Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 9000 Amazon MasterCard Wintertire TradeIn ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV バレンタイン特集2018 コンタクトレンズストア インテリアスタイルガイド Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター SING/シング【通常版】(吹替版)



2017年5月10日
イラストかいたり、手書きが好きな人で、マスキングテープやら文具を見ることふくめ、時間をかけることが苦でない人向け。こんまりのお掃除本を読んだあとだったので、マスキングテープやいろんな文具が、全すてか否かは、トキメクかなんだろうなと思ったり。全ての人の本ではありません。でも、楽しそうなのは伝わってきました。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年10月8日
献立というより、ノートの書き方に重点を置きすぎていて、がっかりしました。
特に節約と唱っていますが、よくよく見てみると『実家からの頂き物』の割合がとても多く、同じように節約したり、ノートに費やす時間を割くのは一般的な主婦には無理があると感じます。月の食費もかなり安く、これはお子さんがとても小さいから出来ることであり、中学生の食べ盛りの男の子2人とかの場合、100%無理だと思いますね。
余談ですが、SNSや某媒体でもたびたび著者様の自宅が公開されていますが、あれだけの豪華な家に住んでいて『節約』を唱うこと自体が現実味に欠けます。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年5月30日
実例がいっぱい載っていますが、ぽんたさんのイラストは可愛く、色合いもキレイです。
ただ本著の主眼は[可愛いノート作り]であって、
[献立]はそのためのコンテンツに過ぎないように感じました。

タイトルに「時短・節約・おいしい」とありますが、
ちょっとこじつけ感がある気がしたので、
少し辛口ですがコメントさせて頂きます。
<時短>
・特に時短のノウハウを書いた本ではない
・リメイクのアイディア集などはある
・1週間分の献立を計画し、買い出しを週1にまとめる
といった特徴から、[調理]と[買い物]の時短は見込めるのですが、
[ノート作り]にかける作業が多いため、相殺すると時短にならない気がします。

<節約>
・家計簿を兼ねるせいもあるのですが、
  1.買い物リスト作成時に予想金額を記入
  2.買い物に行ったら実際の金額を記入
  3.毎日の献立ごとに材料費を集計し1人当たりの単価を出す
 という作業が大変そうでした。
・食材を無駄なく使い切るべく在庫管理できるのは良いです。
 特に、例えばナスを3個買ったら、在庫リストに「ナス○○○」と書き、
 1個使うごとに○に斜線を引いていくアイディアは、
 ぱっと見で分かって面白いなと思いました。

<おいしい>
改善点や感想をメモしていくのは、ノートであれレシピ帳であれできることなので、
美味しくなるかどうかは、あまり献立ノートと関連していない気がしました。

毎日料理の写真を撮ってプリントアウトして貼ったり、
可愛いイラストやマステで飾り付けたりしていくので、
「ノート作りのプロセス自体を楽しみ、後で見返すのもまた楽しい」
という方にとっては興味深い本だと思います。
私にはあまりそういう趣味や余裕がないのと、シンプルな方が見やすいため、
決して内容が悪いとかではないのですが、現実的でないという理由で★3つにさせて頂きました。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年3月6日
他のレビューでレシピ本と勘違いされている方が低い評価を付けている事に驚きました。
説明書きにある通り、ノート術がメインの本です。
献立ノートとは、今ある食材や献立を書き出し、食材を管理することによって無駄を減らし、節約に繋げるためのノートです。

買い物に行く前のショッピングリストの作り方から献立を考えるポイント、食材の管理方法まで、詳しく書かれています。
ノートをデコレーションするコツが沢山掲載されていて、クリップ柄や安全ピン柄のマスキングテープをメモの上に貼ってメモを留めているように見せる技はとても可愛くて真似したいです。
100円ショップのふせんや折り紙をデコレーションに使用されているので、誰でもすぐに真似できそうで良いと思いました。
献立ノート以外にもほぼ日手帳を使用した日記や外食ノート、映画ノート等の作り方が詳しく書かれているので、ノート作りが好きな人はとても参考になると思います。
イラストの素材集や付録の日付シールも可愛いです。シールは年や曜日が入っていないのでコピーして使うと何度でも使えます。
とにかく丁寧に作られている本で大満足です。
0コメント| 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年3月5日
料理レシピの本ではなく、献立のノートの書き方の本です。そのほかにも、ぽんたさんのいろんなノートの書き方が載っています。
献立ノートを書けば、時短、節約につながるというものです。試しにやってみても続かない人もでてくると思います。
0コメント| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年3月21日
献立ノート。と大々的にタイトルになっているので献立本として毎日の献立がみられると思いましたが献立がのぞけるのは半分以下で、残りはノート作成術。ほぼ日手帳の使用例本のようなテイストです。そういう本が好きな方むけで晩御飯の構成やレシピ、料理写真が見たい方には物足りない仕上がりです。後半すこしインテリア要素もいれてみたり文房具の使い方があったり本の主旨がブレブレです。
ぽんたのノート術、他別タイトルなら納得できたのかも。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年10月19日
多分…購入動機としてはフルタイムでバリバリ仕事をしていた生活から、専業主婦になったからキチント主婦しようと思って買ったんだと思います。たまたま他の本を探していたら「この商品を買った人はこんな商品も買っています」にこの本が表示されて、「この評価の本ってどんなのだろう?」ってクリックしたら「購入済み」と親切にもAmazonが表示してくれていたので思い出した。多分、買ったときはパラパラと読んだんだと思う。改めて読んでみたけれど「あぁ、こりゃ無理だ」と思わずにはいられなかった本。

最近、自己顕示欲が大きい人が多いような気がします。それってインスタのせい?私はアカウントを持っていて、気に入った記事をブックマークするみたいに使う程度だったのですが、なんだかそれも煩わしくてアカウント放置。手帳術とかいろいろ見ましたけど、「ねぇ、私、こんなに手帳をキレイに彩ったの!こんなアイディアも入れてみたの!見て!見て!」って、アピールして何が楽しいのだろうか?インスタで若干フォローが多いからと(だって、ポチってしたらフォローできるから手軽だよ?)声をかける出版社についても、いろいろな種類の本を出さないと大変なんだと同情してしまう。

ちょっとこの本の内容とは逸れましたが戻したいと思います。

私…専業主婦です。子どもなし。旦那様は家事を強要しないどころか協力的。片付いていなくても気にしない。希望すれば家事代行を頼んでもいい環境。こんな感じで自由になる時間も多くある私でさえ、この本に書かれていたアドバイスを元にノートを作るなんてまず無理!確かにテンション上がるかもしれないけれど、ノートを作ることに満足して内容が無くなりそう。

それと改めて見直して疑問だったのが「一体、何冊のノートがあって、どのノートで何を管理すれば良いの?」ということ。全てのノートに対して、マステ貼って、シール貼って、イラスト描いて…とかして、しかも写真シール専用?にする為にプリンター2台置いてるってやり過ぎじゃないの?普通の環境じゃぁ、まず無理だよね。それとあのマステの数と巨大な専用棚。デスクの脇に置ける人はそうそういない。カラーペンだって、大量にあってどんなイラストレーター?って感じ。…まぁ、マステやペンの数は人のことが言えない私なんですけど。そもそもキチントした作業台というかデスクがあること自体一般的ではないよね?私は子ども部屋予定だった部屋をマイルームにしているので広々使っていますが、これは家を建てたときから考えると想定外のことだし。

そもそものノートとしては、マステベタベタ貼って、カラーペン使いすぎたら逆に見にくいと思うのですが、見やすさとかって重要視されずインスタ映えとか人から評価されることが目的なんでしょうか?そもそも何でも写真で摂ってシールにするって言う作業ができること自体に「暇なんだなぁ~」と感心してしまった。そんなことを旦那様にぼやいたら「その人にとってはそれがルーティーンであり、アイデンティティであり、仕事なんだよ」だそうです。これを聞いて「まぁ、そんな人も人種的にいるかもね」と思いました。

【インスタ→ちょっと注目→書籍化→テレビ出演】とか誰でもきっかけがあればお金を稼ぐ事ができ、昔より簡単に「プロ」とか「専門科」とか「注目されている」とか使う時代ですが(あっ、「美人」という言葉も誰にでもつけている気がする)、インスタもTwitterもFacebookも日本全国の人がやっている訳じゃないし、たまたまの多数というだけであって、それをさも当然のようにしてその誰もが知っているとやっている人たちは疑わない世界でのことを本に出してぼったくるのは止めて欲しいな。

この本は返品したいもん。何にも得ることがなかった。

今年、インスタ発の本をこの本含め3冊買いましたが失敗しました。インスタ見ているときはいい感じがしてたんですよね。でも本になるとシラケるのはなぜ?内容が薄っぺらく感じる。インスタはインスタで情報発信してりゃーいいじゃん。私はインスタとかSNSキッカケの本は立ち読みしてから購入することにしました。何にも考えず通販しちゃうと大失敗。で、ある程度レビューが書かれて評価の割合を見ると平均以下なんだよね。ま、そんなもんでしょ。この方の売上?生活への寄付?に貢献できたかもしれませんが、もっとお金は大事に使いたかったなー。

能ある鷹は爪を隠す

だよ?
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年3月6日
料理のレシピ集かと、おもいきや献立ノートというわけで、ポンタさんが自分の家で買った食材を使いきるという本です。主婦や一人暮らしの人初心者向きですね。
プロの主婦には向いていません。
マスキやイラストを描いて、デコってますが
見ると、カラフルでいいのかも知れませんが
目がチカチカしてきます

やっぱり、人が書いた作品には
その人なりのこだわりがあるため 
私は、参考にはなりませんでした
0コメント| 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告