Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 クリスマスに贈りたい本 SOS1216 Amazon MasterCard nav_flyout_biss ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 大掃除特集 DIY・ガーデニング 大掃除特集 Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン4

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
5
関東戦国史 北条VS上杉55年戦争の真実 (角川ソフィア文庫)
形式: 文庫|変更
価格:¥907+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

2017年2月28日
戦国時代は、関東の享徳の乱(1455〜1482)に始まり、小田原合戦(1590)にいたる約150年です。
戦国時代といえば信長や秀吉が取り上げられますが、それは戦国時代の終盤の15年にすぎず、
関東における上杉と北条の抗争こそがまさに戦国時代なのです。
この書を読み進んでいくと、上杉と北条と武田の大勢力の三つ巴の戦いに加え、
独立を守り抜いた里見と佐竹といった二大国衆がおり、
これらの五つ巴の戦いに翻弄され右往左往する幾多の弱小国衆たちと息つく暇もない
変転の歴史が展開されます。
教科書で習った日本史とは全く異なる世界がここ関東で展開されていたことに驚きます。
東国は本当に面白いです。
0コメント| 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年6月7日
いいですねー。まさに戦国時代の複雑な模様を丹念に書き込んでいますので、参考になりました。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年9月11日
序文の中にはいささか強引な部分もあるけれども、本当の関東の戦国時代をざっくり知るにはとても良い本ではあると思います。
ただ史料の引用がほとんどなく、著者の方が自分の言葉で(当然現代語で)語っていくので、コアな人には向かないかもしれません。
自分としては「もっと史料を引用して欲しかった」というのが本音で、星4にはしましたが本当は星3.5くらいです。
自然、読みつつ自分であれこれ考察するには向きません。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年8月25日
戦国時代の西関東を南北に二分した小田原北条氏と山内上杉氏の争いを国衆の帰趨という視点から概観する好著。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年2月26日
北条氏と「上杉」氏の55年史を、戦国大名と国衆たちの文書を読み解きながら描いていく。平板な記述が繰り返され退屈な部分もあるが、面白かったのは、甲相駿三国同盟の14年間だ。

当時、三国は武田晴信、今川義元、北条氏康の下で、広域の戦国大名へと成長する過程にあった。侵攻方向を定めてその後背を固めるのが常道とすれば、この3人にとって答えは明らかだったのだろう。武田は北の信濃へ、今川は西の三河へ、北条は北関東や東関東へと領土拡大を進め、やがて北方の「上杉」謙信が共通の敵として現れてくる。

これは国際関係論的に言えば、信義や共通の価値観に基づく同盟ではなく、打算による攻守同盟である。よって、利害関係が変われば同盟は崩壊していく。武田氏が川中島までの支配を確立し、その北の越後への拡大は不可能とわかってくる頃、南では今川義元が桶狭間に倒れ、自立した徳川家康の勢力が三河から遠江へと伸びてくると、武田信玄は嫡男義信の事件を機に駿河侵攻へと舵を切り、北条氏康は今川氏真を擁護・接収する立場をとる。氏康は今度は上杉謙信との同盟に踏み切るが、打算の関係には力の論理しかなく、今川滅亡後は北条氏が相対的弱者として攻められる側に廻っていく。

結局のところ、関東では広域大名に比べ国衆の力が強く、北条氏や上杉氏の間で国衆たちの離合集散が繰り返されるばかりで、誰も関東を制覇することができなかった。近畿と中部を制覇した織田氏にできたことが何故北条や上杉にはできなかったのか、そこには配下に置いた武士に対する統制のあり方にもあるような気がした。
0コメント| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告


カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック