Androidアプリストア Amazonファミリー Prime Student 本10%ポイント還元 9000 ポイントアップチャンス 今すぐエントリー nav_flyout_biss B07B53H89P ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 コンタクトレンズストア 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア・キャンプ用品 ドキュメンタル シーズン5

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
6


2013年9月29日
普通に面白い。ストーリーはどっかで読んだ感じはするが、面白い。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年7月24日
シリーズ4作目。
安心・安定の先は読めるけどハラハラの、
ないわーマジないわーと突っ込める羨ましけしからんドキドキ展開。

柏田くん、思い切ったなぁ〜w
それにしても小豆ちゃん可愛そう…
そして相変わらず、ヒロインとして影が薄い…というか、
そもそも出番がほとんどない長谷川さん。まぁキャラ自体そういう感じですが。

べ、別に長谷川さんがいいってわけじゃないんだからねっ!勘違いしないでよねっ!
というギャグは置いておいて、一応設定上での正ヒロインのはずなのに
1巻から描写が弱くて(せめてカラオケで何を歌ってたかぐらいは気にしろよw)、
主人公の想いがイマイチ伝わってこないのが作品として軸が弱くなっちゃうので
☆一個マイナス。5巻では巻き返して欲しいです。

ところで、このシリーズで大変残念なのがイラスト。
正直、誰が誰かよくわかんない…カラーならまだ髪の色で少しは判別出来るのですが、
モノクロだとさっぱりで、髪型は場面で変わるし(変わる・変えるの自体は女の子らしくて大変良いのですが)、
イラストが出たらまず文脈を思い出して、えっと誰だっけ?
と、キャラが誰かを認識してイラストの内容を理解するまでワンテンポ遅れちゃう。

パッと見の印象だけでも桃ならギャルっぽく、ムラサキさんなら大人っぽく、
小豆ちゃんなら…なんでしょうね。普段は地味っぽくしておいて、
コスプレしたら一気に化けて派手な感じ?に雰囲気が変われば
ぐっと内容も引き立つのですが。

雰囲気といえば実月さんの幼さ?には驚いた。
普通に高校生の姉なら20オーバーだと思ってたから。

まぁそんなのは別としても、痛い・痛かった自分を思い出して色んな所が
チクチク痛むのですが、にもかかわらずなぜか上手いこといってしまう
リア充具合に羨ましいなぁ、自分も頑張っておけばこうなれたんだろうかなぁ
と思いつつ、次を楽しみにしてます。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年6月20日
なんかマンネリしてきたな

オチも真ん中辺りでわかったし

次に期待します
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年6月20日
通称が「オタリア」で定着しつつあるシリーズ第四弾です
前巻であれこれ失敗しながらも憧れの長谷川さんを初デートに誘い出し、昔の話を聞くなど
念願のリア充に一歩近づき始めた柏田ですが、今回は花火大会で酔っぱらった恋ヶ崎から想いを伝えられた
オタク少女桜井さんと池袋デートに誘われるにまで至ります
しかもコミケで知り合った大手サークルの主催者ムラサキさんの自宅に招かれたり
いつもはツンツンした態度の妹・あかりが兄が本当にデートに行くと知った途端意外な態度を見せるなど最早モテ期の絶頂です

…しかし今巻の表紙、恋ヶ崎と柏田が背を向け合っている図柄が示すように、ちょっとした行き違いから
これまで上手くやってこれた「協定関係」が解消、恋ヶ崎は再び不器用な自分を隠す様なギャルの殻に閉じこもり
本当は行きたくもない合コンにまで出かけてしまい、そこに苦手なチャラ男の魔の手が…

柏田の後先を顧みない奮闘で恋ヶ崎を危機一髪から救い再び「協定関係」を結ぶに至る二人ですが
その場の勢いで恋ヶ崎が憧れてやまないイケメンオタク鈴木君とのオタクソングでのカラオケパーティーになだれ込み
これまで柏田に比べると進展しなかった恋ヶ崎と鈴木君の関係は一気に近付きます
…が、鈴木君と並んで座り幸せそうな顔をする恋ヶ崎の姿を目にした柏田がそれまで自分が気づかなかった
恋ヶ崎への想いに気づいてしまう場面は想わず読んでる側も心がチクチクと痛みます

しかもデートを放り出された桜井さんとの関係は気まずい事になり、何よりラストで前巻少しだけ距離が近づいた筈の
長谷川さんから致命的な言葉が伝えられた柏田は幸福の絶頂から一気に絶望のどん底に叩きこまれます

イケメンでありながら「二次元至上主義」の鈴木君の過去にも何やら隠された部分が示されるなど、話が動き始めた一冊
桜井さんや長谷川さん、そして自らの想いに気付いたと同時に遠くに行ってしまった恋ヶ崎
柏田が次巻以降どうするのか本当に楽しみになってくる激動の第四巻でした
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年8月16日
シリーズ第4弾

相変わらずのラノヴェテンプレ展開。
しかし、それでも面白いのは、
柏田の駄目さとダサさがこれでもかと描かれているからだろう。

これがなかったら、単なる自己満足乙のハーレムラノヴェでしかないからだ。

その点はおもいしろいのだが、他の点については、
やや、飽きてきたかな…

4巻で恋ヶ崎が鈴木と急接近する展開があり、次巻以降が楽しみではある。
本巻が中だるみしただけあり、次巻で巻き返してくれることを期待したい。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年6月20日
とりあえず、八幡が読んでることにビックリ(笑)

八幡にとったらリア充爆発しろってなるわぁなあ。

ていうか、八幡(渡航先生)が読んでるとわね…

同い年だから仲良いのかな?橘さんとか変態王子とも同期やからか。

さて中身ですが、まぁリア充になりつつね(笑)

ていうか、僕だったら長谷川から絶対に桃井になびくぞこれ。なにこの健気であって超可愛い感じ。ある意味主人公がなびかないのが凄い。

ストーリーもとらドラ!の派生ルートみたいで非常に楽しめます。あと、俺妹もミックスした感じで。

既存作品のいいところをしっかり作風にいかされて気軽に読める一冊です。作者が本作が初めての作品なので巻が増すにつれて文章が上手くなっているのも魅力です。

今回は伏線が張り巡らされてみんなの心情が複雑に絡みあってきたので次が早く読みたい!

最後は八幡風に締めるとしましょう!

『リア充爆発しろ!』(笑)
1コメント1件| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告