Androidアプリストア Amazonファミリー Prime Student 2,000円クーポンプレゼント 9000 Amazon MasterCard nav_flyout_biss ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 対象の日用品まとめ買いで30%OFF 新生活ストア2018 Echo Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 ドキュメンタル シーズン5



2016年9月13日
要塞となるショッピングセンターや店舗には、怪我の治療道具や武器となる物を入手することができる。
このサバイバル要素のなかでも皆好きになるのがDIYパート!
飛び道具でも釘バットでもお好みの物を作ってどうぞ!
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年6月16日
緊迫感あふれるショッピングモールでの戦闘から、一転して台湾のエピソードになります。これは、今後のストーリーの伏線になるのだろうと考えて、読み切りました。
願わくは、スティーブン•キングの小説のような膨大な挿話と同じく、本編とほとんどつながらないことにならない事を願います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年8月19日
アイアムアヒーロー9巻を読了。前巻でアウトレットモールを脱出したと思ったら、突然台湾の出来事が挿入されています。その中で被害は日本だけでないことが示されます。台湾での編集者が今後どんな役割を担うのか、興味深いですね。
また前巻で銃をぶっ放した英雄の精神状態をやぶさんが冷静に指摘します。その指摘に、流されないよう自分の立ち位置を確認する英雄でした。

様々な人物が新たな物語を作り出してくる予感です。今後に期待。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
VINEメンバーベスト50レビュアー2012年6月4日
 一昔前なら小学館のスピリッツ誌に載るとは考えられない(今は無きヤングサンデーなら納得ですが) ゾンビ物、最近漸く拝読致しました。
 8巻がカタルシスを伴う王道ゾンビ(ZQN)物の傑作でしたが、本巻は新しいエピソード前の仕切り直しと見えます。
 前半76頁は漫画編集者佐田と新人漫画家の取材&不倫台湾旅行が描かれています。
 作者の綿密な取材の成果と思しき異国情緒溢れる背景化に、ZQN禍が世界規模で有る事を仄めかしており、二人の後味の悪い不倫・妊娠話すら極めて呑気に感じられてしまう皮肉が効いています。 
 漫画家・英雄に関しては今となっては意味の無い佐田のメモが物哀しい余韻を残します。

 後半は御殿場のアウトレット・モールを脱出した主人公英雄と、看護師小田、そして昏睡状態の比呂美(表紙の娘)の当て無き逃避行を描いて居ます。
 殆ど食料・水とトイレの確保の問題で頁が費やされますが、最終エピソードには一般誌限界間際の凄惨なZQNの描写が観られました。

 作者版綾波レイとでも言うべき半ZQN化した人類の希望となる比呂美が本作では殆ど寝た切りなのが少々残念ですが、やっと手に入った水を飲まされて童女の様に微笑むシーンを拝見出来ただけでも良しとしましょう。
 それにしても事件が発生してから本作内で経過している時間が僅か数日で有る事に、改めて我々の世界の脆さを感じてしまいます。

 終盤予告で比呂美の再起動が匂わされて居る次巻が楽しみです。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年6月6日
日本だけの話だと思っていたら、台湾篇で世界的にZQNが広がっている事が明らかになりました。 英雄クンは積極的にZQNと対決します。またこれが怖い!一体今後どうなるんでしょう!?ちゃんと完結するのでしょうか!?次巻が待ちどおしいです!!
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年6月12日
これは去年から読んでいるけど、どんどん正解が崩れてきて、怖くなってます。ゾンビの話なのに、とてもレアルでいいです。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年7月1日
はじめこそ、ゾンビものにいつもの花沢節がスパイス的に加わっただけの
ただのちょっとイタイ主人公がヒーロー気取りで右往左往するだけの話だろ?という印象で読んでいましたが、
比呂美が感染して戦線離脱すると思いきやそうはならず新たな希望への伏線となるとわかってからちょっと見方が変わり、
ショッピングモール編で物語が一気に広がりを見せ始め、
いよいよこれは、花沢健吾が進化を遂げた!と思いました。

そんななかで今巻、台湾編から始まりますが、これが単なる閑話休題ではなく今後への伏線になるのかどうか。
そして英雄たちの話に戻り、ここでの英雄と小田のやりとりが、本当にありそうでとても面白い。ゾンビとの戦闘もあるのですが、
この2人のやりとりが今回のみどころといってもいいでしょう。今後どういう展開を迎えるのか楽しみになってきます。
さらに、次巻では待ち望んだ新展開が!

いま、先が気になる漫画 第1位!!
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年6月5日
9巻は物語的にもあまり進展はありませんでしたね

読んだ感想としては、英雄が男らしくなったなぁ と。

でもまあこれくらいは許容範囲です。

10巻もこんな感じだったらちょっと。。。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年6月3日
前巻までと比べると急に展開がゆっくりになってしまいました。
いくつか伏線は出てきているので次巻に期待します。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年6月17日
注意:単行本でしか読んでいない個人の感想です。

作者がどれほどのスケールで構想を立てているのか、それをどれくらいの期間でやりきろうとしているのか、わからなくなる。

おおよそ「途方もない」といった広がりをみせつつも、これが我らが主人公・鈴木英雄の一代記の如くに集約されるのであれば、あれよと風呂敷を畳むこともできる。

最終的に「世界のなかの個人」を描くか「個人のみる世界」を描くかの違いだが、今のところは、途方もないことになりそうだ。 (個人的にはそれが楽しみです)

しかし、気がかりもある。 地球規模の変動を扱う作品は、着地点が至難のわざだ。

あまり良い例えではないが「鳥人体系」では、手塚先生をして、反省さしめる難度。

視点や時代をジャンプさせずにこれをまとめきるには、時間と実力以外に、相当な「核心」が必要になるだろう。

状況を描くだけなら、許される限り、まさにどこどこまでも進んで行けるのだから。

ともあれ、いまはどろ舟に乗った気持ちで見守ろう。
それが男、つーもんでしょうから。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告