Androidアプリストア Amazonファミリー Prime Student 本10%ポイント還元 9000 ポイントアップチャンス 事前にエントリー nav_flyout_biss nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 対象の日用品まとめ買いで30%OFF 新生活ストア2018 Echo Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 怪盗グルーのミニオン大脱走(吹替版)



2011年3月26日
今までで一番分厚い巻でしたが、内容はかなりスラスラと読めて、気がつけば後50ページぐらいしか残っていませんでした。
ファントム・バレットはシリーズ中最高の出来でした。
アニメ化していないライトノベルでトップクラスの面白さを誇っていると思います。

次のマザーズ・ロザリオに期待です!!
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年11月10日
おそらくアニメで放送はしないだろう話しなので気になり購入:普通に面白かったです。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年9月18日
ついにGGO終結。説明セリフ、描写が特に多かったので、別の意味での読了感もあります。
ただ、説明をかなりしていたのにも関わらず本編がこんなに面白いのはすごい。作者の力量を感じた。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2011年1月22日
世にオンラインゲームが出始めた頃といえば2000年くらいだろうか。その頃にはインターネット回線がISDNからADSLに代わり始め、パソコンでの常時接続が定番となった頃とほぼ同時期にソードアートオンラインという小説が始まった。当時は2Dの画面で動かすMMOなどが多く、グラフィックの進化というものが求められ、いずれこのソードアートオンラインのような世界がくるのではないかと期待と希望を胸にするのである。
このファントムバレットはそのMMO一強だった時代も他のジャンルが勢力を伸ばしてきた一角、FPSゲームに着眼を置き、ソードアートオンラインならではの現実とゲームを融合するリアルさが出ていると思われる。この小説はオンラインゲームをやっている人すべてに好まれるものであると思う。この6巻は特にFPSゲームをやっている人にはたまらないものであると断言できるだろう。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年11月14日
子供用に購入しました。気に入って読んでるようです。違う号を購入すると思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年4月27日
こちらも先ほど記載した通りにカバーも問題なく話も面白かったです
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年11月11日
とくにもんだいなくよめるし、汚れも少なく状態もよかったです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2010年12月11日
かってアインクラッドでレッドギルド「笑う棺桶」のメンバー三人の人間を殺したキリト
新たな仮想世界で、その生き残りと再会することで、あの時の悪夢をよみがえらせる。
一方、同じように過去に苦しむ少女シノンとの出会い
彼女と共にバトルロイヤルに参加し、ついに謎の殺人者であり、レッドギルドの「笑う棺桶」の生き残り死銃と対峙する。
しかしキリトの努力もむなしく新たな犠牲者が出る中で
シノンを守ろうと戦うキリトは、彼女に自分の目的と過去を明らかにする・・・。

こんな展開になりました。
せっかく美少女と見間違うばかりのアバターを手に入れたのに、期待した男の娘モノのような展開がないとか
せっかくの設定を充分に生かしていないとか
それに少々、物語の展開が安着すぎるとか感じてしまいます。
ここから先はネタバレになるので止めときますが。
とにかく私はせっかく敵の正体を隠したのだから、もう少しミステリー性があった方が面白かったのではないかとか
考察の余地をもう少し入れられたはずなのに、どうして入れなかったのだとか、少々、納得がいかない部分もありますが。
それを言えば、この作品はアクションかサスペンスであって、ミステリーではないと反論が出てきまいそうです。
結局、この辺は好き好きでしょう。

キリトとシノンの二人が、過去にどう折り合いをつけるか
そしてその真逆の存在として死銃の存在があり、彼がどういう末路を辿るかは
この作品のテーマに繋がる重要な点です。
作者はこの中で、自身の過去を受け入れる事の大切さを語っているのだと思います
こうした点を読み取っていただければ幸いです
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年8月12日
この巻は9割戦いでした。アリだと思います。
また、いつもはキリトだけの活躍が目立っていましたが、
珍しく新ヒロインのシノンが活躍していました。それもかなり。

また、この巻では2人が過去に追った心の傷に対する葛藤が描かれています。
悩みに悩み、答えを探し戦う、いつもとは一味変わったキリト君が見れたと思います。

そして死銃との直接対決、シノンも置いてけぼりにされずしっかり戦ってました。
過去と今、二つの現実と同時に戦うキリト君の心理描写には、
とても熱くさせられました。

また全てが終わった後で、シノンが過去に向き合って、
現実で新たな一歩を踏み出すシーンにも感動しました。

大変満足のいく巻でした。戦闘シーンが多い方が個人的に好きなので、
この巻が今までで一番気に入りました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年7月31日
おもしろい。自分SAOを全巻読んでいますが5巻と6巻はその中でもずば抜けて面白い。
仮想世界でありながら、ここまで緊迫した状況、ストーリーを展開できるのは川原先生のすごさだと思います。
文章はとても読みやすくスラスラと頭の中に入ってきます。
それでも読みごたえはありました。何より分厚い。最高ですこの分厚さ。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告