Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Trade-in ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 出前半額キャンペーン 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
10
5つ星のうち4.6
星5つ
7
星4つ
2
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
形式: コミック|変更
価格:¥453+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年12月26日
ひさびさにいくえみさんの本を買いました。
潔く柔く以降のコミックスは買ってません。
他にも沢山の連載を抱えるいくえみさんの本をコンプリートできず、ベイビーブルー以来ずっと読んできましたが諦めました。

ネットの立ち読みで読んで気になり3冊まとめて読み流石だなぁって思うほど面白く「G線」も買いましたが、どちらもとても面白い。
どうしようもできない人の心情を書くのが本当に上手い。
どうしてこんなセリフや、人をかけるんだろうといつも思います。次巻が待ち遠しい。
何を読んでも面白くないことがない。
いくえみさんは本当にスゴイ漫画家だと思います。

※私が読んで思った「疎ましいピンクはもういないのに」について書いてみます。

分からないというレビューかいてる方は、ピンクがなんで突然出てくるのか?という点でしょうか?

3巻まで一気に読むとかずほのピンクのキーホルダーが演出として何度も出るので、ピンク=かずほという印象がのこります。
そのままかずほの事を言ってるんだとよめます。(「嫌いな色、ピンク」「ピンクの考えてることはよくわからない」などかずほとピンクをかぶせて岬がいってます)
以前は岬もかずほのことが疎ましかった気持ちもあり、自分から楡を取らないでと思っていたのですが、このシーンの岬の表情を見るともう疎ましくなんかないのにという気持ちがよくわかると思います。

かずほ自ら遠慮して自分の存在こそ疎ましいのだと自覚してたけど、それは楡の特権というものによってなくなった。
疎ましいのはむしろ私では?という空気を察知する岬は、今更憎いと言われても、私は憎むのも憎ませるのも嫌だ。

と、荷物をまとめるのです。かずほのこともキス出来るほど好きなんですよ、きっと。

人の心の機微に敏感でさりげなく上手くやりすごし明るく振舞いつつも、自分の身の置き場にいつもこまる岬、1巻から岬のここらへんの繊細な感じは変わっていなくて、本当は憎んだりしたくもなるけど、自分のためあえてそうしない。

個人的には楡の人格がよく分からない…。
いくえみさんの描く男子は優しいけど女には残酷だなぁと。

ただの嫉妬だの憎むだので展開する漫画に終わらず、自分のなかのぐちゃぐちゃを自分でカタをつけようとするところとか、いくえみさんの漫画の登場人物は本当に人間の器が違うなぁと思ってしまいます。
1コメント1件| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月13日
もう高校生が主役の話とか自分の年齢と違いすぎて感情移入がなかなかできなくなってきてるんですが、さすがいくえみ先生。このマンガは大好きです。

ただ、3巻は後半になるにつれて楽しく読めなかった。。。なんだろうこの胸がざわつく感じ。。1巻があまりにもきらきらしてて楽しくて、ずっとこれがつづけばいいのにと思ったのですが、まあなかなかそうはいかないですよね。

それでも大好きなマンガなので4巻も楽しみに待ってます。

ちなみに、ほかの方も書いているように「疎ましいピンクはもういないのに」の部分はわたしも理解できませんでした。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月25日
このままでいたい楡とこのままでいたくない岬。今の関係を壊したくない楡は岬を必要不可欠な存在と思うから臆病になって腰が引けてるんだろうけど。
飯島弟に嫉妬したり、飯島兄に殺すって言ったり、頭で考える事と自分でも気付かない本音は裏腹なんじゃないかなあ?
自分で言うように岬が他に自分より好きな相手が出来たら冷静でいられるんだろうか。
日帆も楡も陰だから、太陽のような岬がいないとダメになるよね。
日帆は実はそれが一番よく分かってるから、岬が大好きで憎いんだね。
疎ましいピンクはもういないってどういう意味か私はわからなかった。。誰か教えてください…
1コメント1件| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月1日
そんな母親とわたしは高校三年まで暮らした。キザっぽく言えば、わたしは「間に合わなかった」岬と日帆両方だ。

このマンガを読むと、十代の時の暴力的ですさんだ心の動きを思い出す。
助けてあげられなかった、とも思う余裕もなく、自分のことばかり可哀想だと自己中心的に考えて、何もかも人任せで閉じこもった10代~20代前半だった。

母親が居なくなって10年経った。いちおうは自立して働いて、気楽な一人暮らしを楽しんでいる。そんな時にいくえみ先生がこの作品を描いてくれた。なんて事はあまりにも馬鹿馬鹿しい妄想ですが、ここぐらいにしか書けないのでご容赦ください。

それぐらい、この作品は自分にとって特別だし、続きが楽しみな作品なのです。

「かの人や月」にて、先生は家族の陽の部分を描いて下さった。大好きな作品だ。

この作品は自分の残してきたもの・段ボールに入れて押入れにしまったもの。そんな気持ちが蘇るので、「かの人~」のように心穏やかには読めない。
でも、大好きな作品だし、ゆっくりと・かつ先生のペースで大切に描いて欲しいです。

次巻も必ず買います。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月24日
暗い美人が明るい主人公の恋愛を脅かす…っていう設定に新鮮さが無くなってきました。
花と打ち解けた艶香にしかみえないー。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月21日
いつも思うのだが、一部の作品を除いてどうしてこうも哲学的というか、まるで純文学を読んでいるかのような人物祖環とその人物の心の機微がこれほどまでに描けるのかと思ってしまう。作者の年齢を推測しても私より年上だと思うのだが、高校生の気持ちをすごく丁寧に捉えているしまた、どんどん煮詰まってきている主人公たちのこれからにどきどきした。ずっと現役でいて欲しい漫画家の一人だと思う。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月1日
ストーリー上、岬視点の楡が少なくてさみしかったな。少女まんがの描き方というより、全部俯瞰だからグッとくるところがなかった。
4巻、岬がいなくなって楡がさみしくなったりするのかな?
かずほと楡はつきあうことはないだろうな。手をあたためるシーンはよかったけど、いくえみさんならふたりをくっつけない気がする。
あたしもピンクの意味が分かるようでわかんなかった。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月8日
早かったし良かった。
仕事してると本屋に行くより楽だし
思い立ったらすぐ購入できて、忘れない
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月31日
ファンとしてこんなに短期間で読めるなんてサイコーですね。

普通に面白いでしょう。
高校生ならではのストーリー。
こんな感じなのかな、今の高校生は。
青春というか
案外昔よりもドロドロしてる?w
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月4日
面白かったです。予定調和なのか予期しない方向なのかわかりませんが、面白いです。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告