Androidアプリストア Amazonファミリー Prime Student 本10%ポイント還元 9000 Amazon MasterCard nav_flyout_biss ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 対象の日用品まとめ買いで30%OFF 新生活ストア2018 Echo Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 ドキュメンタル シーズン5



2016年9月13日
次に宗教、またはそれ的なもの。
要は自分が理解出来ない部分の穴にスッポリと埋められる気持ちの良いもの。
女性的感覚と言うと語弊があるかも知れないけど安心が欲しいのですがりたい。その感覚。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年12月12日
 賛否が盛んに論じられてる来栖編なのですが、その中で『進行が遅くだらだらしてる』等の意見がありますけど、そもそもこの漫画はじめからそのような展開でありそこらへんはこの漫画の世界観でもあり面白さも含め何もトーンダウンはしていないと思います。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年11月16日
登場人物が妙にリアル。ホントにいそうな人ばかり。それがいい。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年6月5日
これからどうなるのか、まだまだ分かりませんね。
これからの活躍に期待です。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年9月23日
これを見て久しぶりに履いてみました。シミが出来そうで心配でヒヤヒヤしました。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年3月26日
この世界観がいいのです。

この後の展開がすごく楽しみです。
人間はどの状態が「人間」としての価値があるのか??
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年3月29日
この作品はサイコーなのです!ぜひ買って読んでいただきたいのです。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年5月18日
読んでいる最中に、某アメリカのゾンビドラマでも大活躍のボウガンをマスターしたくなりました。そんなクルス編に入り英雄編とは違う世界観が楽しめます。この展開は英雄編では決して味わえなかったのでは。本編から少し離れても、話の進行が遅くても、こんな話が読みたかってん。おもしろすぎ
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年3月1日
主人公英雄一行はとりあえず置いておいて、ネットで救世主のように扱われていたクルスと、ひきこもりの崇が中心となってドラマが綴られます。
このクルス一味、これまで生き残ってきただけあって濃い面子揃いというか、一筋縄でいかないヤツが多くて面白い。
英雄パートは英雄があくまで主人公なドラマ視点でしたが、武力も気も弱い崇が視点になることで、クルス一派の面々の個性がそれぞれに引き立ち、一人一人が主人公のように、ちょっと群像劇っぽくなっております。

そして彼らの生存のための工夫や生活が面白い。ZQNに感染しないためのルール、ZQNを呼び寄せないための生活上の注意、武器や防具、生け(?)捕りにしたZQNの拘束具や風呂場を密室にする工夫、更には食事風景など。
なにがそんなに面白いかと言うと、これはシミュレーションなんですね。周囲をZQNに囲まれた状況で一軒家に立てこもり、日常で手に入る道具や食料でどうやって身を守りつつ過ごすのか、という。
自分の身の回りにあるものを改めて見直して、「これは役に立つだろうか」と想像する。そういう楽しさがあります。花沢さんも楽しんでたんじゃないでしょうかw
そしてクライシスの中での食事風景というのも、なんとも美味しそうなんですねー。全部入りラーメン食いたいw 実はこの作品で「温かい食事」が出るのは久しぶりですし。

さてZQNの生態が語られつつ、生態として比呂美ちゃんっぽいクルスの謎もあり。他の人間(?)グループの存在も匂わせつつ、興味深いとこで次巻につづく!
作中時間ペースはこれでよいですけど、できれば刊行ペースをもう少し早くしていただけると……
0コメント| 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年3月19日
 今巻はクルスを中心とした人間関係、彼らが生き抜くためのルール、今後に関わるであろう伏線が描かれています。
引きこもりで新入りの江崎は、戸惑いながらも必死に彼らに馴染もうとします。

腹の読めない自由人のクルス。
統率役で頼れる毅。
料理上手で明るいおばちゃん。
博識で武器開発担当の苫米地さん。
今時の男子中学生、春樹。
学校に家族がいる城(キズキ)ちゃん。
小屋でZQNをボウガンで射抜く、羽生兄妹。
春樹に男女と呼ばれる女

 そして、某ラーメンズの人に似たあの人も無線にて登場します。今後、英雄と彼らの接触はあるのか。苫米地さんの推測
は単なる憶測なのか。この世界は正常に復興するのか、ディストピアになってしまうのか。

『今後の展開が気になる』

 今まで、英雄たちやクルスたちといったミクロのお話でした。これから、日本全体や世界はどうなっているのかといった、
マクロの情報は描かれるのか気になるところです。
 

 最後に。展開が遅いという意見は重々わかりますが、花沢先生の作風ですし。単なるバイオレンス・エンターテイメント
ではないので、少しづつ進んで、大きく展開してというリズムが僕は好きです。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告