Androidアプリストア Amazonファミリー Prime Student 2,000円クーポンプレゼント 9000 ポイントアップチャンス 事前にエントリー nav_flyout_biss nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 対象の日用品まとめ買いで30%OFF 新生活ストア2018 Echo Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 ドキュメンタル シーズン5


2012年12月27日
序章を読み始めると、いつもとは異なる文体と一人称に戸惑いを覚えるかも知れませんが、
一回最後まで読み終え、再び最初から読むとその理由が分かる仕組みになっており、
前作、前々作のような派手なバトル(?)は無いものの、ところどころに小さなひねりや謎、
伝鬼たちとの距離について悩む出雲の姿といった描写を盛り込むことによって単なる
『温泉回でキャッキャウフフ』で終わらせてはいません。

全身を表に出さないダイダラボッチの動きから、人間にとって妖怪や伝鬼たちが
畏怖の対象であるのと同様に、彼等もまた人間を畏怖の対象とみていることが分かります。
確かに、現代に浜乙女のCMみたいな奴(分からなかったら検索を)がいきなり現れたら
混乱が起きるでしょうから。

また、行間から何となく見えてきたのは、理由は分からないが、出雲が
『誰もがなれるわけではない選ばれた存在』であること。そして彼の誕生日である
四年後の四月一日が何らかのXデーであるということでしょうか。
それに、同学年の舞佳・美雪(そして今回出番がなかった安部も含め)は
出雲より少し年上であることも、今後のストーリー展開において重要なファクター
なのかも知れません。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年10月19日
キャラ物です。間違いありません。
一巻目のレビューでも言いましたが、キャラ物であることを否定はできません。
主人公と美少女の姿をした都市伝説や妖怪(まぁ、違うのもチラホラいらっしゃいますが)がワイワイと出てくる、そういうライトノベルです。
しかし今回は(別に前回までが面白くなかったわけではありませんが)良作だと、はっきりと言えます。
内容は主人公がいつも通りのメンバーと山奥の旅館に旅行し、そこでも都市伝説や妖怪と遭遇し、しかしその旅館にはある秘密が・・・という触れ込み通りでした。
決して押し寄せるような感動はありません。ただ誰でも理解できる、安易な、ご都合な、だからこそホッとする物語です。
こういう作品もたまには良いと思います。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています


カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック