Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 クリスマスに贈りたい本 psm Amazon MasterCard Drive_Recorder DVD Blu-ray FOX-AD 2017 ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 大掃除特集 ペットのクリスマス Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン4

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
21
竜と勇者と配達人 1 (ヤングジャンプコミックス)
形式: コミック|変更
価格:¥680+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


2017年12月7日
ファンタジー世界を、理屈こねくり回して、裏ではこんなこと起きてるよなあっていう妄想を、うまく漫画にしてくれてます。
勇者がドラゴン退治したら、そのドラゴンを素材として解体し流通させている人がいるから・・・といった具合。
面白いです。ぜひとも連載続いて~。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年12月3日
類似作品としては大砲とスタンプでしょうか
シリアス要素の少ないこういう漫画は非常に面白く感じます
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年6月17日
平和になった異世界という感じで面白かった。
主人公の成長ストーリーより、異世界の世界観を味わいたい人にオススメである。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年6月9日
都市に憧れ村を飛び出し、皇帝都市アイダツィヒにて郵便配達人見習いとなったハーフエルフの吉田さん。
中世風ファンタジー世界での郵便配達は、現代とは些か勝手が違います。
グリフォンが徘徊する魔の山の頂上を目指したり、住所無き都市の暗部に足を踏み入れたり。
時には勇者御一行パーティーに随行したりもしちゃいます… といった感じのストーリーです。
主人公兼ヒロインの吉田さんは、真面目でシニカルなハーフエルフのメガネっ娘さんです。
頑張りすぎて闇落ちしちゃったりもしますが、見習い配達人卒業を目指して日々都市中を駆け回っています。
物語の世界観が、中世風の味付けがなされたファンタジーRPG視点なので、ファンタジーのあの部分は現実と照らし合わせるとどうなってるの?な部分を中世のしきたりや史実に基づいて構築されているので、読んでいてとても面白いです。
作者のグレゴリウス山田さんは、中世のお仕事の本なども出されているので、そういった知識が存分に発揮されているのでしょうね。
ファンタジーモノ、異世界モノ、歴史モノ好きの方にオススメします。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年5月16日
『13世紀のハローワーク』が面白かったので、そこに宣伝されていた著者の漫画ということで購入。

タイトルは『竜と勇者と配達人』ですが、竜と勇者が出てくる話は一話のみ。竜と勇者がいる剣と魔法の中世ヨーロッパ風ファンタジー世界で暮らす人々の日常を、小役人である配達人の立場から描いた作品です。『天体戦士サンレッド』に代表されるような、非日常な人たちの日常。ファンタジー世界の住人の日々も楽じゃないという世知辛さ。
そこに『13世紀のハローワーク』に出てくるような中世ヨーロッパの生活史のウンチクで風味付け。
作者曰く「ファンタジー中世とリアル中世を混然とする、くだらない思考実験の産物」

あくまでファンタジー世界の裏方である小役人(公務員)の日々の奮闘であり、タイトルの竜と勇者の冒険を期待すると肩透かしをくらうかも。

そんな、竜と勇者の戦う輝かしい英雄譚の裏側の、その他大勢の人々の日々に興味を持ったかたは是非。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年9月14日
好きものファンタジー。
歴史的事実を下地にしてあることで、リアリティーというよりもそういう視点でくるか、という目線が面白い。
作者は実験的なネタ話しとコラムで言っているが、マンガや小説は基本的に想像の世界であるし、特にファンタジーはある意味全て実験的ネタみたいなものだから卑屈になることはないが、話として弱いな~と思う気持ちは分かる。事実を元にすると派手さはないし、ストーリーに入れ込むのが難しい。そのせいかストーリー的にはあってないがごとし。
しっかりとストーリーがあると、調べ上げた作者いうところの実験的ネタが使えなくなる可能性が高くなる。よって四コマ作品みたいに小ネタが続くことになるのだが、それにしては急に状況が展開したりしてしまうのは、ネタありきだからかな~。そこら辺は今後に期待。恐らくマンガ経験が浅いと思う。
世界観や設定は面白いと思うので、ファンタジー好きなら手にして問題ないと思う。ただし、画は少々拙い。ストーリーが特別面白い訳ではない。他の登場人物などがよく分からないながら話しに絡んでくる。つまり演出ももうひとつ。ということを考慮に入れておかなくてはならない。それでもお勧めするのは、作者の好きという気持ちが伝わってくることと数少ないヒーローものでない良さかな。
この作者にはファンタジー資料本もあって、そっちもお勧め。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年6月21日
他の人のレビューみて買いました。
中世ヨーロッパをベースにしたファンタジーに中世ヨーロッパ成分をいくつか足したそんな世界観です。足された成分分が作者の知識量でかつこの話の題材になってますです。
他の人のレビューにもある通りキャラクターが動いたりストーリーが進むと言うよりは主人公の配達人が絡むオムニバス作品となっています。
ファンタジーと中世ヨーロッパ(だけとは限らないが)で共通しそうな事象に対してストーリーが練られてるので表舞台に立たないような歴史を学べるので次巻も楽しみです。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年5月13日
最近、見つけて読めない話があったので、購入。単行本読者特典ページがもっとあってよかったのではと思う内容です。あと、価格が高い。ページ数多いかなど検証してないが見事に購入意欲をそぐ価格設定。お話は作者が中世、ファンタジー好きなことが伺えて楽しく雑学的に読めて個人的に好きです。頑張れ吉田と思います。これから、どのように中世ファンタジー世界が近代のような社会へと少しずつ変わっていくのかが楽しみです。ファンタジー部分さえ消滅してしまうのか気になりますね。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年3月16日
現代の現場の人間の苦労に共感する話。
今で言えば配達業の方々に当たるんでしょうから、正にタイムリーなネタと言えますね♪

自分も坂道の多い配達区で仕事をしたことがあるので気持ちはよく解ります(涙)
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
ベスト500レビュアー2017年2月23日
配達人が依頼を受けて(主に中世の世界観の)異世界に色々なものを届けたり、受取人と差出人の関係を取り持ったりするお話しです。RPGにあるようなセーブや、竜などのモンスター、魔法もあります。

勇者による竜討伐が行われる回では様々な職業の人たちが出てきます。一番好きだなあと思ったのは、ファンファーレ係という、単にファンファレーを鳴らす人ですかね。いやー意外に大事だなあと思います。あるとないとじゃあ盛り上がりが違うでしょう 笑

竜討伐したら解体作業で盛り上がります。異世界で希少な存在である竜を鱗やら、角といった経済的価値を、コミカルに描き、多くの職人がその利益にあずかろうとする図式は楽しいです。

こんな風に経済的な視点からコミカルに描いた作品はなかったので新鮮で楽しいです。ぜひ一読を!
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告