Androidアプリストア Amazonファミリー nav_flyout_booksbusiness psm Amazon MasterCard summer_Bike nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 熊本県フェア 年末年始ダイエット特集 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 ドキュメンタル シーズン5



2018年1月12日
大衆の価値観は「面白くって為になる」です。
野口先生のお多くの著作は、その体現です。
ハズレがありません。
これもその一つで、ツールとしての文章の書き方を実益的に書いたものです。
目からウロコの役立ち使える知識が多々あります。
読んでもらえる文章では、どうしても伝えたいメッセージの有無が成否の8割を占める。これを土台に、プロットを作り、形式面の構成に工夫し、説得力を強める技術を知ればわかりやすく読みやすい文章になるとしています。
様々な実例文で具体例を示してくれます。
文章には、以下の4つがあり、読んでももらええるための効果的なポイントが書かれています。
1.150字のパラグラフ、ワープロで3~4行、ツイッターレベルの一文一意
2.1500字の短文、400字詰めの原稿用紙3~4枚、新聞の論説、雑誌の連載エッセイ
3.15000字の長文、400字詰めの原稿用紙30から40枚、論文や報告書
4.15万字、一冊の本
文章作成でおすすめの本としてスティーブン・キング「小説作法」を紹介されています。
ちょっとビックリです。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2018年3月20日
文章術は誰にとっても永遠のテーマだと思うので手に取った。「超」がつくほどの内容かどうかは別として、随所に参考になり、また刺激にもなるヒントがある。
|0コメント|違反を報告
ベスト1000レビュアー2015年7月18日
見たまま感じたままではだめ、メッセージこそ重要、そしてメッセージを
見つけるには考え抜くこと、本書には文章の技術論が書かれており、
参考になる。
|0コメント|違反を報告
2018年2月20日
ちょっと、むずかしそうですが、読む機会がなくて今後は、参考にして勉強するつもりです。
|0コメント|違反を報告
2003年4月20日
「超シリーズ」の極めつけの一冊だと思います。
「ためになり、面白く、わかりやすい」、これは野口先生の全著書についていえること。
これを読めば、「なるほど、だから野口先生の本は面白いのか」と納得させられる。
読めば必ず文体が大きく変わること間違いなし。
これ超える文章読本は、当分現れないだろう。
買って絶対に損はない。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2005年7月18日
大学に通っていると、文章を書かなくてはならない様々な場面に出会う。そのたびに書き方が分からず「なんとなく」書きながら切り抜けてきた。しかし、今後も多く文を書く以上、ノウハウを知らないでやっていくのは不利だと考え、この本を手にした。正しい選択だったと思う。
この本により文章作成の全体像が掴めた。
その全体像は、章ごとの見出しとして分かりやすい形で表現されており、いつでも思い出せる。
①メッセージ(核)を作る→②内部の骨格を作る→③外部の骨格を作る→④筋力増加する→⑤化粧する
動物の体の構造を内部から順に思い浮かべていけばいつでも順序良くたどれるだろう。
文章作成において今まで何の手段も持たなかった私にとって、この全体像は貴重な財産だと感じる。
最後に、このレビューの「メッセージ」を一言で言うと以下のようになる。
『この値段でこの内容の濃さなら文句なしで買い!』
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2005年3月14日
文章を書くのが苦手、と言う人が増えている。
そういった人に、まずお勧めの一冊である。
また、入試や入社試験、資格試験に論文を課すところが増えている。
試験対策としても有効である。
世のなかには実に多くの文章法の本がある。
その中で、本書が特異な点は、内容が大事であると説いている点、文章の構成法を多角的に示している点である。
多くの文章法の本は、論理的な文章展開、表現力の2点しか述べていない。ひどいのになると、長文が書ける力が文章力だ、としか言っていない本もある。
これらの文章法は、実は小学校から教え込まれてきた方法そのものである場合が多い。
この方法では、人に読ませる文章を書く、と言うよりもむしろ、感情豊かに表現する、と言うことに重点が置かれている。
3章に書かれている、文章の長さが内容を規定する、と言うのは、目からうろこだった。他の文章法の本では、長文も短文もいっしょくたにして論じている。これがそもそも間違いの元。
小論文の試験で、~字以内で、と書かれているのは、実はそれによって書く内容を変えないといけないのですね。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2004年11月19日
「超」シリーズで有名な野口先生の著作です。
文章を書く上でこれまであまり述べられてこなかったメッセージの重要性や骨組み(プロット)の重要性につて書かれています。
またパソコン時代の文書作成術として「始めれば完成する」ということが極意であると述べられています。
インターネット・ビジネスはこれから様々な場面で文章を書く力が要求されます。ホームページ、メールマガジン、そしてブログです。
文章や本を書くための本は何百冊と出ていますが、この本は伝えたいことの発想法から構成、そして細かなテクニックまで幅広く書かれています。特に1章~3章までの内容は目からウロコです。
しかもこれだけの内容にもかかわらず、たったの819円(税込)!
「超」安すすぎ!?
これから文章を書く人は「超」オススメの一冊です。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2004年5月26日
非常に判り易い。常に書かれている内容を意識して文章を書けば文章力は上達するのでしょう。
いずれの章にも「なるほど」と思わせ「読ませるもの」でした。
私は論文の勉強をしているのですが参考になりました。
ただし、例文・例題がややしつこい。
ページ稼ぎでは無いのでしょうが、もっとコンパクトにした方が一冊の本としては完成度が高かったのではないのでしょうか。(偉そうですみません)
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2010年2月1日
対象とする文書は、論文、課題論文、解説文、報告文、企画書、
評論、批評、エッセイ、紀行文です。
読み手を説得し自分の主張を広めるためには
「ためになり、面白く、わかりやすい」文章にする必要があります。
その手法について具体的に書かれています。

次のような順序で構成されています。
1. メッセージの明確化
2. 骨組みの構築(内容面)
3. 骨組みの構築(形式面)
4. 筋力増強
5. 化粧
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告