Androidアプリストア Amazonファミリー Prime Student 本10%ポイント還元 9000 ポイントアップチャンス 事前にエントリー nav_flyout_biss ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 対象の日用品まとめ買いで30%OFF 新生活ストア2018 Echo Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 ドキュメンタル シーズン5



2015年1月9日
話はとても面白く現実的な話題を取り上げている為か異世界ファンタジーなのに変にリアル。読みごたえがあり入り込める作品です。
しかし、所々読んでいて表現?というか語彙力に乏しいのでは?という描写があり読みずらかったです。
主人公=原作者では無いのでセリフは主人公の口調に沿って行くのでしょうがあまりにも表現が乏しいと感じたので☆4です。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年3月22日
アニメを見てから買いました。丁寧に描かれていて面白かった。
アニメを気に入った方にはオススメ出来ると思います。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年12月27日
アニメを見てから読み始めました。
ヒロインにこうだから萌えるだとかかわいいとか
同じような描写が多く、くどく感じてしまいました。
アニメの方があっさりとまとまっていて面白く見ることができました。
先が知りたい、細かく知りたいというのでなければあえて読む必要がないように感じます。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年10月30日
これは面白い! 久々にドハマりしたラノベです。
1巻をKindle電子書籍で購入したんですよ。そして2日後、全巻購入してました。。。
なんていうのかな、安定した面白さというか、設定とキャラクターが魅力的というか、
とにかく完成度の高いラノベだと感じました。

ストーリーは結構ハチャメチャ。異国と日本を結ぶ穴が発見されたという場面から物語はスタートします。
そしてひきこもりのオタクニートが日本政府から依頼を受けて半強制的に異国へ派遣され、
日本のオタク文化を輸出する担当として活躍する、というお話です。

父親がラノベ作家で母親がエロゲーの絵師というサラブレッドな家庭で育った主人公加納慎一が
異国である「神聖エルダント帝国」で学校を作り、オタク文化を広めるべく活動するんですが、
その過程や結果でいろいろと事件が起こるわけです。

まぁラノベなので軽い萌な事件が繰り広げられるのかなぁ、と思っていたらその予想は全く当たらず、
結構シリアスで本格的な異文化との衝突があったりするんです。
簡単に言うと、神聖エルダント帝国は封建社会で明確な階級制度がある国であり、
日本はそういう区別のない国であるというところ。
このギャップが1巻では大きな衝突になっていました。

主人公が暮らす屋敷にもハーフエルフのメイドやリザードマンの庭師がいるんですが、
ハーフエルフは人間より格下の身分であり、リザードマンは底辺クラスの身分。
しかし主人公慎一はそんな制度の無い日本で生まれ育ってきたせいか、そんな社会に上手く順応できないでいるわけです。
だから、その区別を中和するためにあれやこれやと動き出すわけですね。

でも、そういう行動を快く思わない勢力もあれば、身分制度がある事自体が当たり前であるという認識を持つ人達も当然いるわけで。。。
ここが物語的に衝突の原因となったりします。重いでしょ。だから面白いんだと思います。

とまぁいろいろ書いてますが、一番言いたいのはヒロインのハーフエルフでメイドのミュセル、
とにかく可愛い! 萌える! 慎一のお世話をする際の会話や仕草がとにかくイイ!
ほのかに慎一のことが気になってるけど身分のことやハーフエルフという忌み嫌われる存在であるってことがブレーキになっていて
なかなか自分の気持を表せないっていじらしさがたまらん!
ミュセル目的でこのラノベを買うってのもいいんじゃないでしょうか!
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年5月3日
まさに王道って感じでした。ただ、おたくな主人公が異世界におたく文化を広めに行く。題材としては面白いしより身近に感じて面白いかもしれません。ただ王道がすぎるしヒロインのお姫様やそのお付きの人が主人公にやたら好印象を持っていて、異文化との交流に際しての敵対されるということがないので、シリアス成分は少なめです。ゆるーく王道を楽しみたい人にはぴったりですね。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年3月1日
探し求めていた一冊ですね。
なんというか理想を小説にしたようなラノベ。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年2月19日
 あらすじを読んでこれは買うしか無い!と思いましたが、面白くなるのは2巻以降のようです
 1巻時点ではまだ異種交流の問題に衝突しただけ。世界観、リアリティなどはなかなか読ませますが、サラブレッドオタクという主人公はあまり活躍しません

 オタク知識を活用して実在のファンタジーに打ち勝つ!などの楽しさを期待しているかたは、2巻以降を待ったほうがいいでしょう
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年5月14日
ストーリーは、毎回毎回アニメや漫画やゲームやラノベのネタが入っているなどとても面白いです。
第一話では、薬で眠らされて異世界へ来たときも「メイドさん来たああああああああああああ」や護衛をつけられて、「まさか、こないだオークションですごい戦いになったクー子のフィギュアを僕が落札したから・・・」などすごい大爆笑です。
アニメの新番組の予告も「毒だって使い方次第で薬にもなる」なども・・・なんの元ネタでしたっけ?ICEのアニメ版で喜多村英梨さんがやっていたのに、似ているような・・・
あと、なんといってもキャラクターが可愛いです。主人公の一人メイドの茶髪ツインテールのドジっ子属性ハーフエルフ(持ちの論エルフ耳)、異世界のエルダント帝国皇帝陛下の銀髪我がままロリッ娘キャラ、主人公の護衛の姉さんメカネッ娘(腐女子)などラノベ版は、私は一巻しか持っていませんがもう時期二巻も買う予定です。
皆様もどうぞてにとってみてください。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年6月11日
非常に面白かった。

導入部分を読んでいる時には退屈かなとも感じたが、読み進めるにつれて明らかになってくる内容が素晴らしい。

内容をざっくりと。
富士の樹海がファンタジックな異世界に繋がることが明らかになった。
そこは『いわゆる』中~近世のファンタジーの世界であり、交流の為に文化を、オタク文化を輸出することとなった。
その総責任者として選ばれたのが引き籠ってオタク文化にどっぷり浸かっていた主人公であり、彼はいきなり異世界に連れていかれて現地に文化を広める為に活動をしていくこととなる。
現地では屋敷を与えられ、ハーフエルフのメイドと蜥蜴男の使用人をも与えられた主人公は、その国の王である少女と引き合わされる。
そして――権限を与えられ、物語を広めようとしていく過程で、言葉の壁以上に強大かつ致命的な、文化・価値観の壁を認識する。
当たり前のように存在する差別と身分区分。誰もに認められた自由・平等・博愛などが存在しない世界。
現代日本とはまるで異なるロジックで動く社会、そこで暮らす人々の価値観は当然日本とは異なっており、異なる価値観の上に築かれた物語を受け入れることは彼らには出来ないであろうことに気づく。
そうしてまずはその部分から変革していくために学校をつくり、いざ開校という時にテロが起こる。テロリストの主張は文化侵略が行われている、というものであった。
なんだかんだあってテロをおさめ、けれど主人公は認識してしまう。
自分が行おうとしていることは、暴力を用いない『侵略行為』であると。

――文化を広めようという一見善意の発露に見えるそれは、文化的な侵略である。

文化を広めるために必要なのは共通の価値観である。
現代日本――先進国で成立する文化は非常に特異的なものである。
それは実際の地球においても、未開の部族は勿論、異なる宗教圏、教育の行き届いていない人には解せないものだろう。
当然異世界の住民に理解が出来る筈がない。
――ならば価値観そのものを変えていく必要がある。
しかしそれはその国の文化を破壊する行為に等しい。たとえそれが大局的には良い方向に向かっているとしても、文化侵略であることには変わりはない。啓蒙活動と文化侵略はほぼ不可分なのである。
かつて現実世界でも宗教を広めることで効率的に侵略が行われた。
それは正しかったのか間違っていたのか、善なのか悪なのか。
その答えはいつまで経っても一つに定まることはないだろうと思う。

価値観を変えること非常に困難で、この先も長い物語が紡がれていくだろう。
まだまだ明かされていない部分が多いので今後が楽しみな作品である。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年2月5日
アニメ組です。
ミュセル、ペトラルカが好きで原作にも手を出してみました。
他の方のレビューでは、文章力がうんぬんで読みにくいという声も聞こえますが、私にはかなり読みやすかったです。
もちろん、アニメを先に見ていたわけなので多少の補正はあったとは思いますが、脳内描写がしやすかったと思います。

また、主人公の言動が逸脱してるなどの意見は正直的はずれだと思います。
この本の内容自体が、文化侵略やら階級身分やら多少現実的な要素を含んではいますが、いちいち現実的視点で批判するのはバカバカしいですよ!娯楽作品です!純粋に楽しみましょう!

笑えるとこも多かったです。たまにスベってるときもありますが、私含め読者ごとのツボがあると思いますので基本的にギャクとしても面白いです。

ミュセルとペトラルカに萌えてにやにやできるシーンももちろんあります!が、この巻では少し少なく感じました。次巻以降に期待します。

原作が初見だったらもしかしたら飽きていたかもしれません。しかし先述したように、アニメから入った組なのでとても楽しめました。

アニメにハマって原作を読むか迷っている方には99%オススメできます。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告