Androidアプリストア Amazonファミリー 2017年本屋大賞 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard summer_Bike TradeIn ファッション Fire HD 8 Fire TV stick 母の日ギフト特集 2017 花粉対策特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 アウトドア HITOSHI MATSUMOTO ドキュメンタル シーズン2

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
26
5つ星のうち4.3
形式: コミック|変更
価格:¥596+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2017年4月15日
今まで楽しみに読んで来た読者を裏切らないで欲しかった・・。ここまでストーリーを広げておいて、世界各国に混乱を巻き散らかしたまま、謎も登場人物達も放置して、適当な話しで終わっています。作品の結果をこれで良しとして発売した編集関係者、全てを疑いします。他の漫画家さんで、長く連載を止めている作品もありますが、そういうことも納得です。どんなに待たされてもいいから、面白い作品として終わって欲しかったです。最初は面白かっただけに、本当に残念です。全巻揃えましたが、もう読み返すこともしたくないです。あまりに残念すぎる作品でした。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年9月30日
やっと安全地帯に辿り着いたと思いきや、案の定そこは剥き出しの人間のエゴに支配された、より危険な場所。一癖も二癖もある人物が集っていた。

英雄が持っていた散弾銃が、ただでさえ狂っている小さな社会を掻き回す。

未だどうなるかも分からない比呂美の身にも悲劇が起きてしまう。

そしてラスト、ついに…

7巻はそんな話。

読んでいてつらい。でも読む手が止まらない。

この巻まではなんとなく読者にも予想できた展開でしたが、最後の話で新たな展開の兆しが現れます。

8巻に期待。とても面白かったです。

表紙が少しエロくて困る。
0コメント| 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年10月11日
秩序が完全に崩壊した世界観、ダメダメなヒーロー。そしてダメダメなヒーローがたまに見せる意地。今のところ物語はそれしか無い。 この先の展開がまだ見えてこない。世界がどうなってるのかは現段階では解らないが局地的な混乱ならば収束が見える可能性はあるが日本がおそらくは完全に崩壊てる中この先、どこへ話が向かうのか。 とても興味深く面白い漫画ではあるが現段階での評価はこのくらいが妥当なのだと思う。 完結してからの評価が★5になるのか★1になるのかまだまだ先になると思う。★5を付けられる結末を期待してこの先も読み続けたい。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年10月4日
この作者の全作品を通して言えるのですが、いわゆる「社会から追いやられた人」を
描くのが非常に上手く、言葉一つとっても借り物ではないなとすら感じました。
もしかして経験者なのでしょうか(失礼w)しかしその才能が原因なのか
枠にとらわれない演出方法を今巻でも採用しています。
綺麗な漫画が多い中で完成度の高い泥臭さと混沌な世界の相性は
漫画の進化はまだ終わってなかったとすら思えます。
ですので出来れば映像化は避けて頂きたいです。あとAKBの帯は似合いません。ヒキました。
0コメント| 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年10月4日
内容は普通に面白いですが                                                                                                                                    法の支配が成り立たない、頼れるのは自分だけというある意味完全平等社会の中で                                   
女性の立場はどうなるのか?
自衛隊の存在意義は?
作者は色々伝えたいことがあるようです。
そこらへんにも注目してみていきたいです。
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年10月1日
ゾンビものとしてはやはりショッピングモール! ということでショッピングモール編です。
ロメロリスペクトと言うか、偉大な先人に捧げるオマージュ的な舞台ですが、これが徹底した取材の元、花沢解釈によるリアルな現代日本を舞台にされてるため自分の身近にある郊外型ショッピングモールが容易に想像されて非常に怖い。写真のトレースは労力をかければ誰にでもできますが、どのような視点でどのような角度で何を取捨選択して描いていくかは作家の力量です。私たちは花沢さんが怖いと思った視点を通過したものを読んでいるがために怖いのです。

さて、ホラーものでよく「一番怖いのは人間」と言うフレーズが出てきますが、今回は大所帯の人間コミュニティでの攻防なので、当然そこが出ます。そこで対比されるのが状況に流される人たちと夢想的であるゆえに流されることが最終的にできない英雄です。
花沢さんは一貫して「非モテ」の主人公を描いてますが、今回は特に漫画家という花沢さんの分身じゃないのか?!というキャラなので、幼い頃から漫画やアニメなどを見て培った「女の子が困っていたら救うべきじゃないのか?」とか「人間倫理としておかしなことをするのはヒーローではないのでは?」という情操教育(^^;があるので、最後のところで「人間として踏み外す最後の一歩」を踏まないのです。
つまり漫画やアニメなどを見て育った空想的で夢見がちな人間のほうが、最後の一歩で人間であることを捨てないヒーローではないのか? ということです。まぁ実態の真偽はともかくw。あるいは、空想作品に薫陶を受けてきた人間ならそうあれよ! と言ってるのかもしれません。ここまで妄想の巨大なピラミッドを築き上げた日本の漫画文化を一身に浴びてきたお前たちならば、危急に際しても「夢見がちな奇麗事」を通せよ!と言われてるような気もします。

ところでルサンチマンの越後が出てきました。善悪は置いておいて主義主張が一貫したキャラではあり、やはり最後はなんかいい奴なのでしたー。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
もう目を離せない展開だな。買って良かった漫画だ。いつも読み返してるけどホントに面白い。8巻が待ち遠しい。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年10月7日
だんだん話の展開が遅くなってきた気がします。
それと、もう7巻なので、そろそろ日本全体・世界全体がどうなっているのか、というしっかりとした情報がほしいです。もしかして、作者はこのままミクロの視点で書き続ける気なのでしょうか。なんか『ドラゴン・ヘッド』を思い出してしまいます。その手の作品には既視感があるので、この作品にはもうちょっとスケールの大きい展開へと結びつくことを期待してしまいます。
ただ、最近の登場人物の幼稚さをみると、このまま子供だましの展開に終始しそうですね・・・。
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年9月30日
屋上の上でも波乱があります 銃が持ち込まれた事によって崩れる秩序 フードコートに向かったメンバーと屋上に残っているメンバーに同時に襲い掛かる危機 何より比呂美の目に映る薮の姿が1番凶悪な怪物になっていること とても次巻が気になる展開、終わり方になっています 描写も相変わらず秀逸 フードコートに入った各キャラ目線のシーンは凄いですね、臨場感と緊迫感が凄く伝わってきます 英雄の「大丈夫だ。一人でできる。」のシーンも個人的には凄い好きです、する内容が内容なのに何故あれだけかっこよく見えるのか.. 悪い点としてはプライや他のキャラもそうですが性格が定まってないようにも思えますがそこまで気になる点ではないので総合的な評価は文句無しの満点です
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年10月16日
1巻からこの巻まで一気に読んでいるのであれば、それなりに楽しめるかもしれないが、半年に一度読む身としては、展開の遅さに当初の勢いからの衰えは感じてしまう。

日常が崩壊していく様をリアルに描いていた序盤の頃と比べると、段々と現実から乖離した展開や言い回しが目立つようになってきたのが気になる。この手の話は人物も含めてどれだけリアルに描くかどうかだと思うので、あまりに奇抜なキャラや突拍子もない演出を入れてしまうと、途端にただのファンタジーになって冷めてしまう。

そろそろ新刊が出る度に逐一続きを読みたいとまでは正直思わなくなった。終わってから一気に読んだ方が楽しめる漫画なんだろうなぁというのが率直な感想。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告