Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 出前半額キャンペーン 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
9
5つ星のうち4.8
星5つ
8
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
形式: 単行本|変更
価格:¥1,296+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

ベスト500レビュアー2013年1月29日
本書は、現在日本各地で広がりつつある「学びの共同体」モデルを
以前から提唱され続けている著者が、教師としての身と心の構えや、
学びの思想をまとめた「花伝書」である。初出は『総合教育技術』で、
2007年4月号〜2009年3月号までの連載をまとめたものである。

とにかく素晴らしい本である。教師としての立ち位置とでも呼べる、
教師としての理念や心構えや姿勢など、教師として学び続け、成長
していけるためのエッセンスがぎっしり詰まった本である。

21世紀を生きる教師は、これまでの「教える専門家」から、「学び
の専門家」となる必要がある。授業は「良い」「悪い」の評価では
なく、仔細な事実をあるがままに省察することで学びとることがで
きる。教師として学び、成長するためには校内に「同僚性」の関係
を築くことが必要である。素晴らしい教師とは、往々にして、声の
大きな独善的な教師ではなく、物静かで、粛々と子どもの学びを深
めていく教師である。

本書では、専門家として成長するために、著者ご自身がこれまで出
会ってきた素晴らしい教師たち、そして教師として生きる、という
大きく3つのテーマについて、これらの主張を投げかけ、既成概念
として持っていた教師観や教育観に揺さぶりをかけ続けてくれる。

本書で述べられていることば一つひとつに力があり、圧倒されてし
まう。おそらくこれは、著者ご自身がこれまで実に多くの教育現場
と接してきたこと、そして、本書の中でご自身の若い頃の未熟さを
堂々と認めながら語り、現在の教育観へ至るまでには、多くの経験
を経て、著者ご自身学びを深めてきた、という「学びの専門家」と
して発せられたことばであることによるのではないだろうか。

素晴らしい教育書です。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年11月26日
今は、学習院大学で教えている佐藤先生が、教員になる人に伝授したい秘訣を語る書。金八先生なんか何も役立たないよ。佐藤先生のアドバイスが最高だ。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年5月3日
佐藤学恐るべし。何度読んでも面白いです。とても参考になります。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年8月2日
 蜻蛉と撫子の図柄の表紙が美しい。世阿弥の「風姿花伝」の内容を引用しながら、教師が専門家として成長するための生き方について、著者が出会った教師の実践や訪問した学校の様子を通して述べられている。
 「学び続ける」というのは、一人でがむしゃらにではない。「評価」し合うのではなく、子どもからも、若い教師からも、「発見」と「驚き」を見いだして学び合う姿勢を持ち続けるということ。
 すべての教師、すべての児童生徒が学び合う学校を創ることを目指して、教育に携わる人には、ぜひ読んでもらいたい。 
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年4月26日
 本書より、熟練の技術を持っていても常に学び続ける教師と評論だけして自ら学ぼうとしない教師がおり指導の格差があることが分かった。各章には著者が毎年500ほどの授業参観をし特に目につく授業内容や風景が紹介されている。

 また教育現場の人間が本を読まなくなったり、美術館などをまわらなくなっているのではなかという投げかけをされていた。確かに常に教育現場の人間は学ぶ姿勢がないといけないと思います。教育現場で働いている方は大変参考になる1冊でしょう。
0コメント| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年5月3日
佐藤学先生の著書もたくさんありますが、教師とは何か改めて考えさせられました。教師を目指す人、今、現場でがんばっている人、保護者の方にも読んでいただきたい。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月16日
学びの共同体について、わかりやすく具体的に書かれている。教師を目指す学生にお勧めしたい。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月25日
教師の「学ぶ」必要性をはじめとする、教師の心構えを新たにするという点では大変すばらしい本だとは思うが、
実用性という点では、この本だけでは現実の役にはあまり立たないのではないかと思った。

佐藤先生の言うとおり、この本以外の他の教育書にも当たれ、ということだろう。
この本はその原動力となるエンジンともいうべきものである。

ところで佐藤学先生は「安保法制」に断固反対の立場だそうであるが、
仮に学びの共同体で安保について生徒間で議論の形となったとき、
佐藤先生ははたして中立の立場で生徒と接することができるのだろうか。
安保法制賛成の立場の生徒が現れたとして、佐藤先生はどう接するのだろうか。

この本と関係のないところで、微妙に気になった。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月24日
先輩先生に進められて購入。とても読み応えのある本です。普段何気なくしていたことが間違っていなかったんだ。あるいは、もっとこうすべきだったんだということがよくわかりました。たくさん聴いてあげることが大切だなぁーと。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告