Androidアプリストア Amazonファミリー Prime Student 本10%ポイント還元 9000 Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 対象の日用品まとめ買いで30%OFF 新生活ストア2018 Echo Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 ドキュメンタル シーズン5



2013年6月2日
双子が互いを思いあっているのがよくわかり、おもしろいし感動もした。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年4月1日
このシリーズを通して共通しているのは「不遇に身を置く少女を救う」「素直になれないヒロイン」という点。
テンプレートではありますがたのしく、なかなかさらっと話が進まずもどかしさを感じつつ、けれど心地よい感じで話が進んでいたのですが……今回は、いささかキャラの掘り下げが浅い。だから感情移入しにくく、後半の二人の「相手を救いたい」という要求もさらっと流れてしまい、見せ場の戦闘も楽しむことができませんでした。とても惜しいと思います。

今後に期待を込めて、辛めの星三つとさせていただきました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年9月22日
そろそろ問題を解決したキャラ、特に四がつく子など、空気化してきましたね;
まぁ、いつかは出てくるでしょうけど。
ここまで、女の子増やしてどうなるんでしょうかねこの本は…

でも、自分的にははやく狂三さんがでてほしいですかね(だってかわいいしww

                
で気になることがあるんですが、令音、鳶一折紙、狂三、四糸乃、五河琴里、八舞、十香でつぎは美九と。
メイン(?)きゃらには数字が入ってるのには、なに関係があるのでしょうかねぇ〜?
てかたぶんあるんでしょうね、作者の遊び心とか作者の遊び心とかetc…

となるとあとでてないの2と6と7なのかな?
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年8月24日
今回は双子精霊ちゃんによるドタバタに巻き込まれ、ラブコメるお話しです。
いつものように読みやすく、新キャラもかわいかったので概ね満足です。

ただ、オチというかヒロインの落とし方が今回は雑に感じられました。
もう少しヒロイン達が主人公に惚れるシーンや心情を掘り下げて欲しかったです。

なので☆はマイナス1ですが、面白かったのと伏線に期待で☆4にしました。

他に作品として気になったポイントを二つ。
「ISのようなヒロイン連打による自転車操業」
「禁書目録のような問題解決済ヒロインの空気化」

お話のコンセプトが「精霊を恋させて世界と彼女らを救っちゃおう」なので攻略対象が増えるのは当たり前なのですが、ワンパターン化しかけているところが心配です。
今回は新たな人物・組織が出てきてたので、彼らが単調化を打開して物語を深めてくれる伏線になってくれることを期待してます!

あとエロと変態は紙一重…あんまりタガを外し過ぎると引いちゃう読者もでてくるので上手い塩梅を。折紙さんあなたのことです。

厳しいことを書きましたがヒロインたちもかわいく魅力的ですし、物語もしっかり動いて次を期待させてくれるくらい面白いので気になった方は是非読んでみてください。
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年2月15日
僕はこの巻がデートの中で一番好きです。
今巻は、士道が精霊を攻略するのではなく、二人の精霊に士道が攻略されます。
双子の精霊は掛け合いがすごく面白いし、終盤になると感動的な話になっていきます。
ただ、この話は、作品内であまり公になっていない話なので、今までの精霊は出てきません。
しかし、それでも十分面白いです!
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年1月13日
(若干ネタばれあります)
八舞の名を持つ双子の精霊がメインの話しでドタバタしたコメディ色の強い話で、夕弦と耶倶矢の意地の張り合いと二人のそれぞれ思いが書かれています。
それ故決闘する二人を止めようとする士道が十香の能力を使えるようになります(主人公補正全開だね)これにより士道も狙われるようになり、面白くなってきそうです。
憶測ですが、これを読んだ時点で元々精霊って何らかのきっかけで能力得た人間なんじゃねと考えてます。(琴里の例があるため)
最後に神無月さんあなた、ただの変態神士じゃなかったのね(笑)
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年7月14日
感想については他の方が書いてくれているので、少し気なった点を書きます。
それは三巻で登場した精霊の時崎狂三についてです。
彼女は士道の高校に転校してきて、高校全体を巻き込む事件を起こし、その後行方をくらませています。
四巻は妹の琴里がメインだったこと、舞台が学校外だったこともあって狂三についての描写がなくても問題はありませんでしたが
今回は修学旅行の話。嫌でも学校生活を描かなければなりません。
しかし、担任の先生もクラスメートも誰一人として狂三のことを口にしません。
誰も狂三がいないことを気にかけることはなく、まるで最初から存在していなかったような感じです。
見落としていなければ、記憶を失うといった描写はなかったはずですが…。
細かいことかもしれませんが、それが不自然に感じられたのでこの評価とします。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年6月21日
最終回前にちょっと読みましたな。

何かがきっかけで分解した八舞姉妹。
胸が小さいほうが耶倶矢、胸が大きいほうが夕弦です、すまんね。
それから姉妹が負けたほうが消えるという勝負をしています。
そんな勝負にもろに巻き込まれた修学旅行中のシドーくん。
今回の戦いは魅了、(絶望的に夕弦の方が有利のはずなのですが)
挙句の果てに、全裸で添い寝までし始める。
勝負の決着をシドーに決めさせるという流れの中、令音に両方共でれさせなさいと話を聞く。

基本的には姉妹が、どちらが生き残るかもめてますな、アヒャヒャ。
同一人物とありますが、性格は全然違いますね、片方は勝気な性格、片方はラストオーダーっぽい。
ちなみに、片方は普通ぐらいで片方は巨乳です、意外になかなか気づきませんね。
最終的にはエレンを叩きのめして、二人とも封印。

あんま、印象に残ってないので、ここで終わりですな。
玲音が二人とも仲良くとありますが、何か玲音が精霊っぽく見えるんですよね。
ラナトスク自身が精霊との仲介を求める会話だけに。

速く8巻を頼みますよ。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年6月28日
いやーこのさくひんはすごいよどうやって書いているんだろう。
私もこういうの書きたいなとか思います
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年9月1日
相変わらずの絵師さんの絵は完璧ですが内容が追い付いてきてないですね…

内容がワンパターンになってきてしまい飽きが出始める危険信号ですね。

俺ガイル、変態王子、デート・ア・ライブの仲の良い三トリオで唯一失速気味なので次巻からは頑張って欲しいです。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告