Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard 洗車グッズ特集 Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIYはじめて講座 Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
28
5つ星のうち4.7
形式: 文庫|変更
価格:¥3,499+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年12月28日
私が泣いた数少ない漫画でありそして生涯これから何度も読み返すであろう作品。

羽生さん、名言が多いですが本当の主役は深町ではないかと思ったり。 とりあえず男性諸氏必読の漫画ではないかと。

男の子の生理に訴えかける作品だと思うので。 内容は「おじさんが山に登る」話。 なのですが、マロリーのカメラと

そして山がエベレストなので・・・それぞれが絡んできてまぁ・・・素晴らしいですね。

男は皆、淡い夢を追いかけるものだが、それがエベレストの頂ではなくとも、それぞれの頂を目指せば良いのではないかと、いう

個人的私見ながらメッセッージを感じましたね・・・。 ラスト付近、「さぁ 立て 立ち上がれ・・・」 からは涙無くては読めませんでした。

ギャグもなにもない硬派な漫画だが深い意味で「面白い」作品だった。  この作品を世に送り出した 夢枕 獏氏と谷口 ジロー氏に

感謝。 そしてこの作品に出会えたことをとても嬉しく思います。
0コメント| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月19日
小説を読んでからずっと気になっていました。小説ではぼんやり浮かんでいた光景がこの漫画のおかげで鮮明に!すぐに三回ほど読み返しました。生涯大切にしたい漫画です。
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年12月6日
絵、ストーリー共に圧巻される。
人生が厳しいものだと痛感した。
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月6日
小説を読んだのが、10年近く前ですが、あの分厚い単行本上下巻の内容を鮮明に思い出させる、迫力のあるコミックでした。
非常に高密度なコミックで、top of comicsのうちの1作品です。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月27日
内容も非常に良かったですけれど、絵が特にすごいですね。
雪山がメイン舞台なので、背景等もかなり難しいんでしょうけれど、
うまく表現できませんが感動しました。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月30日
夢枕獏の著作は『餓狼伝』以降手にとらないようになった

作風が小説としては歪すぎるものとなってしまったからだ
もちろんあくまで個人的な感想ではあるが、とても読めるものではなくなってしまった

だがその小説を漫画化したものは素晴らしかった
画はいうまでもなく谷口ジロー
小説単体では歪でも、谷口ジローの画力を伴えばこうも変わるのかと驚かされた

それでこの作品も迷わず買った
考えていた以上の出来で、先日映画化を機に読み返した
およそ十年ぶりに読んだので読後感が変わってしまっていた
以前読んだときより胸に迫ってきた

以下あくまで漫画版の感想をしるす

ここに出てくる人間は誰も彼もが正直だ
悪事を働くやつですら単純な理由でまっすぐに悪いことをする

主人公のひとりであり語り手である深町は最初自分を偽っているがその欺瞞に気づいており
やがてもうひとりの主人公である羽生に触発され自分のやりたいようにやりはじめる

羽生ははた迷惑なほどの正直者であり
年を経るに従って落ち着きは見せるもののその本質は何ら変わらない
わがままで手前勝手な男だ

その羽生に触発される深町もまた同じぐらいわがままで勝手なやつということであり
ふたりは似た者同士だ

だからこそこの物語は進む
羽生と深町がそういう人間でなければここまでの推進力も説得力も得られない
ふたりは周囲を巻き込み破壊しながら進む
他のなにものにも増して自分自身を破壊しながら

だから羽生や深町の生き方に憧れるとか共感をおぼえるとか格好いいとか
そんなこと簡単に言うものではない
むしろ忌み嫌い遠ざけて然るべきぐらいの男たちだ

しかしだからこそこの漫画はとてつもなく面白い

ラスト1話の取捨は読み手の判断に委ねられるべきだろう
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月16日
凍える氷雪の世界での、男達の灼熱の物語です。
個人的には、カメラ争奪の件は何だか不純物のようで邪魔くさく感じました。
ただ、羽生という男を描く上で必要なものだったのかもしれないとは思いますし、
それ込みにしても余裕の☆5つです。

それになんと言っても素晴らしいのは絵です。
感性の鈍い僕でもキャラの表情や山々の描写にいちいちウットリしてしまいます。

僕はこの漫画を何度でも読み返してその度に、生きるエネルギーを貰うことになるでしょう。
0コメント| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月15日
 何故だかわからないのですが、この作家さん、ちょっと食わず嫌い。
 この作品、評価が高いのは知っていたのですが、今まで読まないで
最近映画化のお話があると聞いて、じゃ読むか。

 お話は、エベレスト。世界最高峰。誰が最初に登ったか。の謎から、
一人の日本人が、一人の日本人と出会います。
 羽生と深町。
 二人のこれまでの、そしてこれからの山。
 ヒラリーの謎。
 そんなものを超えて、羽生の執念。そして深町の姿。
 魅せられた深町の執念に、最後に羽生が教えてくれた謎の解き明かし。

 100点です。
 この作品より上の作品がないかと言ったらウソになりますが、この作品。
立派です。
 男の気持ち。描いています。分かります。何と言っていいか分らないけど。
 文句なし。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月14日
大人買い・・・という程ではないけど、セットで買って5巻どんどん読めました。
緻密な山の絵との高い評価に期待し過ぎたかもしれません。
文庫本の大きさなので、画面が小さくてやや期待外れました。
小説の長い描写を絵で表現するとこんな風に1枚で表現できるのだということに改めて気づかされました。
そして、「オトコ」だけのロマンじゃありませんよ。

その後・・・
映画見ました。クライマックスの場面は、コミックの絵を再現しているようでした。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月26日
グルメマンガです! 自分もエベレストに行きたくなります! 読む価値あり!
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告