Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 クリスマスに贈りたい本 SOS1216 Amazon MasterCard nav_flyout_biss ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 大掃除特集 DIY・ガーデニング 大掃除特集 Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン4

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
4
渦森今日子は宇宙に期待しない。 (新潮文庫nex)
形式: 文庫|変更
価格:¥594+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

2016年8月27日
ポップでユーモアのある口調で語られる個性的な登場人物たちの日常。
少し不思議な青春劇でキラキラしていて、孤立気味だった自分の高校時代とは
真逆のものだなぁなんて感じたりもしたけれど、ふとしたところに「こんなこと考えたなあ」
なんて思い出させてくれるシーンが散りばめられていてバランスよく物語を楽しめた。
ラストはほろっと来ました。タヒさんの書くあとがきが大好き。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年3月3日
登場人物の中では須麿さんが気に入りましたb 是非彼女とヒロイン渦森さんの「NASAまでの道のり」を描いて欲しい。
さて、話としては宇宙人であるヒロインが日本で平々凡々と生活していく中で、目標を見つけていくというもの。
濃いキャラたちに囲まれながら進む話は、読んでいて「青春してるなぁ」とうらやましくなります。
何より、もともと詩人である最果タヒさんの文体<というか表現?>がなかなかクセになりますね。おすすめです。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年3月1日
ヒロインは、地球で女子高生としての日々を過ごす
17歳の宇宙人・渦森今日子。

17歳は、特別な存在になりたくてなりたくて、でも
特別って一体なんなのか、ちっともわからない年頃。

ちまたでは
生きてることや愛することがすばらしいことのように
語られているけど、自分でわかるのは
ハーゲンダッツはすばらしい、ということぐらい。

なにになりたいのか、どうしたいのか、具体的な理想は
なにひとつ浮かばず、だけど、このままじゃダメだということだけは痛いほどわかる。

そうやって、焦りという焦りに爆撃され続ける毎日。

天才だろうが美人だろうが、全国大会に出場しようが
宇宙人であろうが、あの焦りからは逃れられないはず……。

タヒさんの思いが伝わってきた。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年3月31日
簡単に言えばここは宇宙探偵部で、ついで言うと私は宇宙人です。OK? そんな出だしに押し切られ、あれよあれよと読み進めてしまう青春小説。非現実的な設定と、日常的な学園生活というギャップの織りなすほのぼのとした世界観がたまらない。筆者にはぜひ続編を書いて頂きたいと思った。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告


カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック