Androidアプリストア Amazonファミリー 本を聴くオーディブル SOS0630 Amazon MasterCard nav_flyout_biss レインストア Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 熊本県フェア シェーカー実質無料キャンペーン ペプライムペット Echo Kindle Amazon MP3 水泳・スイミング用品 Prime Video チャンネル

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
2
アナログLSI設計の基礎
形式: 単行本|変更
価格:¥3,780+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

2007年11月18日
優れた一冊である。300ページにも満たない本であるが、本書一冊にアナログLSIのエッセンスが詰まっている。
個人的には、ディスクリート回路設計を卒業して、IC設計をしようと思っている方には、是非ともお勧めしたい一冊である。「ディスクリート回路を設計する場合とアナログICを設計する場合、何がどう違うか?」ということが良く分かると思う。また、アナログIC設計の経験をそれなりに積んでいる方にも、大いに参考になる部分があるかと思う。例えば、“バンドギャップ電圧源”の記述が、詳細になされており、大いに参考になる。また、“OPアンプの入出力のRail-to-rail化”の記述も大変興味深い。さらに、アナログでは、切っても切れない問題である“雑音”の記述も見逃せない。
というように、内容は満足なのだが、本書は、少々、誤植が多い。(致命的な誤植は無かったと思うが…)それが、少々残念であった。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
殿堂入りNo1レビュアー2013年3月27日
ディスクリート部品による
汎用LSIによる
専用LSIによる
アナログLSI回路設計

「周波数が一桁変わると設計手法まで変わる」「周波数が高くなると集中定数としての設計が限界に達し」

電解効果トランジスタの動作原理
カレントミラー回路
雑音と熱
最後にシミュレータ SPICE
|0コメント|違反を報告


カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック