Androidアプリストア Amazonファミリー Prime Student 本10%ポイント還元 9000 ポイントアップチャンス 今すぐエントリー nav_flyout_biss B07B53H89P ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア・キャンプ用品 ドキュメンタル シーズン5



2016年12月20日
洒落がきいていておもしろいところもあるのだが、いかんせん長いので初めて夏目漱石を読むには不向きかと思う。また読み返して良さが分かるのかもしれない。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年12月26日
 たしか小学生のときに、講堂に集められて、映画版を見ました。
 その時には、すでに父親所蔵の原作を読んでいました。けれども今となっては、冒頭の文章と、くしゃみ先生のうがい音、ラストシーンくらいしか記憶に残らず、映画の方は、子供心に実につまらなかったという感想のみ残っています。
 今、数十年ぶりに読み返してみると、素敵に面白い。もちろん、諧謔のすべてを理解できる教養は持ち合わせていませんが、話がどんどん本筋からそれて行くおもしろみというのが、翻訳小説ならマーク・トウェイン、我が国の随筆なら伊藤礼と共通します。
 ラストシーンから引き継いでお弟子さんが書いたのが、「贋作」猫ですが、こちらは長じてから読んでたしかに面白かった記憶が残っています。
 書棚のどこかに隠れているはずなので、引っ張り出して読もうかな。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年12月26日
ある日、漱石の家に黒猫が入り込んだ。下女が何回表に放り出しても戻ってくる。騒ぎを聞きつけた漱石が家に置いてやれと言ったので猫は安堵した。黒猫が漱石の家に来なければ、この小説もなかったかと思うと愉快である。猫の飼い主が胃弱の教師という設定には思わず笑ってしまう。この猫は福猫だったらしく、これ以降、漱石はお金の苦労から解放されていく。漱石の12年間の作家活動のデビューを飾った作品である。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2018年1月13日
夏目先生の第一作ということですが、読み始めから面白いと思いました。猫に物語を語らせ猫目線の視点は読者を猫と同一させてくれる仕方だと思います。様々な物語が出てきてなかには難しいと思うところもあります。しかしそれは昔の小説であることなので現代の我々が読み取れなくても仕方がないのではと思います。
自分は何日かに分けて読もうと思い読んでいましたが、最後は一気に読み進めました。猫の最後にも切なさを感じます。

名前だけ知っていたので、最初手に取った当初は好奇心だけでしたが、読み進めているうち、人生をともに学んでいるようで楽しかったです。
自分だけがこう思っているのではない、自分だけじゃないと一緒に考えさせられるところもあり、人生そのものを物語で描いている小説なのではと思います。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年8月24日
さすが名作です。読んでいて伏す差を感じないのは不思議です。楽しんで読みました。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年3月17日
一度は読んでおきたいと思っていた名作が0円で読めてありがたったです。
笑えるところが多くて、一度などふき出してしまいました。
芥川龍之介の師匠筋にあたる人だからかほとんど古典扱いされているので、内容の軽快さが意外でした。
ただ、猫好きの私にはエンディングが不本意なので、多分また読み返すことはないと思います。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年4月27日
はるか昔に読んだような気がする一冊。実際には読破していないと思う一冊。今回はKindleでゆっくり味わって読破したいと思う一冊です。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年11月3日
通して読んだのは一度だが、面白い場面は何度も読んでいます。特に猫が雑煮の餅を食べた後の場面は笑える。泥棒に入られた翌日のやりとりの場面も面白い。猫の目線で見た人間の日常を面白く描いていて読んでいて飽きない。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2018年4月12日
漱石は漢学の素養もあるようですが、元亨利貞の儒教の影響は感じさせません。
明治の西洋文明に染まっていく風潮をユーモアで風刺していくところは、イギリス留学で身につけたのでしょうか?
何度よんでも楽しい作品です。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年5月10日
Kindleで改めて読むと面白い。老眼が入り文庫本を遠ざけていましたがKindleは字の大きさを変えられて読書の苦痛が大幅に軽減された。今後も青空文庫の他様々の分野を読破していきたい
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告