Androidアプリストア Amazonファミリー ビジネス書大賞 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard summer_Bike Music ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick 父の日特集 梅雨対策特集 キャットフード・猫用品 5,000円以上購入で1,000円OFF Kindle Amazon MP3 硬式テニス HITOSHI MATSUMOTO ドキュメンタル シーズン2

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
31
5つ星のうち4.2
形式: 新書|変更
価格:¥1,296+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

22件中1 - 10件目のレビューを表示(高評価). すべての31レビューを表示
VINEメンバー2011年10月7日
久しぶりに江原さんの本を読みましたが、
やはり、いろんな事を改めて学ぶことができたと思います。

この本で江原さんは
「前世を知るだけでは意味がない」と再三おっしゃっています。

「私たちが全うすべきなのは現世を生き抜くことなのですから、
前世へ思いを馳せるあまり現実をなおざりにしたり、
前世からの自分の思い癖を知ることが
現世を生きるうえでの諦めや言い訳に繋がる
などということがあってはならない」

「大切なのは、前世から引き継いだ資質やカルマを認識すること。」
「そこから自分が現世に生まれてきた理由を感じ取ることができれば、
現世での試練にもまた深い意味があることを理解できるでしょう。」

前世とはファンタジーではなく、
現世を生き抜くための学びの材料なのだということを
誤解がないように、丁寧に書かれていると思います。

最後に、現代日本人の心の問題についても言及されています。

「傲慢、横着、依存心」

私自身、反省すると共に、
少しずつでも直していく努力をしたいと思います。
0コメント| 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月5日
世の中の辛いことも、解釈次第では越えて行こうという気持ちになれます。
自分の生は1人のものではないということも勉強になりました。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年12月16日
私は、この本を読むまで前世(過去世)を知る事は占いの一種だと捕らえていたのであまり興味ももてなかったのですがこの本は江原さんの言葉で分かりやすく生命について説明されています。前世の行いによって自分の癖や行動パターンが建設されていると気づきました。スピリチャリズムを知らない私には、江原さんの噛み砕いた説明がとてもわかりやすくて面白かったです。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年1月28日
前世にそれほど興味がなかったため(笑)、期待してなかったですがとても良かったです。最初の方はふーんという感じで読んでたのですが後半になるにつれて内観の大切さを書いていて、失敗をするから自分の魂の未熟さに気付ける。何か悲劇が起こったとき、辛い、不幸だと嘆くことは無意味で、一つの問題として自分の魂を成長させるために起こったことだと考えること、自分の魂の欠点を克服してゆけ魂を高めてゆけるという下りがとても良かったです。最近本当に思うのが悩みなんて自分の魂の未熟さを感じて正して行けば悩みでなくなるのではないかなと本当に思います。冷静なポジティブになれる著書です。
私も最近辛いことがあり、色々自分の性格で悩んでいました。本を読みながら色々分析していたら幼少期の家族との関わりの中でそれをトラウマとして携えていたからかなと思ったら何となく前向きになれたのが不思議です。
昔から江原さんはそういう思い癖があると知っているだけでも違うとオーラの泉なんかで仰っていたのですが「そうかーなるほどねー」と今腑に落ちてます。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月23日
まず前世と先祖、今の自分がどういう位置関係かが図で記されていたのがさすが江原さんだな!と思いました。とにかく解りやすいのです。
あと自分の前世を知りたい!守護霊も知りたい!
けれど江原さんほどの霊能力者に読み解いていただく機会はそうそうない、、ならばこの本を何度も読んで自身で絞っていけばいいと思いました。真に向上したいと願い、感性を研ぎ澄ましていれば、何かを通して必ず守護霊からのメッセージもいただけるようになってきました☆本当に、自分のためのみならず、子どものため、人間関係改善のため、一家に一冊あるべきというほどお勧めの一冊です☆
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年4月11日
・・だと思います

全編「前世」にスポットをあてた江原さんの教えで
とても整理されて分かりやすく解説されているので
本が苦手な人でも読みやすいと思います

これまで誤解を受けてきた面についてもしっかり書いてあり
読み手が読み間違えないような配慮があるのも良かったと思います
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2011年1月14日
会員制の江原啓之TVを見ているのだが、そっちよりもこの本は少し難解。
ちょっと一読しただけじゃ理解できない部分も多々あった。
でも、そういう所が江原さんて頭の良い人なんだなと思えて納得。
前世の知り方を教えてくれるところはすんなり理解。
でも前半の歴史とか法則のところはすこし難解。
ダウジングを五円玉でも出来ると紹介してる。
でも僕は江原さんのペンデュラムを購入しました。
このペンデュラムは秀逸だった。
僕の場合だけかもしれないけれど、ビシビシ動きました。
3360円は高いかなと思ったけれど買ってよかった。
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年2月10日
と思う内容でした!
江原さんの本はほぼ愛読しました。江原さんの本はご本人も、‘これらは入門書のおもゆです‘と仰っていて、今まで言葉を選んでいる感はありましたが、今回は驚くほど少しつっこまれています。
私は今日読み終えたのですが、この本が書かれたのは2010年。正に2011年の日本や、これからの日本についてもシビアに書かれています。読んでいてゾッとしました。
自分がどれだけ利他愛に生きられるか、前世を通じて今世の課題と共に、考えさせられる1冊だと思います。
0コメント| 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月9日
スピリチュアリズムは宗教ではなく思想なので、宗教でさせられる教団への入会や献金や労働がありません。神はお金は使いません。
神、霊、あの世、は物質ではなく、心の持ち方、精神的なものです。この本は考えさせられるので人生哲学だと思って読むといいかもしれません。

霊魂の法則は、この世に生まれた魂は経験と感動をあの世に持ち帰り、輪廻転生を繰り返します。
この世を苦しんで生きている人には、この世の苦しみには意味があり、前世の学びを理解し受け入れ乗り越えることで、
来世につなげられるので救いがあります。

波動の法則、類は友を呼ぶ、があります。明るい人の周りには明るい人が集まり、暗い人の周りには暗い人が集まります。
カルト宗教には依存する人が集まります。カルト宗教についてはドアの向こうのカルト ---9歳から35歳まで過ごしたエホバの証人の記録があります。

カルマの法則は自分のやったことが自分に返ってくることです。いい行動をして、いい結果を得ましょう。

運命の法則は宿命以外は運命を変えていけることです。スピリチュアリズムは運命を良くしようと神にすがることはしません。
自分の思考、行動で運命を良くしていきましょう。

物質主義的価値観、効率の世の中なので、思いやり、心の豊かさも必要ではないでしょか。
この世は物質の豊かさ、物質主義的価値観ばかり追求してきた気がします。

内観法で自分の学びを知ることができます。自分で開運できます。
スピリチュアリズムにすがるのではなく、依存するのではなく、参考にして自分で考えて生きていきたいと思います。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年2月20日
僕は輪廻転生を信じているので、前世もあるものと思っている。
そして人間は、魂のステージを上げていくために何度もこの世という修行の場に生まれ変わっては様々な試練を経て生きて死んでいくのだと思っている。

僕が信頼するスピリチュアリスト江原さんのこの本。ずばり「前世」。
江原さん曰く、「私の前世はどこかの王国の王女様だったんですか?」とか言って、現世の傲慢な自分を王女様が前世だったのでそうなって当たり前と肯定してしまう人がいる。江原さん曰く、前世が何だったかというのは別に重要ではなくて、前世から現世に持ち越してきた宿題が何であるかを認識し、真正面から取り組んで解決していくことが大事だと。

自分の前世から持ち越してきた宿題が何だったのかを知るための方法としてダウジングと呼ばれるスピリチュアルな方法で自分の守護霊に尋ねる方法があるそうで、この本で具体的な方法が説明されている。僕は・・・・、ダウジングは必要ないな。だって、折に触れ過去を思い出し、その意味を問い、別の価値を見いだしているから。いわば日常内観をしているから。

僕はこの間満49歳になりダウジングはやったことないけれど、何となく自分の使命が見えてきた。使命が見えればその達成に向けてぶれずに前に進んでいけばよいだけの話で、きわめてわかりやすいことだ。

まだ自分の課題が何であるか見えない人、自分の使命を知りたいひと、それを一人で探せない人はダウジングにより守護霊に聞いてみるのもよいと思う。その意味では実践的な本だと思う。
0コメント| 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告