Androidアプリストア Amazonファミリー 本を聴くオーディブル Amazon Cloud Drive SOS0516 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 DVD Blu-ray DM3-AD 2017 ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick お中元ストア リニューアルキャンペーン DIY 壁紙・クロス特集 Kindle Amazon MP3 スイミング 今田x東野のカリギュラ

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
29
5つ星のうち4.2
価格:¥1,728+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
カラー写真は32ページと豊富
撮り下ろしや練習風景なども盛り込まれ、はにかんだ笑顔が爽やかです!
私も漫画が好きなので「キングダムにはまりました」とか「MAJORに思い入れがある」という話では親近感を覚えましたし
ケータイ小説に「恋空」を読んでいたとか、休日の過ごし方やファッションのこだわり、アメトークなど、若者らしい一面も垣間見えてほほえましかったです(フランクミュラーの時計の話では、やっぱり違う世界の人だなと思いましたが)
ファンには堪らない1冊だと思います

サイン入り生写真の締め切りは、16年6月30日
30名に当たるということでなかなか太っ腹だと思います

仲間が語る「私が見た大瀬良大地の素顔」も面白かったです
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2016年4月9日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
広島東洋カープのエースとしての飛躍が期待される大瀬良大地投手の初の公式本というだけあって、カープファン、大瀬良投手ファンが持つに、ふさわしい出来であろうと思われる本だ。装丁も良いし読みやすく、ボリューム的にも適切だろう。

大瀬良投手の投球写真、練習写真、普段のカジュアルなスタイルからスーツ姿まで、さわやかな写真が豊富である。ファンへのサービスも忘れていない。

彼の野球モットーにつながる語りと読者へのメッセージが綴られ、1冊の書籍としても読んで楽しめる内容になっていると思う。
各章にある、前田健太などの選手の大瀬良投手に対する逸話も、彼の素顔を知るのに、また本書を通して楽しむのには、ちょうど良い。

現状を把握しながら、自分の将来を切り開くために、自分自身をコントロールしてゆくことが重要であると考えるミレニアル世代の一人の若者のメッセージが確かに存在する。
ファンには必携の書になりうると思う。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月5日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
基本的に無趣味らしく、同僚におすすめされたものを消費していくような感じでした。
マエケンに外出を誘われたら断れないなどのプライベートに関する話題が満載です。

しかし、野球論となれば一転して熱くなり、直接の絡みの描写こそあまりありませんが、
黒田投手への想いも書いてあります。マエケンからは大瀬良へのメッセージもあり、
マエケンファンも見逃せないものとなっています。
練習風景などのカラー写真も満載で、大瀬良大地のファンなら必読の一冊でしょう。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
完全なファンブックとして楽しむことが出来る本です。 学生時代から選手までの面白いエピソードを分かりやすい言葉でまとめられています。
ファンブックとしてや明快なサクセスストーリーが好きな人にお勧めの本です。 写真集的な楽しみ方も出来ます。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
確かに大瀬良投手は、マエケンが抜けた後のカープのエース候補の一人ではあります。
昨年はリリーフも経験しましたが、本来は先発の柱となってチームを背負って立つような投手に
育ってほしいという期待は、カープファンのみならずプロ野球ファン全体に共通認識としてあると思います。
しかし、実際はまだプロ3年目の選手で伸びシロは物凄くあるけれど、今後どうなるかは神のみぞ知るです。
その意味でも今シーズンは彼にとって、とても重要な年と言えるでしょう。

一つ期待できる数字としては、10勝したルーキーシーズンは防御率4.05だったのですが、昨年は3.13と
防御率に関してはむしろ良い成績だったということです。
もちろん途中から、中継ぎだったという違いはあれど、序盤負けがこんだ時も、打たれまくったというよりは
そこそこ投げているのに、打線の援護がなかったというイメージがあります。
そういう意味では、今年は先発として10勝以上は出来るのではないかと予想しています。

ただこの段階で、こんな立派な本まで出していいのかなという思いはあります。
人気先行で、出版社は単に売れるから出しているのは確かなのです。
こんな本まで出して、5勝とか6勝とかで終わったら、それこそ恥ですし、スタートで躓いたときに、
大瀬良投手にとって、この本が悪い意味でのプレッシャーになってしまいます。
そういう意味で、プロ野球ファンの一人としては、現段階ではちょっとやり過ぎじゃないかなと感じるのも確かです。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
32ページにも渡る写真が出るほどの人気選手になったんだなぁと
感無量。

でも、ファン以外には普通の本でしかないと思うけど、
ファンクラブの会報スペシャル特製本という感じです。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
野球選手にとって、手は大切なものですから、
手を酷使して本など書いて(またはタイプして)いいのでしょうか?
というのが最初の疑問でした。
色紙などへのサインのし過ぎも良くないと聴いていますので、
体調管理はしっかりしないといけないと思います。

僅か2年そこそこの地味な成績であるし、まだ若いのですから、
本を書く暇があれば、(イメージ)トレーニングなり、野球に専念すべきでは?
(よくある)本人にインタビューしたものを編集者が書き起こす、
かつ写真集的な作りであれば、まあそれはそれで有りと思いますけど。

それに(カピバラ三兄弟なりの)人気が出てきたというのであれば、
それこそ張り切って練習しなくちゃならない時期では…。

大瀬良選手自身、マエケンさん側、双方から書かれていた記事ですが、
このマエケンさんにしてもらったことを、今度は“誰かにしてあげる”
というぐらいの勢いで頑張ってほしいですね。

健康管理面を見てもらえる可愛い奥さんを
お早めに確保するといいかもしれませんよ~。
つまり“結婚”するということですぞ!

ちなみに結婚に関しては、
マエケンさんを“見習わない”ようにね!
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月11日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
私は大瀬良選手について詳しくは知らなかったのですが、
本書を手にし読んでみて、野球のことに限らずとても勤勉な方なのだな
と知ることが出来ました。

父の言葉、先輩の背中、恩師との関わりから
己と野球との向き合い方を確立し、鍛錬した成果が
今プロ野球選手としての結果として現れている

というように、本書を読んでいると彼は言っているように
感じました。

全体的には固い内容というよりは、マンガのことや
チームメイトとのエピソードなど
ゆるく心が和む内容が多いように感じられました。

写真がカラー、モノクロと多く掲載されていること、
その掲載されている写真の衣装がチームユニフォームだけでなく、
練習着(スポーツウェア)、プライベートで着用しているような洋服・スーツ
といったものもあり、ファン向けサービスは
文章内容だけでなく充実していると言えます。

大瀬良選手を全く知らない という方はなかなか手に取らない本だと思いますが、
少しでも知っている、野球が好き という方は手に取って読むと
なかなか興味深い内容が記してあると思います。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2016年5月9日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
身近なテーマやこれからをみずみずしさを感じる率直な言葉で等身大の姿を描いた書籍です。

読み進める中で最初に感じたのは、親しみを感じる選手という事でした。
特に扱われたテーマがとても身近で分かりやすく、これからの目標などもみずみずしさすら感じる率直な言葉で語られているのはとても魅力に感じたポイントの1つです。

また、写真などもかっこいいと感じるものから年齢相応の可愛らしさも残したものなど、多様でまとまった分量が掲載され、とても楽しめました。
さらに、文章自体も全体的に読み進めやすく、文字サイズや構成も読みやすさに配慮されているため、気軽に手に取れる書籍に仕上がっているのも好印象です。

そういった意味で、読んでいて楽しい書籍として一度手に取って欲しい1冊といえます。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2016年4月15日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
大瀬良大地といえば2009年・夏の甲子園で大活躍し、2013年ドラフト1位入団。
2014年の新人王にして「カピパラ3兄弟」の1人と、今のカープで最も愛されている若手のひとりと言えるかも知れない。

内容は写真3に対して文章2という感じ。文章もインタビューそのままという感じで、特に「初めて語る!」ようなものは見当たらない。
お世辞にも、読み物としては楽しむ域には達していない。

それでも写真、文章には若々しさや初々しさに溢れていて、今後の活躍を期待したくなる。
カープファン、特に「かわいい新人を応援しよう!」というカープ女子ならば、手に入れて損はないのでは。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告