Androidアプリストア Amazonファミリー nav_flyout_bookshonya 9000 Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray SW-AD 2018 ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 コンタクトレンズストア 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア・キャンプ用品 ドキュメンタル シーズン5



2015年10月15日
僕は金融のこと、何もしらないので、この本のお陰で、勉強になりました。

特に、これから投資信託の製品を買いたい人にお勧めします。

今後、マイナンバーと銀行口座紐付けするそうなので、オフショア投資をやるひとが増えるでしょう。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2005年6月13日
「入門」とあり、オフショア取り引きの入門書=オフショアの概要・口座開設法です。
これでHSBCに口座を開設できます。その点は◎。
為替リスクについてまったく触れられていなかったのが×。
日本円を持つリスクについて触れられていなかったのは、残念でした。
あまり気体をせず、まずHSBC口座を開設することに注力するには◎な本です。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年6月22日
知らない世界を知った気持ちです。こんな世界もあることが
 わかりました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2005年6月17日
海外講座の本とかを読むと資産疎開だの預金封鎖だのヘッジファンド
だの情報が氾濫していて、よく分からなかった。
ただこの本はとりあえず、むずかしいことを考えずに海外のオフショアバンクに口座を開いてみよう!楽に投資しよう!と考えで大変分かりやすく丁寧に書かれています。申込書の解説まで書いてあり、ここまでしてもいいの?とも思いました。
海外口座に興味がある人にはお勧めです、これ一冊でオフショアに口座開けます。ただその先のどうやったらファンドが購入できるのかなどは知れ切れトンボになっていた感があり、次回作に期待します。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年8月28日
本も値段の割には綺麗でした。
初心者向けで読みやすく良かったです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2005年6月17日
 投資顧問会社の経営者である著者が、どこまで踏み込んだ情報を提供できるのか疑問でしたが、前半のオフショア銀行口座開設までは及第点です。某スーパーリージョナルバンクのオフショア部門の口座開設について、具体的に説明しており、この口座を開きたいと思う方には、絶対的な手引きとなるでしょう。開設したければ、自分の会社に相談しましょう、有益な情報は有用ですから年会費がかかります、といった宣伝になっていない点は好感します。
 でも、後半のオフショアファンドの説明はいただけませんね。オフショアファンドは、絶対利益を追求するファンドだから有利なんですって・・・。ちょっと待って、それってヘッジファンドのことじゃないの、と突っ込みいれたくなってしまいました。オフショアファンド=ヘッジファンドじゃないですよねえ・・・。
 ということで、某○○投資家シリーズを知らないか、知っていても紹介されていたオフショアバンクに飽き足らない方で、香港にも支店のある英国の世界最大のリージョナルバンクのオフショア支店に口座を作りたいという目的の方にはお勧めです。ただ、それ以上の情報については、なんだかなあって思います。投資については、某○○投資家シリーズの方がちゃんと教えてくれてますよねえ。
 話し違うけど、ぱっと見には、某○富豪シリーズと装丁がそっくりですね。どうでもいいですけど。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2006年4月13日
「自分を信じて進んでください」に共感します。情報は玉石混淆世の中に溢れていて、結局、投資でも何でも、行動を起こす際の最終的判断は個人にゆだねられているので、自分を信じるしかないのですよね。

本そのものに関して言うと、口座開設の情報が古いのと他のオプションが紹介されていない点のみ残念でしたが、オフショア口座開設の詳細にくわえ、簡単なファンドの仕組みや必要な英会話表現等が記載されていて、海外での資産運用の入門として大変便利な良書だと思います。

HSBCマン島支店に問い合わせてみると、日本人に対して投資を紹介できないと言われましたが、、元々銀行は手数料が高いので、同じファンドでも手数料の安く信頼のおける証券会社を仲介するのも手ですね。他のレビューにもありますが、所得税に関してだけでもオフショアの国は4種類に分かれますので、自分の需要に合う口座を見つけることが大事ですね。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2006年4月30日
以前からオフショアバンクに興味があり、昨年の株価値上がり益を海外に預けてみようと決心、この本に巡り合いました。悪戦奮闘約2ヶ月、

やっと口座開設メールが到着。さすがに英語がさっぱりな人にはハードルが高いと思いますが、地方都市在住の私でも出来たのはこの本のおかげです。著者も本のなかで、「そんな貴重な情報をタダ同然で公開していいのかと思うかもしれないが、是非資産を増やした後にアドバイスが必要ならコンタクトを」と述べています。大手書店の本棚に見当たらないのが不思議なほど、素晴らしい情報が詰まった本だと言い切れます。
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2005年7月24日
海外投資に興味があり、実際に口座開設の参考にしようと思い購入しました。この本の内容自体はまず最初にオフショア銀行の場所などを簡単に紹介した上で、HSBCオフショアの口座開設の仕方に絞って具体的にやり方を取り上げていました。読書後の感想としては、まったくオフショアの内容に知識がない人には、分かりやすく解説していると思いますが、既にある程度知識のある人には、正直物足りないと思いました。
ちなみに、この本で取り上げられていたHSBCのホームページからダウンロードで口座開設申込書を取り寄せる方法については、HSBCのサイトのデザインが変更されていて、取り寄せが出来なくなってました・・(本自体の改訂も必要と感じました。)
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2006年2月23日
この本を元に初めて、オフショアの口座開設まで、

何とかたどり着きまいた。

開設方法が少し変わっていたり、この本だけでは開設まで出来ませんが、自分で調べれば何とかできました。

皆さんもオフショア口座を持とう〜

アドバイスしまっせ。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告