Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 クリスマスに贈りたい本 psm Amazon MasterCard Drive_Recorder ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 大掃除特集 ペットのクリスマス Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン4



2017年2月19日
非常にとっつきやすいです
まあ、内容は道徳の基礎という感じ
模範的生徒のありかたというか・・・
模範的素晴らしい人間とはみたいな
ただ、いちいち知識しかもってない奴はだめだと
それを上手く使いこなせて初めて教養人だと
要所要所で人を見下す感じの内容が
翻訳の仕方の問題なのか知らないが鼻についた
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
ベスト500レビュアーVINEメンバー2010年11月20日
 中国の偉人・孔子の言説を弟子がまとめた書物『論語』は、殆どの方が、高校での国語の授業で初めて学ぶのではないでしょうか。
 私もそうで、「暴虎馮河」という四字熟語の由来になった孔子と弟子・子路の逸話や、有名な「友遠方より来る、また嬉しからずや」等の4,5つ程の文章を学びました。
 特に子路の言動からは、その子どもの様に率直な面白い人間性が伝わってきて、「孔子の弟子と言うと、真面目で学者っぽい人ばかりかと想像していたけど、こんな豪放磊落で武人肌の人もいるんだなあ」と印象深く覚えています。

 このビギナーズ・クラシックスの『論語』は、第一部・孔子の生涯、第二部・『論語』のことば、と大きく二部に分けて構成されています。その第二部の五章目では、孔子と弟子たちの逸話が沢山語られています。孔子の弟子のひとり、伯牛が、間違った知識から当時激しい差別の対象となっていたハンセン病に罹ってしまった時の、師匠・孔子の温かい振る舞いには感動させられます。
 
 孔子の弟子たちは個性豊かです。一番弟子で人格者の顔回、頭の切れる天才肌の子貢、勇敢で気が大きいため怖じけず何でも質問して、よく叱られる子路(笑)・・。
 また、「先生の理想の道が不満なのではなく、自分はその道を実行するのには力不足なのです」と言って、「お前はそうやって勝手に自分に限界を作っている」と叱られるぜん求は他人とは思えません。弟子の中に自分と似たタイプを見つけると、『論語』は俄然面白くなりますので、弟子編から入るのもよいかもと思います。私も贔屓の子路が出てくる所だけ拾い読みしたりします。

 孔子の思想、言葉、そして、不完全な人間である弟子たちが、師匠の説く高い理想の道を行く時に生じた困難や迷い、またその苦難の中で生まれる充実や幸福などを学ぶことは、現代に生きる私たちにも非常にためになると思います。

 『論語』は他の出版社から出ているものを2冊程読みましたが、本書は著者が中学生のお孫さんに聞かせる気持ちで書かれた本というだけあり、非常に平易で、今までに読んだ『論語』の中で一番読みやすいものです。
 初めて読むという方には特に本書はお勧め。ぜひご一読を。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年3月12日
原文、書き下し文、現代日本語訳が対比されていて、漢文/論語初心者にもわかりやすく解説されお勧めです。
小人=知識人=知識だけがある人
君子=教養人=知識+道徳のある人
と言う説明にはなるほどと思いました。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年10月15日
学校で習った時にはとにかく難しいという感想でした。

社会人になって自己啓発でいろいろ読み漁っていた時、

論語は役に立つという読者コメントが多かったので、

分かりやすく訳と解説が載っている本を探して

この本にたどり着きました。

感想:分かりやすく面白い!(←本当にこれだけで表現できます)

ビギナーズ・クラシックスシリーズの別の本(日本古典)も

購入して読んでいます。

学生さんにオススメです♪
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年12月3日
非常にわかりやすい本で電車の中でも小さいので読めます。
一気に読むよりは気が向いたときに数ページ読んでいる状況です。
有名な古典なので一回はかじったほうがいいと思います、
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年7月16日
孔子の人生、弟子たちの特性も交え、とても分かりやすく語られた名著と思う。
じっくり時間をかけて読みたい一冊。
Kindle版のため、毎回開くたびに前回の続きが開かれ、非常に読みやすい。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年2月3日
論語について触れてみたく、ビギナーズと書かれているところにひかれ購入。
読者に語りかけるように論語について教えてくれるため、理解はしやすいが、
題材の奥深さゆえか、ところどころ読み返さないと染みこんでこないようなところがある。
さらっとは読めないが、学びたいという意欲のある人ならきっと読破できて理解が深まる一冊。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年10月28日
大変分かりやすく最後まで一気に読めました。お気に入りの言葉もでき、何度も目を通しています。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年11月13日
親が子供に話すように、、、著者はそのように書いているそうです。
実際、何冊かの論語の本を手にしましたが、解り易いです。
孔子と弟子との関係や旅先での苦労話など、目に浮かぶようでした。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年2月4日
このタイトルからするといかにも,論語をわかりやすく訳した本と思いがちだが,そうではない。孔子についての人生やその弟子たちの人となりが詳しく書かれている。私自身も最初は訳本と思い買ったため,読みはじめは少々がっかりしたが,逆に論語を読むうえでの背景を知ることができ,より論語について詳しく読めるようになった。
本の後半には,テーマごとに論語の内容がまとめられており,それについて筆者の考察も書かれている。ビギナーズクラシックスという名のとおり,漢文を読むにあたって一度この本を読んでおくと,その後の漢文ライフを楽しめるかもしれない。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告

カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック