Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 クリスマスに贈りたい本 psm Amazon MasterCard Drive_Recorder ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 大掃除特集 ペットのクリスマス Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン4



2017年11月3日
自動販売機だけが先行してた話題作ですが
実は自動販売機こそが女性の理想とする主人公だという事に途中で気付きました
女性の最高の男性像であり男性からまったく嫉妬されない自動販売機が主人公の作品なら
ヒットしない理由がないですね!
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年11月29日
自販機転生ということで巷では名の知れた作品でしたが、一体どんなストーリーなのかと気になってポチりました。

その名の通り自販機に転生し、設定された言葉しか出せなかったり自力で動けないというハンデはありますが、そういったハンデ克服も含めて楽しめる作品です。

当然自我はあり、主人公が「現世で買ったことがあるモノ」ならなんでも出す、または販売することができるというおもしろ能力をもっていて、その能力で様々な問題を解決していきます。

ちなみにステータス要素があったり結界(ポイント制)が使えたりと、ファンタジー異世界要素はかなり強めです。

但し、現世での主人公は自販機マニアを自称していますが、自販機に対する思い入れについての描写が非常に弱いため、レア自販機の話になるたび、異様に説明っぽいというか取り繕ってる感じになってしまいゲンナリします。
せめて大学の論文テーマして国内の自販機を制覇したとか、思い入れについての説得力は必須だったのではないでしょうか。

戦闘になるたびにレア自販機の説明がお約束になってしまうので、2巻以降は段々キツくなるんじゃないかなぁと思います。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年4月12日
私も自販機好きだが作者はもっと好きだろう。
主人公は自販機であり、話さないし自分で動けない。自販機としてものを売ることで主人公は強くなれるといった設定だ。
様々な制約がある中で中盤と後半にかけて大きく2つの盛り上がりを用意したのは作者の力量か。最大限設定を生かしきった感はあるが、やはりそれでも自発的に動けない主人公は魅力に欠けた。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年8月10日
 『小説家になろう』でウェブ版を読んでみて面白かったので、応援のような気持ちで書籍版を購入。
 細かく読み比べたわけではないですが、書籍特典的に書き加えられた公衆浴場シーンの他、プロローグが変更され、あるキャラクタとの最初の出会いがウェブ版と少し変わっているようです。それら以外にももしかしたら違いがあるかもしれませんが、気が付きませんでした。
 ただ、話の基本の筋はもちろん同じなので、ウェブ版を読んで十分満足しているのなら、わざわざ書籍版を買う必要はないのではないかと思います。ウェブ小説の書籍化全般に言えることではありますが。ファンアイテム的な位置づけになるのでしょうかね。
 無論、ウェブ版を読んだことのないまま、興味を持って書籍版を手に取ろうとする人は、新鮮な気持ちで楽しんで読めますから、何の問題もなくおすすめです。

 挿絵については、ハッコンに目が付いているのが個人的にはちょっと、と言う感じです。あくまで読者に向けた分かりやすい感情表現であって、作中のキャラクタがハッコンに目があるように見えているわけではないそうですが、それでも、目までつけるとキャラクタ性が過剰のように感じました。「無生物に転生してしまった主人公」というのがこの作品の大きな特徴なのですから、絵としてあまり栄えなくても自販機はなるべくそのまま無機的な自販機でよかったのではと思います。感情表現はフキダシで別に付けるとか。
 とは言え、ハッコンがそこまでしょっちゅうイラストで出て来る訳ではないですし(メインはとうぜん女の子たちですからね)、作品の印象が大きく下がると言うほどではないです。個人的にちょっと残念、くらい。

 あとがきは、まぁ、なかなか。明るく楽しい本編の後でそのまま読むと、作者がウェブ小説を書くようになったきっかけ、結構びっくりするへヴィさがあります。人によっては「そう言うのは知りたくなかった」と気分がへこむかもしれません。少しお気を付けください。
0コメント| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年9月3日
転生ものはかずあれど、
最早、生物ですらないところが面白かったです。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年2月23日
面白かったです。
なんだろう思考実験の基本的な教科書みたいな感じです。
最後の小説を書くに至ったことがらは私は大変有意義だと思いました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年8月3日
なろうで評価を受けて選ばれて本になっただけのクオリティはある。
主人公が自動販売機で、自動販売機の機能を越える行動はできないという縛りが新鮮。
もっとも「イケメンなのに自称モテない主人公」に対抗してというようなことが後書きに書かれてたけど、自動販売機なのに出てくる女の子みんなにモテモテなのはやっぱり腹立つよ?(笑
メインヒロイン、ラッミスの胸の大きい怪力バカ少女という設定に萌えました。
でもって、それがなんで、「いらっしゃいませ」、「ありがとうございました」とか合わせて5つのセリフしか言えない機械にラブするのか、そのあたりがファンタジーです。
残念なのは、もっと自動販売機にこだわりを持って欲しかった。
機種名やメーカー名、内部構造や機能などにウンチクとこだわりが弱く、それがなければ星5つでしたのに。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年8月30日
原作の内容は硬派で、メインヒロインがこんな破廉恥な服を着ているという描写は一切ない。
こういうイラストの傾向はどうにかならないものか。売れている小説の多くはエロさのないイラストであるという事実を、編集者はもっと考慮してほしい。
自分はWEB版のファンだが、この原作改変のせいで商業版を買うのはやめた。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告