Androidアプリストア Amazonファミリー nav_flyout_booksbusiness psm Amazon MasterCard summer_Bike nav_flyout_Music ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 熊本県フェア 年末年始ダイエット特集 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 バチェラー シーズン2

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
58
みみずくは黄昏に飛びたつ
形式: 単行本(ソフトカバー)|変更
価格:¥1,620+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


2017年8月6日
聞き手が川上じゃなくてはならなかった必然性が結局わからない。村上が川上の作品について興味をもって聞く場面がないと編集者が聞いても良かった予定問答レベル。
というのは『夢を見るために僕は目覚めるのです』と『職業としての小説家』と『雑文集』の三つを読んでみれば、村上がここで話していることの域を超えないとわかる。地下二階の話もそこで語られたこと以上ではない。また、村上が最も心を許した河合隼雄との対談ほどの深みがない。今回の企画には講談社が様々な事情でこじれた村上との関係修復をはかり、次の長編に向けて根回ししたかった事情がある。それが見え見えの作りになったのは残念。
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|1コメント1件|違反を報告
2018年2月18日
川上未映子の力量不足。今まで世に出てる村上春樹対談、インタビュー本をただなぞってるファン目線の本。相手から嫌われない様にという意識が強過ぎて村上春樹アゲばかりが目立つお粗末な内容。誰が川上未映子にこれ書かせたんだ?こんな退屈な内容で300ページも書くなよという感じ。こういうのはもっと自分の抽斗を沢山持ちながら相手の話を引き出せる人にやってもらいたいと思った
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|1コメント1件|違反を報告
2017年8月18日
騎士団長殺しの話だけでなく過去の村上春樹の作品にも触れられる内容です。私は村上春樹の作品は「ノルウェイの森」と「騎士団長殺し」しか読んだことがなかったのですが(完全にブームにのっただけなのですが…。)このインタビューを読んでもっと色々読んでみたいという気持ちになりました。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2018年4月23日
川上未映子の批評眼に感服した。村上春樹を改めて読み直すよいきっかけを与えてくれる。
|0コメント|違反を報告
2018年1月10日
作家という職業について理解が深まると同時に文章の書き方、物語の紡ぎ方を日常生活の観点から二人が話している感じが近すぎず、遠すぎずすごくいい距離感で進んでいくところがなんとも心地良く、少しさびしくもあり。
村上春樹さんの長編を書くために、日々鍛錬を怠らない姿勢はさすがでした。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2017年8月9日
二人の人が正面から向き合って話している、その場に立ち会わせてもらえて幸せとしか言いようがない。
読み終えて自然に涙が出て来たのはなぜだろう。
僕にとってはそういう本でした。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2017年11月1日
他のレビューでも書かれていますが、
この本で書かれていることは村上春樹の過去のエッセイ、
インタビューでわかる範囲を超えていません。

川上未映子を指名しての対談の意味が全くわかりません。
彼女でなくてはならない理由、
もっと個人的な理由があったのではないかと深読みしてしまいます。

河合隼雄、柴田元幸との対談集と比べると、
今回の対談本は新たな驚き、発見がなく、正直がっかりしてしまいました。
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|2コメント2件|違反を報告
2017年5月21日
村上春樹のインタビューではありますが、どちらかというと川上未映子の質問の言葉の選び方や、的確さの方に目がいきます。ただのインタビューではあらないというのは個人的にはこの点にあるかと勝手に思っています。

世にある物語は、人の無意識の奪い合いをしているという意見には思わず考え込んでしまいました。

それと村上春樹は他のインタビューに比べるといささか相手に対して甘すぎというか、デレデレしてますねぇ…
おっさんの性かもしれませんが。
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2017年6月29日
「騎士団長殺し」の読者にとって、この本は必読と言っても差し支えない。幾つかの謎が解けるかも知れない。私は、再度「騎士団長殺し」を読み直している。なぜか?2度目の方が面白い。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
ベスト1000レビュアー2017年6月16日
本書の訊き手、川上未映子さんによる用意周到なインタビューのおかげで、
村上春樹さん自身の口から、「ポリティカル」なテーマ小説に対する答えを
引き出すことができていると思いました。

村上さんが語った答えをまとめてみます。

「ポリティカル」なものは、フィクションの中にナマのメッセージという形では
直接的に持ち込みたくない。だから、いちど自分の中をくぐらせ、二重、三重の
メタファーに変更したり、物語のイデアとしたりした上で小説の中にひっそりと
組み込んでいる。

本書を通じて、村上さんが政治的な「ナマの」メッセージはできれば避けたい
と考えていることが理解できました。

一方、村上さん自身「僕の書いているものは、けっこうポリティカルだと
僕自身は思ってるんですけどね」(330頁)

一読者としても同感です。

たとえば『ねじまき鳥クロニクル』なんかは、すさまじくポリティカルな、
新しいタイプの戦争小説、歴史小説ではないのかな、と思うからです。

備考:
芳川泰久さんの分析によれば、
「日本の集団的記憶喪失」という精神の問題によって、
戦前の歴史は失われた、と村上さんは考えており、この「失われた戦前の歴史」を
『ねじまき鳥クロニクル』という作品を通して現代に召喚し、取り戻した。
この小説は、「これまで日本では書かれていない新たな戦争小説とも
いいうるかもしれない」(『村上春樹とハルキムラカミ』151頁)
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告