験値を積んでいるかたには物足りないかとおもわれます
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年10月7日
自分の人生について、真剣に考えるきっかけになる本です。
著者の方のまっすぐさ、正直さに触れて、自分のことまで考えるに至ります。

岡崎勉明さんの格言メルマガでお勧めされていて読みましたが、東京で普通に生きている中ではなかなか触れない内容で刺激的でした。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年3月24日
私の現況と違いがあったのもあり、共感しにくい部分もあるが、ネットビジネスにおける考え方や心構えがわかってよかった
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年10月5日
岡崎勉明さんにおすすめしてもらい購入しました。
格言というか、ストレートな表現が心にぐさっと刺さります。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年5月7日
今の私って本気で生きてないなって思いました。
一気に読めて、希望をもらえた気がします!
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年6月1日
ネットに接続さえできていれば、うまく頭を使って生きていける
現在はそういう道もある世界なんだ、ということは伝わりました。

作者も実際に生活費をネットで稼ぎ
実践者の言葉でもあるので、
伝え聞きをそのまま話しているだけのものとは異なる実体を伴った説得力もあります。

しかしながら、
それも最初の2章くらいまでで
残りは実体験を伴わないエッセイになってしまっています。

実体験7:エッセイ3 くらいのものを期待していたのですが
実体験2:エッセイ8 といったところです。

エッセイがエッセイとして魅力があれば問題ないのですが、
エッセイは作者のキャラクターや文章を読者として好きかどうか?という点がすべてで
・・・・・個人的には作者の人格や振る舞いをあまり好きにはなれず、エッセイ部分の評価を総合すると
☆2といったころです。

仕事内容や障害者などという要因を取り除いても
彼を1人の人間として好きになれそうにもなく、
例え正論であっても読み進める気になりませんでした。

-------

年齢によって人間上下なし、男女も関係なし
というのは意見としてわかるのですが、上下がないのと無礼なのは紙一重で
率直なのと相手の気持ちに配慮できないのは似て非なるものだと思います。
作者は無礼の領域に足を踏み入れているように思えます。

自分にとってこれが好き、と伝えることは大事ですが
これは嫌いだ、という内容を
どうしてわざわざお金を払って読者が読みたいと思うのでしょうか?

スペシャリストは社会にとって必要なものなのに
自分がゼネラリストだからといって否定してどうするのか?
マックが好きだからといってウィンドウズを毛嫌いしてなんの意味があるのか?
どちらも必要なものではないのでしょうか。

また、自分が提供しているコンテンツが
受け取っている人にとって本当に役にたっているかどうか?
そういった視点が欠けているように感じます。

作者は「結果ではなく、プロセスがすべてだ」といっていますが
プロセスを求めて、結果がでたその先になにを望んでいるのか?
例えば、障害者にとって暮らしやすい世界だとか
お金のためにやっているだけで、家族が幸せならそれでいいだとか、なんでもいいのです。
プロセスを重視する理由に根源が感じられない。

作者の時流判断や未来予測はそれなりにあってるかもしれませんが
どういった未来であれば作者としてはいいものなのか?

いわば「理想」が描かれていないために
時流判断や未来予測ができる自分はすごい!という
単なる力自慢になってしまっている気がします。
(しかも、実体験に基づいていないことが多すぎて説得力が感じられない)

-------

個人的にはどうやって手を動かさずにPCで文章を書いているのか?
また、セミナーなどをしているなら
どういったサポートをしてもらっているのか?
また、そのコストなどは?

「身体障害者としての作者」の実体を知りたかった。

-----

エッセイならエッセイ
ハウツービジネス書ならハウツー本
身体障害者としての生活を描くなら日記本など

それぞれ読みたい人はいるだろうと思えるものなのに
すべてを浅く広く載せているためにどれも物足りなく感じる。

全部描くにしてはページが少なすぎるし
本のコンセプトがあいまいではないのか?構成に問題があるようにも思う。

----

それでも主張する力がある、というのはすごいことではあると思うし
ネットの持つ力、文章の持つ力の一端は伝わったように思えます。

しかしながら、この作者がなにか本を発表しても、もう購入することはないでしょう。
一口にいって、自分が生み出したサービスに対して
お金を払う人間に対する礼儀が欠如しているように思えます。
0コメント| 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年5月15日
ふとしたきっかけで全身が麻痺。そこで諦めず、大もうけ! でも儲ける手段がアフィリエイト、情報商材っていうところが、全く共感できませんでした……
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年8月9日
生き方学びます。前半については非常に勉強になりました。アフィリエイトとがどうのこうのは別として、諦めない行動学びました。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年12月29日
テトラポッドになぜ花束でなく、札束なのか。M新聞に紹介されていて読んでみたいと思いすぐ注文しました。
私はパソコン関連には詳しくありませんし、今からそこへ入り込みたいと思うような知識も意欲もありませんが、社会の中で今何が求められているか、どういう事が求められるようになるかに気づき実行して行かれた、その素晴らしい先見性に驚かされました。
そしてその姿勢がさらに次へ次へと面白くしていくことも著者の具体的な話から分かりました。
自分の仕事や生活にもその姿勢や意欲を取り入れて行きたいと思いつつ読み終えた一冊でした。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年2月8日
著者は、ネットビジネスのカリスマと呼ばれる和佐大輔氏。
和佐氏は、12歳の時に、海岸から海に飛び込んだ時、テトラポッドに激突し、首から下の機能を失った。
私は、最初は、そのハンディを、著者がどう乗り切ったのか、という「生き方」を求めて読み始めた。
つまり、どこかに、「感動」を求めていたというか。

だが、その「狙い」は、見事に裏切られた。
著者の言々句々からは、身障者だけど悲哀を乗り越えて頑張った、という感覚が、全く消えていくのである。
ハンデを乗り越えるというより、ハンデなど全く問題にしない境地にまで達した感じなのだ。

人生全般への目配りが利き、本質を見抜き、しかも柔軟性があり、感覚がシャープ。
短時間で読める書物であるが、悟りにも似た次元からの著述の連続なので、得るものがとても多い。

一例を挙げれば、「ハイパーデジタリアン」という考え方。
1、情報の価値判断ができること。
2、最低限の情報に対するリテラシーを備えていること。
3、情報にいつでもアクセスできる環境にあること。

この3つの条件に該当する人間のことである、と定義している。
私は、実に的確な定義であると感じるのである。

その他、様々な発想が紹介されるが、その一つ一つが、超越的なほどシャープなのである。
和佐氏は、くわえた割り箸一本でパソコンを操作し、年収1億円もの年収を稼ぐ人なのだが、この頭脳を以てすれば、むべなるかな、である。

本書のタイトルは、頭を強打して、下半身不随になった原因のテトラポッドに感謝して、300万円を捧げたとの事実から採られているが、後半では、そのことは、関係ないほどのハイレベルなビジネス論、生き方論に移っていく。

こけは、そんじゃそこらのビジネス論とは、レベルが違う。本質に迫っている。
これは、並の本手はない。
特に、若い人には、現実的な人生論、ビジネス論として、ぜひ読んでほしいと念願する。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告