Androidアプリストア Amazonファミリー nav_flyout_bookshonya 9000 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray SW-AD 2018 ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 コンタクトレンズストア 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア・キャンプ用品 ドキュメンタル シーズン5

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
19
デート・ア・ライブ7美九トゥルース (富士見ファンタジア文庫)
形式: 文庫|変更
価格:¥648+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

2013年10月12日
前回の絶望的状態でどうなるのかが気になり一気に読んでしまいました。
まあ、ラストは予想通りでしたがかなりおもしろかったです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年7月16日
今回で美九編はひとまず完結です。

窮地に立たされた士道に久しぶりのご登場、狂三が手を貸してくれます。
最近狂三が出てこないのでそろそろかと思いましたが、こんな形で出てくるとは思いませんでした。
(登場自体は6巻だけど)

表紙の十香も良い感じに決まっています。
服装の微妙な変化が気になる方は是非読んでみてください。
また、斬新にも終盤でカラー絵がまたかっこいいです。(自分的には好き)

この巻ではいろいろ新しいことが出るので、飽きないです。
現在読んでいるラノベの中ではダントツお気に入りで、アニメ2期も決まり、楽しみが増える一方です。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年3月20日
内容自体は6巻の続きで、美九編の完結編です。
表紙を見て分かるとおり、とある方が大変なことになります。
また士道の模範的な主人公さがカッコいいんですが、それも巻頭でネタバレ。

☆5をつけたいのですが、表紙と巻頭のイラストがネタバレすぎて展開が読めてしまいます。

まだ読んでない人は巻頭のイラストは読み終わってから見てください。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年5月21日
相変わらず、面白い。

最近のラノベでは、一番だと思う。
読む物に困った時は推奨する。

是非、興味を持った方は買って読んでみて下さい。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年3月19日
今回で美九完結です。
7巻目ですが今回が一番好きかも知れないです。
何気に50冊くらいラノベはもっていますが今一番熱いのがこのデートアライブ
バトルものではあるんですがヒロインごとのストーリーがしっかりしているので
読ませる内容となっています。
主人公も1巻目とかはかなり弱腰な感じがでててあんまり好きではなかったのですが
この巻ではしっかり男をみせてくれます。
あわせてこの巻ではセンターカラー?になってます。
十香の変わり果てた?イラストも要チェックです

ちなみに今はラノベとしてデートアライブと異世界からくるそうですよ?を買っていますが
後者はそろそろ見限るかもしれません・・・
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年7月17日
大事な場面というか、大事なことがしっかりはなしに織り込まれていて、ただのハーレムものじゃないんですよね。
つらい過去を背負うヒロイン達が救われるとこ、
主人公がなぜ救いたいのかがはっきり伝わってきてそれが好きです。

おもしろいです。

自分の存在意義を否定され絶望から、もう一度信じるに至る展開、ベタかもしれませんが、心に訴えてくるものがあります。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年3月21日
特に不満点らしい不満はないですね。
美九のストーリーなのに狂三や十香が全部持っていっていますが、狂三好きなので問題なしです。
惜しいことがあれば文化祭をスポットに当てているのにイベントらしいことをしてないこと。
せっかくキャラも増えたんだし皆で回る程度は見たかったですね。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年5月21日
※ちょいネタバレを含みます。
今回は、美九(精霊の力)の封印、十香の奪還と最大の困難が士道を苦しめましたが、読んでいて時間があっという間に過ぎていて、気づいたら完全に士道さんに惚れました。
これからの展開やタカミヤ−・・・と意味深な発言も気になる終わり方でしたので、続きが気になると感じると思います。
個人的にデート・ア・ライブ書籍の中で一番のお気に入りです。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年2月15日
今巻では、美九編が完結します。しかし、同時に多くの謎を残す巻となります。
全巻同様、いえ、全巻以上に緊迫した雰囲気が続きますが、最後はようやく緩い雰囲気に戻ります。
しかし、今巻では四巻ぶりに狂三が大活躍するので、好きな方買いですね。
ストーリーとしての面白さがグンと増す話なので、6まで買った方は、やはり買ったほうが良いかと思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年3月24日
精霊―というか登場人物が大集合なシリーズ第7巻。今までの張られた伏線に進展があり、この先の物語が少し見えてきたようで楽しんで読めました。

さて、今回はまさに副題通りの「美九の真実」と+αと言った様子。案外+αの方が今後には重要かもしれないけれど、なんといっても「真実」と「解決」からの「その後」は見逃せないです。美九に目を向けてこれからもデート・ア・ライブを読みつづけていきたいと思わせるでしょう。

あと、橘さんがあとがきで言っているように中の挿絵が凄いことになっています。実際、初見の時は見入ってしまいました。未読の方は期待して読んでください。

次は短編集―しかもキャラの日常の補完ということらしいので、にやにや成分多めな作品になりそうですかね。どんな話になるのか期待し、アニメを見ながら5月まで待たせていただきます。

ps.橘さんと表紙のある部分に関して同じ想いを抱いていたのは僕だけじゃないはず。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告