Androidアプリストア Amazonファミリー ビジネス書大賞 Amazon Cloud Drive 入園入学ストア Amazon MasterCard summer_Bike Music ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick 父の日特集 梅雨対策特集 キャットフード・猫用品 5,000円以上購入で1,000円OFF Kindle Amazon MP3 硬式テニス HITOSHI MATSUMOTO ドキュメンタル シーズン2

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
30
5つ星のうち4.4
形式: ムック|変更
価格:¥2,052+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年9月28日
これまでに商品撮影のライティングの本は読んだ事が有りましたが、
収録されている機材がどれもプロ用の高価な物ばかりで、趣味のレベルで
揃えるのは難しいと思う内容でした。

クリップオンストロボを使用する場合に参考になる本は初めて購入しました。

大まかな内容は次の通りです。(目次より)

1.ストロボの基礎用語を知ろう
2.分野別実践テクニック
3.ワイヤレスライティング&ディフューズ撮影の応用
4.各社の調光システムとワイヤレスライティングの設定
5.製品ガイド

1では、各社のアクセサリーカタログや取扱説明書だけでは
イメージが掴みにくい動作モード毎の撮影サンプルがとても
参考になりました。

2では室内での人物撮影や屋外での人物・昆虫撮影のサンプル
クリップオンストロボを使った商品撮影の方法や撮影サンプルが
具体的なイメージを掴む為に参考になりました。

3では、高価で大掛かりなプロ用機材を使う事無く、バウンスや
ディフューズ撮影のサンプルが提示されており、ポートレートや
モデルさんの撮影などに取り組まれている方には、ライティングの
ヒントになるのではないかと感じました。
私は未経験の分野ですが、イメージを掴む事は出来ました。

4には国内メーカーを中心に、カメラの純正からストロボの専業
メーカー品までが紹介されています。操作パネルの表示の説明や
ワイヤレス設定の手順など、画像を交えながら構成されていますので、
判りやすいと思います。

5は、各社の現行の機材がシンプルに紹介されています。ストロボから
汎用の周辺機材(スタンド、ディフューザー、ソフトボックス等)
殊更、高額なアイテムが並んでいる訳では有りませんでしたので、敷居が
低く感じられました。
いま、購入できるアイテムの中から、お勧めの商品をピックアップした
と言った感じです。

中古本になって、プレミア価格になっている本を、無理に購入しなくて
良かったと思いました。
0コメント| 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年5月28日
RAWファイルで加工することが多くなっている昨今
クリップオンのストロボに関する情報が少なくなってきており
非常に参考になりました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月4日
これからストロボを買おうとしている人が、その検討も含めて、ストロボ撮影の全体像を理解するための本という感じ。その目的なら雑誌感覚でわかりやすい編集かと思います。しかし、タイトルの「完全マスター」という割には、やや内容が浅くもの足りない気がします。こんなことをすれば、こんな写真が撮れるというヒントになる程度のことはわかります。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月11日
で結局どこからフラッシュ焚いたの?
これですべてが終わる
焚き方を学ぶものである
但しどこから焚いたのかは書いてない
じゃあ何の本?ってなる
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月29日
クリップオンストロボにフォーカスした解説本が意外になく、大変重宝しました。様々な表現方法が紹介されているため、ストロボ購入検討されている方にも参考になると思います。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月17日
ニコンのストロボコマンダーSU-800を購入したので、勉強のために
買いました。

わかりやすいです。テーブルフォトについても詳しくかいてあります。

かなり応用の効く本だと思います。

ライティングの本は、今まで、モノブロックストロボを使ったプロ用の本格的な本しか
なく、あまり参考になりませんでした。

大事なことは、カメラ本体から離して、ストロボを使うことだとつくづく思い
ます。2灯撮影にしただけでも、できあがる写真は無限大に多彩になりました。
写真の質を決定するのは構図、絞りだけではないことが良くわかります。

レンズを新しくするよりも、ストロボ買ったほうがいい、というのも今は同感
できます。

ライティングの他の本を買うより、この本の内容を徹底的にマスターすることの
ほうが勉強になると思います。

なお、私はkindle版を購入しましたが、iPadで読むのに全く問題ありません。
今まで絵が多い本は紙のほうがいいかなと思っていたのですが、この本は、
問題なしです。場所を取らないし、探しまわる必要がないので、kindle 版を
おすすめします。ただし、iPhoneでは相当きついと思います。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年6月18日
ストロボの基礎と応用が書かれています。
持っているカメラのメーカー問わず勉強になるのではないでしょうか。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
TTL対応のストロボはカメラに取り付けて撮影するだけでも十分綺麗には撮れます。
でも、せっかく一眼とストロボを使うならもう一歩進んだ写真を撮りたいものですよね。そんな人にちょうどいい教本です。

「GNとは?」「調光補正とは?」「FP発光って?」のような基本から始まり、多灯ライティングやワイヤレスを駆使した撮影技術までカバーしています。
作例もちゃんと異なるライティングで撮影された写真が複数載っていたりするので参考になります。

ただ、基本的に多灯ライティング&ワイヤレスの組み合わせを多用しているので真似しようとするとそれなりにお金がかかります。
やはりストロボは多灯ライティングしてこそ真価を発揮するんだなぁ、と痛感しました。
とはいえ、バウンスやディフューザーを用いたクリップオン撮影の解説もちゃんとあるので、ストロボが一つしか無い方でも参考になります。
また「いつかは多灯撮影をしてやるぞ!」という気分にもなるので最初の一冊として十分オススメできるかと。

むしろスローシンクロやFP発光の必要性なども分かるので、ストロボを買う前に最初の章辺りを読んでおいてもいいかも知れません。
安めのストロボには↑この辺の機能がないことが多いので、あとで後悔するかもしれません。どのストロボがいいのか本書を参考にすると良いです。

余談ですが私は今回Kindle版を購入しましたが、この点はちと後悔しています。
やはり教本や雑誌の類はいつでも任意のページをパラパラめくれる紙媒体のが便利でした……。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2016年2月27日
全くのストロボ初心者ですが、ポートレート撮影時の参考にと思い購入しました。

私は、ストロボは普段使いにはあまり利用しないので全くの知識不足なのですが、
この本は、基本知識からテクニックなどの応用まで初心者にも解り易い内容でした。

この本の内容ですが、
 Gallery 魅惑のストロボ写真
 ・Chapter1 ストロボの基礎用語を知ろう
 ・Chapter2 分野別実践テクニック
 ・Chapter3 ワイヤレスライティング&ディフューズ撮影の応用
 ・Chapter4 各社の調光システムとワイヤレスライティングの設定
 ・Chapter5 製品ガイド
と、各Chapter毎に詳しく掲載されていました。

ストロボ撮影での成功例や失敗例の比較写真及び説明書きのおかげで解り易かったですし、
分野別実践テクニックの項目では様々なシチュエーションでの撮影法やテクニックなど勉強になりました。

インターネットでの情報収集や様々な中古書籍等を購入しましたが、初心者にも堅苦しくない内容でしたし、
もっと早く手にして勉強しとけば良かったと思いました。
私にとって、ストロボ撮影及びポートレート撮影の参考になったので購入して良かったですね。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年11月7日
EOS 5D3を使用しています。ストロボレスですが、高感度に強く風景や飛行機などの被写体がメインだったので、ストロボは必要ないかと思っていました。
使い慣れてくるうちに、結婚式や室内の動物撮影など、被写体の範囲が広がり、暗所でのシャッタースピードが必要となりストロボが欲しくなりました。
今まで内臓ストロボしか経験がなく、インターネットで情報を仕入れましたが、やはり自分は画面より本で学ぶスタイルが合っていたので、Amazonをチラチラと物色。

本書の中身は見られませんでしたが、表紙の項目(各社の調光システム完全攻略など)にひかれ、値段も安すぎず高すぎず、それなりだろうな〜という理由で購入しました。
結果、大満足です。まぁ自分がキヤノンを使っていてスピードライト430EX2が欲しかったので、それについての解説が出ていたからって事もあるでしょうが、
サードパーティー製のストロボも掲載されていますし、なによりストロボ初心者にとって作例が豊富で、成功例、失敗例の対比がわかりやすい。

ストロボ購入前後で大活躍しています。ストロボも新しい物が出てしまうとこの本の魅力が減ってしまうので、ストロボが今欲しい!という方におススメです!!

追記) ポートレイトはモデルさんの美しさに目が行ってしまって、自分には向いてないな〜と痛感…しばらくは動物でいいや(笑)
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告