Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive nav_flyout_lp Amazon MasterCard Wintertire nav_flyout_videogame ファッションセール Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick バレンタイン特集 2017 年末年始ダイエット特集 降雪対策グッズ特集 Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア ドキュメンタル

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
18
5つ星のうち4.3
形式: 新書|変更
価格:¥842+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年12月20日
一般向けの書籍ですが、記されている理論は専門書並みです。

従来の体験談や経験談からくる食事療法とは一線を画し、
医科学的なデータや理論を重視した栄養学的アプローチが特徴です。
食事療法も進化を遂げていると感じましたので、紹介します。
がん闘病の参考になりますれば幸いです。

<免疫栄養ケトン食>
臨床栄養学に基づいた「がん治療に特化した栄養療法」で、
この古川医師が主張するのは糖質制限が戦略です。
昨今ブームになった糖質制限食と類似しています。

しかし、あくまで「癌治療に特化した」食事療法であり、
ダイエットや健康志向の延長線上にあるものではないと強調しています。

ガンの主な栄養は、ブドウ糖。
正常細胞よりも3-8倍ものブドウ糖を利用して増殖しています。
一方、正常細胞は、ブドウ糖の供給が途絶えても、緊急用のサルベージ回路として、
皮下脂肪から緊急用の糖を利用しないケトン体回路を回します。

正常細胞は、緊急用のケトン体をエネルギー源として生き残らせ、
糖質しか利用できないガン細胞を「兵糧攻め」にしようという戦法です。

また、従来の「玄米菜食」や「ゲルソン療法」主義者などに見られるように
西洋医学のガン3大療法を真っ向から否定するものではなく、
現代西洋医学を支持する治療法というスタンスを取っており、
主治医との関係に気を使っている患者さんや我々医療関係者にとっても、取り組みやすい方法といえるかも知れません。

この食事療法を考案した古川健司氏は元外科医で、赴任先で、NST(栄養サポートチーム)のリーダーを任されたことがきっかけとなったことから始まります。
私もそうですが、外科医という立場は、ガン患者さんを初期の診断から手術、術後管理、術後の経過観察、再発時の治療、緩和ケア、そして看取りと
最初から最後まで一貫して寄り添う、いわば患者さんの生死のカギを握る最終責任的な立場に置かれております。

また、術前の患者さんの不安の訴えから、術後のトラブル、抗がん剤投与の副作用や、体力・免疫力低下など、
それこそ数え切れないほどのおびただしい経験をさせられてきており、
外科医は、内科医以上に苦渋を舐めていることも多く、問題意識や患者さんへの思いはとても強いものがあります。
著者の古川医師もこのような痛恨の経験が、栄養学を徹底研究するようになった一因と書かれています。

そして、今のがん治療の現場ではどういう治療・手術また、どの薬を使うかということばかりに意識が向けられ
治療の土台をなす「栄養」という最も求められる要素が、治療の枠組みから「すっぽりと抜け落ちてしまっている」と警鐘を鳴らしているのです。

医学の父・ヒポクラテスは、食と治療の関連において、

「汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ」
「食べ物で治せない病気は、医者でも治せない」

との言葉を残しています。

ちなみに私は「神が治し、医者が儲ける」という諺も好きです。

古川医師が臨床研究として倫理委員会に申請した研究デザインの対象は、
ステージⅣ(大腸がん・乳がん)、いわゆる現代医学では治癒の見込めない末期に近い9人です。
ここに筆者の挑戦と覚悟が感じられます。いわゆる、いまふうにいうと「9人の侍」です。

この「9人の侍」が示した結果は、
病勢がコントロールできて根治手術に至った完全寛解(CR) 3例
部分奏功(PR) 3例
進行制御 1例
増悪による死亡 2例
奏効率 67%
病勢コントロール率 78%
本には、画像は掲載されていませんが、
転移巣の縮小・消失などの経過が正確に記載されています。

他にも、
<ケトン食は化学療法・放射線治療の効果を高める>特に脳腫瘍には、その有効性が指摘。
<総ケトン体指数が一定以上の数字になるとガンが消える?!>
<栄養状態が悪いと、手術も抗がん剤治療もうまくいかない>
など興味深い内容も書かれていました。

また、今話題のEPA、 亜麻仁油、MCTオイル
玉葱やニンニク、ビタミンC・E、フコイダン。
免疫栄養ケトン食の具体的な献立。
水素水が化学療法の副作用予防に有用なこと。
ジョコビッチのグルテンフリー・ダイエット、断食、睡眠。
筋トレ!(膵がん患者さんが本気でアームレスリング大会で優勝を目指していることも勇気づけられます)の有用性。
など、患者さんにとって身近な内容も書かれていました。

<免疫栄養ケトン食>は決して夢のような治療法ではありませんが、
しっかりと地に足のついた「がん治療の有意な支持療法」になりつつあることを示したデータだと思います。
今後の研究と普及に向けての出帆が、今始まったと感じさせます。
参考になれば幸いです。
0コメント| 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年10月26日
読み終わっての率直な感想は、希望を持てる本だということです。
私の家族ががん闘病中なのですが、再発や転移の不安は常につきまといます。
しかし、いざそのような事態となっても、本書のケトン食を実践することで希望を持てるような気がしました。
もちろん予防にも役立つ内容だと思います。

最近は抗がん剤治療を否定する医師もいますが、患者や家族から見ると無責任な意見が多いですね。
本書の著者さんは抗がん剤のメリットとデメリットを挙げつつ、副作用を軽減する可能性を示しています。
「がんを兵糧攻めする」という言葉は、読んでみると非常に説得力がありました。

「食事は関係ない」という他の医師からすれば、否定したくなる内容かもしれません。
肯定すれば自分のキャリアを否定することになるからです。
新しい試みには少なからず否定や批判があるものだと思います。
著者さんはそんな言葉に負けず、多くのがん患者のために研究を続けてもらいたいです。

それから、本書が読みづらいというレビューもあるようです。
私や家族はそのように思いませんでした。
本気でがんと闘っているからです。
文章の構成は二の次であるべきで、大切なのは書かれている内容です。
がんと真剣に向き合っている人は読んで損のない内容だと思います。
(今後の研究の発展に期待して星5つ)
0コメント| 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
著者が再三に渡り念押しをしているのは、この本はあくまでも
がん治療に特化した、「免疫栄養ケトン食」療法に関するもの
であり、ダイエットや健康維持を目的としたものではない、と
いうことです。

世界初という、著者による臨床研究の実例を示すことで、説得
力を高めたうえで、食事療法の内容を具体的に展開して行きま
す。

特に以下が印象的でした。
・長期にわたる極端な糖質制限は、必ずしも健康へと直結しない。
・糖尿病を合わせ持つ場合は、ケトン食による治療効果が落ちる。
・肝臓はケトン体を合成する場所なので、ケトン体をエネルギー
とすることが出来ない。
・飽和脂肪酸は、構造が安定しているため、がんの元となる過
酸化脂質を作らないが、すでに発生してしまったがんに対処
するとなれば、その摂取を極力控える。

一日一食かつMEC食を実践して10ヶ月を経た身としては、長期
糖質制限をあっさりと否定されても、腑に落ちるものではあり
ませんが、「栄養」に着眼し、ケトン食療法を手術、放射線、
抗がん剤や水素吸入、有酸素運動等々と、様々に組み合わせる
ことで、がんへの対処力を高めていることには、希望の灯りを
見た気がします。
1コメント1件| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2016年10月25日
2014年から抗がん剤効果が期待出来なくなったステージⅣの乳がんの患者さんに、炭水化物の接種を極端に控えた糖質制限食を指導したところ、まもなく3㎝大の腫瘍がほぼ消失肺転移と皮膚転移の一部も消失しQOL(生活の質)が大きく改善され、ここから19人の免疫栄養ケトン食の3ヶ月以上の実施者は、ガンの完全寛解(CR)5人、ガンが30%以上消失した部分奏効(PR)2人、進行制御(SD)8人、増悪(PD)は、わずか3人である。(死亡2人、早期に中止1人)

体内では炭水化物や果物から糖質が取り込まれると、素早くブドウ糖に分解され、インスリンが血糖値を正常レベルまで下げるこの処理能力を「耐糖能」と呼び、糖尿病は耐糖能が上手く働かず、ブドウ糖の量が絶えず上昇している状態を指し、より多くの糖質がガン細胞に栄養として取り込まれてしまう、糖尿病患者がガン体質を併せ持っていることは否定出来ない。

極端な糖質制限を長期に続けると、すい臓のランゲルハンス島β細胞が、機能を低下させ、肝臓や筋肉などでインスリンが十分に働かない「インスリン抵抗性」を出現させ、その状態で、大量の糖質を取り込まれると、危険な事態を発生させてしまう。そのために意図的に、炭水化物をある一定期間を置き随時摂取することも、極端な糖質制限では考慮しなくてはならない。

脂肪はブドウ糖の65倍以上ものエネルギーを体内に蓄えることができ、遭難などの状態で断食状態に陥った人は、ブドウ糖が枯渇し脂肪酸の分解によりケトン体がエネルギーを供給され、この緊急エネルギーには、細胞を修復、正常化する驚くべき効能も秘められている。

しかも、肝臓と赤血球を除く正常細胞がケトン体をエネルギーとすることが出来るが、ガン細胞は、ケトン体をエネルギーとしては使う事が出来ない。
また、ケトン体は、活性酸素を除去する働きもあり、肉体にかかるストレスが軽減される。

その上、ケトン体が出ることにより、長寿遺伝子「サーチュイン3」が目覚め、ミトコンドリアの働きを活性化しDNAの修復も推し進める、DNAの壊れたミトコンドリア(ガン細胞)は、細胞死である「アポトーシス」が出来ないが、長寿遺伝子が目覚めDNAが修復され、アポトーシスに誘導される。

肝臓はブドウ糖もしくは糖新生によるエネルギーに頼るしかなく、肝臓がんの原発巣を抱える患者さんには、ケトン食は適用外である。

断食や糖質制限に伴うケトン体濃度の上昇は、ケトーシスによる一時的な吐き気や腹痛は有るが、直ぐに正常な状態に戻る、しかし、第1糖尿病患者は、血中ケトン体濃度が上がると、過度のインスリン不足により、意識傷害、昏睡といった緊急事態、ケトアシードシスに陥り、即急な治療が必要になる。ケトーシスとケトアシードシスの区別を理解出来れば、ガンの栄養療法でも、ケトン食が受け入れられるはずである。

血中の総ケトン体指数が1000μΜ㍑を越えると、ガンが縮小・消滅したり、潰瘍マーカーが下がる。著者は、1600μΜ㍑超という数字が、ガン細胞が正常細胞へとリセットされる目安になるのではないかと、今後の研究課題になる。

著者は、外科医として、手術が成功しても、術後、体力と免疫力を著しく低下した患者を数えきれない程痛恨の経験から、予後不良の要因として浮かび上がったのが、患者の術前、術後の栄養状態の不備だった。つまり、今のガン治療の現場では、「栄養」という最も求められる要素が、治療の枠組みからすっぽりと抜け落ちている。

アルブミン値が良好であれば、手術後の合併症が抑えられ、免疫機能を向上するために、タンパク質の強化を謳いアルブミン値を良好にする。

最近では、飽和脂肪酸の摂取を薦めるようになったが、ガン患者は、話は別で、ガン細胞が分裂・増殖するために、極力控える事が必要である。

EPAをガン細胞の炎症反応を抑制するために、基本的に薦めているが、抗がん剤を始める前日から終了まで、一時的に魚類(EPA)の摂取を中止を勧めている。

糖質95%カットの免疫ケトン食で、中鎖脂肪酸のMCTオイルで血中ケトン体数値をかなり上げる事が出来る。

ゲルソン療法は、ガンの予防や再発防止をした目的なら有効だが、白砂糖の代わりに、ハチミツ、黒糖、玄米、胚芽米、また、果物・野菜ジュースも大量に飲むと、糖質の摂取過多を避ける事は出来ない為に、ガン治療における盲点が隠されている。また、野菜ジュース、ジューサーにかけると、食物連鎖が取り込めないために、ミキサーを使いスムージーとして、1日一杯を限度にする。

動物性タンパク質の摂り過ぎには注意しなければならないが、すでにガンが出来てしまった状態で動物性タンパク質をカットするのは得策ではない。

免疫栄養ケトン食では、3つのレベルを設けていて、糖質量を1日、80g以下「セミケトジェニック」40g以下「ケトジェニック」20g以下「スーパーケトジェニック」と設定している。

亜鉛とセレンは、バランスよく摂取し、蠣、ホタテ、ワカメ、スルメ、牛肉、鶏レバー、納豆、卵、ブロッコリーにバランスよく含まれ、セレンが不足すると、ガン、冠動脈疾患、心筋傷害のリスクが高まる。

函館周辺の漁場とする「ガゴメ昆布」は、フコイダンの成分が、他の昆布の2倍以上含まれていて、抗がん作用や免疫機能の向上が確認されている。

また、アボガトとMCTオイル(中鎖脂肪酸)との併用摂取が、抗がん剤と同じような効果を生む。

極端な糖質制限の継続から、抗がん剤を投与日に、患者の好きな炭水化物を摂取する、餓えたガン細胞はブドウ糖を取り入れ、その時に、一緒に抗がん剤までも、取り込んでしまう。

乳酸が増えると、ガン細胞周囲の酸性化が促され、正常細胞にストレスを与え、免疫応答が低下し、浸潤や転移が起こりやすくなるが、ケトン体は、乳酸を排除する働きがある。

ブドウ糖の供給が途絶えると、ガン細胞の7割は死滅するが、残りの3割はケトン体を頼りに生命を繋ぐが、スタチン製剤で、ガンの栄養摂取を遮断することが出来る。

ガン細胞は、41℃以上の熱を与えられると、死滅または、急速に弱る、正常細胞は熱によるダメージを受けない、高温に晒された時に、体内では、「ヒートショック・プロテイン70(HSP70」というタンパク質が生まれ、HSP70は免疫力をアップし、ガン細胞の分裂を抑制する働きがある。

高濃度ビタミンC点滴と水素吸入を併用し、抗がん剤治療の副作用対策になり、効果が飛躍的に向上する。

週に一度のプチ断食と、有酸素運動の組合わせは、ケトン体の産生とミトコンドリア活性を強力に推進し体内の変貌も促す。

プチ断食と運動を行う前日は、夕食を軽めにして、空腹状態で寝床し、翌朝は大さじ一杯のMCTオイル(約15g)を、1、2杯飲み、空腹感を感じながら、11時位から、有酸素運動を行い、昼食は、通常の高脂肪、高タンパク質食材に加え、G1の低い炭水化物を1品だけ食べる、飢餓状態に陥っている正常細胞に糖質が優先的に取り入れられ、ガン細胞には、殆ど回らない事が解っている。

免疫栄養ケトン食の臨床研究結果より、糖尿病患者に対しては、糖質制限を推奨出来ない、原因ははっきりしないが、緩やかな糖質制限を行い、血糖をコントロールしてから出来そうだが、今後の研究課題になる。

免疫栄養ケトン食の献立を幾つか紹介し、ガン克服者に対するアンケート調査から、「ガンを克服できた一番の要因」として、1位は「考え方」続いて「食事」ガンを治す主体はあくまでも患者さん本人である。

全体的にこの様な内容になっている、
2014年の3月から糖質制限をはじめる切っ掛けが有った様だ、私自身、ガン治療をはじめ糖質制限の著書を読み漁っているが、著者には一度是非、冷静に、近藤誠先生の主張を考察してもらい、改めて、ガンの3代治療を違う角度から考察し、そこから、荒木裕先生(長年糖質制限ガン治療を勧めている)や、崎谷博征先生(糖質制限と断食を勧めている)また、西脇俊二先生(糖質制限と超高濃度ビタミンC点滴)等、考察しながら、交流を深めてもらいたい、個人的には、この著書で書かれている患者さんの治療に、3代治療の割合が最っと少なければ、治療成果は高いのではないかと思うが、今後是非課題にしてもらいたい。しかし、たまに、大学病院のガン患者を見舞いに行くき、どんな物を食べているか観察していると、正直恐ろしくなる。何年後か出す著書に期待しています。
0コメント| 90人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月9日
本著はケトン食の応用をがん末期例に対して行い優れた効果を示しました。末期がんのみならず、ステージ1,2のがんにも重要な取組と思います。北欧、アメリカではケトン食はすでに40年ぐらいの(てんかんでは100年の)歴史がありますが、成人病の予防、改善に始まり、さまざまな難治性疾患(例、多発性硬化症、統合失調症、認知症、Ⅰ型糖尿病等)に優れた成績が出ています。古川医師もきっとご存じと思いますが、アメリカ、北欧で次々とがんにたいするケトン療法の前向き試験が走っていますので、日本では本著をもとに多種のがんに対して臨床例を増やして頂き、世界でどんどん発表頂ければと願っています。糖尿病2例(インスリン非投与)で病勢が悪化したとのことですが、小生の妄想ですが、ミトコンドリアの変性が関与している可能性はないでしょうか?そのためにケトン食をがっちりしているにも関わらず軽度の糖尿状態にあり、それががん病巣でも起きており化学療法の奏効率を下げ、栄養状態も下がるというデフレスパイラルということはないでしょうか?しかし、とにかく、本著が多くの医療機関で普及することを願っております。因みに、小生の師にケトン食を話した時にまったく信じてもらえませんでした。師は、日本の循環器学会の重鎮です。先ずは、周りにいる方を少しでも理解者にすることが大切だなーと実感しております。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年10月23日
内容は★5です。
ただし、読みやすさは★3です。

糖質制限をこの本をきっかけにするのはハードルがあります。
江部先生の方から読んだ方が良さそうです。

基礎知識があるのであれば、専門的にこの本で学ぶことができます。
強度の糖質制限をしただけでは、癌細胞は環境適応するんですねw
面白い知識を得ることができました。

時々、気にせずに糖質を食べる日があっても良さそうですね^^
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年10月23日
ガンになった義理の父に勧める食事療法を探しています。

データや症例を記載しているのが有り難いです。
ケトン食がガンに効果的というのを知れて希望が持てます。先生の情熱も伝わります。

一方、内容が頭に入りにくいので、何回も読み返しています。たぶん、患者目線の説明が不十分です。

例えば、mctオイルを勧めておきながら、使い方の基本的な情報が記載されていないところ。
直接飲むと下しやすいので、スープや食べ物にかけて良く噛んで食べてね、もしくは飲み物に混ぜて良くシェイクしてください。ぐらいの説明をしてから、mctのレシピを紹介して欲しいです。

糖質制限の各先生の著書をかなり読んで、ケトン食のベースの理解があると自負していますが、なかなか頭に入りませんので、義理の父に進呈できないのが残念です。
0コメント| 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年11月10日
大学病院で、この取り組みをされるのは相当なご苦労だったと思います。
すべてのがん患者さんに読んで欲しい本です。
古川先生に続く医師が増えると良いな~と思います。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ガン患者さんが長年に渡ってずーっと苦労してきているのわかります
私は無職になる前は病院食を作っていました
昨日までは流動食の人が絶食になったら
「あぁこの人もとうとう……」と思ってしまい他人ながらも少しは悲しくなりました
○○でガンを治すというのはいく文か見てきました
この本はただの思いつきではなく科学的に根拠に基づいて書いてありとても参考になりました
病院食の観点からもなるほどなと思える所がたくさんあり参考になりました
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年10月26日
食事療法ががんを根治する上で、いかに中心的な療法になりえるか、またがん治療の現場が食事療法をいかに軽視してきたかが、この本から切実に伝わってくる。

とかく難解になりがちな、がんの代謝経路についても分かりやすく書かれているし、読み物としても楽しく読むことができた。

糖質ががんの栄養源になっていることなど、私も含めて多くの人が知らなかったはず。
ケトン体に抗がん作用や、がんの発生起源と言われる乳酸の除去作用、さらに長寿遺伝子のスイッチをオンにする働きなどがあることなどの話は知らなかった、まさに目から鱗の画期的な本。

現在、義母のがんの治療で、いろいろな代替医療を探し求めていた私にとって、この本はようやく巡り合えた救世主のような気がする。
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告