Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 クリスマスに贈りたい本 SOS1216 Amazon MasterCard nav_flyout_biss ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 大掃除特集 DIY・ガーデニング 大掃除特集 Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン4



2017年9月28日
お母さんがヒロインというアイデアは良いと思うし、ストーリー全体としては無難にまとまっていると思う。
しかし、如何せん表現力の低さが気になった。
描写不足は新人ゆえと見逃すにしても、大して量が無いにも関わらず地の文のテンポが妙に悪くいちいち読みづらい。
流石にこれはあえてだとは思うが、基本三人称の地の文にちょくちょく一人称が混じる形式も面白さに貢献出来ていない印象。

笑いどころも、数多く設置されてはいるものの数が多いだけだと感じた。
まずそもそもとしてあまり面白くないとの、何より不快感が先立つ。
主人公が酷い目に遭うのを笑いに繋げるタイプが多いが、何も悪くない主人公が酷い目に遭うだけなので普通に引く。

どうにも主人公が周りから理不尽に責められているように感じるのもマイナス。
下手に主人公の好感度が高いだけに尚更気になった。
この手の笑い、ストーリー展開にするなら、主人公にも一定のマイナス要素がないと駄目だとよくわかる。

逆に言えば、主人公は好感度高く描けているのだが。
というか、基本的にキャラの好感度自体は概ね高かったように思う。
それが、ストーリーの都合によって歪められていた印象。
作劇上マイナス展開を用意する必要があるのはわかるが、それを上手く扱えるだけの技量がなかったのか。

発想力一点重視ということであれば大賞受賞もわからなくもないが、少なくとも現時点では大きく平均を下回ると言わざるをえない。
とはいえパッと見で目を引く発想力があるのは間違いなので、今後に期待というところか。
正直、ギャグセンスを相当に磨くか、いっそシリアスに振るでもしないと厳しいような印象だが……。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年1月25日
母親同伴で異世界転移ってアイデアはおもしろかったですが、結局内容は他の異世界転移ものとそれほど変わらないです。主人公パーティーのヒロインに母親が加わっただけで、見たことがあるような設定にとってつけたような展開が続きます。
息子が大好きすぎる母親の設定もよく見る設定で、それがこの物語では前面に押し出されているだけで、別に母親キャラに目新しいものがあるわけでも、驚くようなことがあるわけでもないです。
それと文章があまり上手くないです。地の文が少なく描写不足。コメディ小説だしセリフの勢いで読ませようとしているのかもしれませんが、別にキャラの掛け合いがおもしろいわけでもなく、盛り上がるわけでもありません。
大賞がでないこともあるファンタジア大賞ですが、やはりKADOKAWAに吸収合併されて以降も電撃あたりと比べると文章力にしても物語の展開のさせ方にしても微妙な作品が多いと思います。今作も大賞を受賞するほどおもしろいとは思いませんでした。
0コメント| 103人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年1月30日
お母さんがヒロインという設定に惹かれて購入し、とりあえず読了した。…が、正直全くこの先期待できない。まず世界観がふわふわすぎ。そこはギャグですからなどと言われそうだが、ギャグテイストと銘打つほどギャグ要素があるわけでもない。白瀬に至っては最初から最後までキャラが立ってない。お仲間は2人だが、お母さんありきの作品。でも、まぁ、ママンは好きですよ。絵師さんのファン、もしくはママン好きなだけの人は回避推奨。
0コメント| 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年3月25日
タイトルが尖りに尖ってるだけあってジャケ買いみたいにタイトル買いしてみました。
読んでみたら拍子抜け、そこそこ普通のファンタジー物のラノベ
タイトルが尖りまくってただけあって期待を裏切られた感が満載でした
某小説サイトの作者の現実逃避のための自己満作品にならないよう祈る
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年4月5日
所謂現実とは別の世界に移って・・・という、今となってはありふれた展開。
しかしながらタイトルにある様な出来すぎた能力を有するのは主人公の母親。
と言う事の様だったので、余り期待はしないながらも、
母親をどう扱うのかに興味がわいたので読んでみました。

異世界への転移が主人公と言うよりは、子供との関係をよくしたい母親のため、
その点はアイディアとして良いと思ったのですが、肝心の内容がアイディアを全く活かせず
話は平坦に進み、何ら掘下げるものが無いままに終わってしまいました。
文章としてもラノベでよくある無理をして修飾してあるとか、回りくどい表現はないのですが
文章力という点で雑然としていて読むのが苦痛でした。
読んでいても内容がないもので、かと言ってコメディで笑いを取ろうとしても上滑りしてしまった印象。

どうやらまたしても表紙イラストによる詐欺紛いの商法に引っ掛かってしまったようです。。。
極力避けるようにはしているのですが、母親を持ってきた所で、ついアイディアへの興味がわいてしまいました。

それにしてもこれで大賞作品と言うのは非情に問題あるのではないでしょうか。
出版社、選考審査員といった所の、良い作品、良い商品を送り出そうとの良心が疑われます。
尤も、大賞作品というものはラノベ界に限らず案外外れの確率が高い様に感じられてなりません。

あろう事か、続巻が刊行される様なので、物語性を多少大事にして選ばれる方にはお勧め出来ないと注意させて頂きます。
0コメント| 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年1月25日
タイトルやイベントなど、内容以外でとにかく話題になった作品
着想はおもしろいと感じたが、肝心の内容は、案の定、とても酷かった
「ゲーム」の設定は、特定のURLにアクセスするだけでファンタジー世界に転送され、その他、細かい部分は「機密」の一言で済ませて何でもあり
母親と子供がペアで参加して、世界最強クラスの装備や特殊能力を持った状態でスタートして、タイトル通りに主人公の母親が無双するため、ゲーム的な困難はほぼ皆無
必然として、親子関係(仲良くなる&すること)がテーマなのは序盤から示されるのだが、主人公の母親の設定にリアリティが欠片もなく、それも破綻している
人によっては登場人物の誰かに共感できるかもしれないのが唯一の救いだろうか
取り立てて大きな問題のない主人公母子に代わり、大きな問題を抱える訳あり娘2人もPTに加わるが、その内の1人は最初から最後まで完全にペットポジションでほぼ空気
ストーリーには盛り上がりがなく、PT娘とのラブコメ?シーンや、無駄なサービスシーン(「10代に見えるアラフォー実母」設定のためとても気持ち悪い)を多用しながらクライマックスまでお茶を濁し、肝心のクライマックスでは完全なご都合主義で状況を打破したあげく、PT娘たちの抱える親子問題は未解決のまま
一応ラストに、冒険を通して主人公母子が得られた思いなどを語っている場面があるが、どれだけの読者がこれに共感し納得できるか、非常に怪しい
なお、既に続刊が決まっており、2巻は2017年春発売とのこと
これを大賞に選ぶ理由も強気に販促する理由もさっぱりわからないが、それだけの自信作ということなのだろう
人柱になっても後悔しないという人だけ買うのが良いと思う
0コメント| 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年4月27日
話題と表紙のイラストで購入。読み終わった今は金を返せと言いたい。全体的に中途半端。文章はショボい。キャラもいまいち性格が受けにくいタイプが揃う。(ツンデレもツンデレに微妙になりきれていない) 無料で読めるなろうでも、圏外レベルだと思うのだがなぜ書籍化できたのか不思議なレベル。母親同伴というアイデアは良いが、他にもやりようがあっただろうと思う謎の展開。露骨なサービスシーンを入れてくるあたりで怒りが有頂天だった。口に出して卑猥な言葉を連打するな。AVで生計を立てて息子を育てたのかこいつは? よく我慢して最後まで読んだと思う。
どんな小説も何かしらよい点。グッと来る点があるものだが、皆無。
もう実力が見えたので今後買わないので評価しないが、話題と表紙で買った人も、気づいて巻数が増える度に売り上げは下がると確信して言える。
言いたいことは、迷ってる人は買わないのをおすすめする。私と同じ間違いをしないでほしい。面白い作品はこれ以上を求めるなら腐るほどある。中古も溢れるだろうし、お金の無駄はやめましょう。ほんと久しぶりに買って損した!!!
0コメント| 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年3月22日
キャラの言動が不明で、ギャグが寒く、エロを回避し、ついには何も残らなかった作品。
作者の人格否定ではないことを先に言っておくが、中学生の女の子が書いているのでは(それか人工知能か)と疑うほど、面白くできるポイントを全て逃している点は逆に驚きである。
ギャグでは「あ、そうだ。マイナンバーカードあるけど見る?日本人だって速攻で証明できちゃうけど」、、、くだらねええええええ、昨日今日知りたての言葉を使いたがる小中学生か君は!?に始まり、というか全てに対して改善案を出せるほどのレベルの低さ。
「火力とコンロ」というつまらないネタは繰り返すくせに、「母が子どもを見つける能力」の三回目で暴力による天丼をせず笑いを逃す失態。
エロに関しては、母の言動が年増すぎて全然エロくならないことに加え、ワイズの「その拍子にスカートがひらひらして、チラチラしやがってるのだが」じゃねーよ、もっとガン見するか、パンツのシワを描写するか、作者性欲ないんかってツッコミたくなるほどの病みの深さを感じた。
 あと、シーンの移り変わりの描写が下手過ぎて、気がついたら街から森にスリップしていたり、バグやチートについての知識も薄く、それバグじゃねーよってツッコミたくなり、ついにはディスプレイに「プログラム言語」がという文章が出てくるの始末(あれ、流れる大量のログね)。
ラノベでファッションショーすんなよ、とか、あるプレイヤーに対して「ゲームの中で調子こいて、ご自身の趣味と願望を丸出しにしてしまった方です」ってええやん、オープンワールドってそういうもんやん、女パーティ組んだり、もしくはネカマプレイするもんじゃん、ってまあ、もう既に長文なのでこの程度にしておきますが、ツッコミどころはほぼ全てにあります。(物書きに準ずる人は、添削して自分だったらこう書くなっていうトレーニングが脳内で勝手に始まってしまいます。それもほとんど全てに対して。)
とここまで批判しましたが、「耳をすませば」の雫ちゃんの処女作だと思えば、最後まで読めないこともありません。自分の作った作品の才能のなさに落胆し、それでもやりたくて、どうしようもなくて、次の作品を書いていくものだと思います。
0コメント| 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年2月2日
見出しのとおりでした。設定は面白いと思うけど、それ以上でも以下でもなく。キャンペーンだったり話題になるキャッチーさはありますが、心に残るようなものはなかった印象。文章も読みにくく。言葉は悪いですが、商売になる設定で受賞した感じですね。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年7月30日
タイトルはインパクトあるんだけど、ストーリーが平板。
しかも、お母さんがメインじゃないし。
小説家になろう、とかに比べると色んな意味でアクが薄い感じ。
出版社が咬むとこうなっちゃうんだろうな。
第二巻と一緒に買ったけど、二巻目は積んだママですわ。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告