Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 クリスマスに贈りたい本 psm Amazon MasterCard Drive_Recorder DVD Blu-ray FM/JMSale 2018 ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 大掃除特集 ペットのクリスマス Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン4

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
42
僕は友達が少ない 3 (MF文庫J)
形式: 文庫|変更
価格:¥626+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


2013年5月23日
自分にはわからない世界だったが、読む程にはまっていきます。
この先が気になりますけど、出会い方が運命ですよね!
周りにもこんな人がいるのかな?と見てしまいます。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年2月26日
コミカライズとアニメから入りましたが、巻を増すごとにキャラが立っていきますね
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2011年1月22日
話が個人的に読みやすく内容も面白かった。

いろいろ伏線もあり、これからの内容もとても気になる作品だと思った。

個人的にはかなりの名作
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2010年3月31日
コミック化も決定されてどんどん大きくなってきている「はがない」。
MF文庫では6年前ゼロの使い魔を読んだ時以来の、読んでいるときのワクワク感を感じました。
アニメ化もそう遠くないでしょう。アニメ化でコケてほしくありませんが。
この3巻にして、非常に重要な複線が張られていて、本当に次が早く読みたくなる物語の展開です。8巻ぐらい続いてほしいです。
またブリキ氏のイラストも毎度のことながら素晴らしい。ジャケ買いでも全く問題のない出来。迷ったら間違いなく購入をお勧めします。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2010年3月30日
ラストを見て、
あれ!?もしかして最終巻!?
と焦りましたが、あとがきを見て4巻もお楽しみにと書いてあったので一安心です。

ラストがラストなだけに、次が楽しみすぎます。

内容は、かなり残念です。

勿論、面白さの『残念』です。

携帯の件なんかは笑いながら切なさを味わうという不思議な経験をしました。

同情をかるく通り越すくらいの残念さでした。

それでもはちゃめちゃというわけでもなく、それでいて青春も感じるので凄いですね。

ラノベ好きは買うべし。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2010年5月21日
やれやれ…
ずっと星奈のターンだったのに
ラストで夜空が…
ははっ
作者は俺をどうしたいのだろうか
あんな夜空見せられたら困るじゃないか
早く続きが読みたいぞ
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年6月28日
三日月夜空のみならず、柏崎星奈の小鷹に対する感情が変わるとともに夏休みに突入するも、
原則として部室に顔を出して『本当の友達ができたときに行なうであろうイベント』の予行演習を行なう
こととなるのだが……が第3巻では描かれており、前巻で小鷹と星奈が訪れた時には閑古鳥が
鳴いていた市民プール『竜宮ランド』によるやけっぱちな入場料半額キャンペーンのあおりを受けて
夜空と理科が混雑に酔ってドロップアウトしたり、合宿と称し全員で柏崎家の別荘を訪れるも、
海を目の当たりにして、深夜アニメの第5話~第6話あたりでよくある『水着回』よろしく声を揃えて
「海だ~」と叫ぼうとするもグダグダとなったりと、部員たちが他者とのコミュニケーションの経験値が
圧倒的に少なすぎるが故の、普遍的かつ広義的な常識および、学校の中のような狭義的な常識から
乖離しているが故に起きる小さな問題をうまく積み重ねているのみならず、語り手である小鷹を含めた
全員が、我こそ普通かつ一般的な価値観を持った常識人であると思い込み、マジョリティから
疎外されていることに彼等なりに疑問を抱き、悩む姿は、一般社会に迎合した、あるいは呼吸するように
適合できるマジョリティたる『一般人』『常識人』には不可解のみならず下手したらマジョリティたちに
よる嘲笑の対象にもなり得る。
その生きづらさの中で毎日の生活を送るハートの強さは、『一般人』のそれを凌駕するが、正確には
元々ハートが強いのではなく、ハートを強くせざるを得なかったのである。
ゆえに実際は『孤独』であるにもかかわらず、斯様な状態の自分自身を肯定するために、
各々方法は異なるものの、夜空や星奈のように『孤独』を否定し、『孤高』を主張するのだ。

読後の感想としては、小鷹と小鳩が柏崎家を訪れ、星奈の父親であるところの理事長との会食における
自身の父親との関係性についての会話を通じて小鷹が、二人の関係性に想いを馳せつつも、
その想いがここでこう繋がるのか……と唸らされた。
このくだりはアニメーション版では表面をなぞっただけで分かりづらいので、本作に限らずアニメ化された
作品で気になったものは原作をチェックすることを強くおすすめする。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2010年5月8日
「残念な人」とは、自分はノリノリで一生懸命努力しているのだが、
それが他の人から見たとき思いっきり空回りしていて、結局行き着くところまで行ってしまってから
自分自身で「…あれ?」気がつく人のことではないだろうか。(その意味では、理科や爆笑王小鷹が近いが、
理科は確信犯である点、小鷹は最後まで自分が空回りしている事に気づかない点で除外される)

この登場人物たちは、「ヤンキー侍母校に帰る」では「脚本がボツ」、「みんなでプール」では
「テンションが下って帰宅」、「怪談」では肝試しをやらず、とみんな尻切れトンボで終わってしまっている。
そのため、スカッとした「行き着くところまで行っちゃった」感がなく、その後の「…あれ?」との
落差が少ないために、うまくオチていない。イッちゃって無いので、読後にもやもやした不完全燃焼感が残る。

イラストも表紙や口絵に比べて、本文挿絵のレベルが少し落ちるように感じる(構図のせい?それとも
色が付いてないとダメなの?)。

3巻最後で「圧倒的に深い微笑みを浮かべた」あの方は、再び「レイプ」「肉」「貴様」「死ね」などの
暴言を吐くのか?星奈の父親の件は尻切れトンボに終わるのか?小鳩とキャラがかぶって最早いらない子、
高山マリア(リレー小説やロマ佐賀では『寝ていて』登場なし)の運命やいかに?
「はがない」第四巻、発売を一日千秋の思いで待ち焦がれております。作者様、イラストレーター様共々、
お体に気をつけてがんばってください。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
VINEメンバー2010年7月4日
友達が少ない(いない)人が友達を作るための会の3巻目

この巻は夏休み特集となっています。
行動だけを追っていくと、サマーランドみたいなプールにみんなで行ったり
学園長の家に挨拶に行き、学園長と一緒に寝たり
プライベートビーチのような別荘にみんなで泊まりに行ったり
夏祭りにみんなでいったりして、すごいリア充(リアル(現実)充実)
みたいな行動をしまくっています。

しかし、面白いのが、このライトノベルのキャラクター達があまりにも
濃いためこんなに恵まれたシチュエーションでも、残念な状況に陥ります。

とくにすべてがパーフェクトなお嬢様は、2回も全裸をさらしてしまうなど
痛い状況が発生し、笑いをこらえるのが大変です。

設定がめちゃくちゃなこのようなお話は、すぐに破綻していろんな取り繕いで
面白みがなくなってしまうのが多い中、めちゃくちゃな設定が大きな広がりを
もってさらに笑いを誘う点がこの3巻のすばらしいところです。

それぞれのキャラクターもバランスよく登場し、どのキャラクターが好きでも
飽きさせない内容になっています。さらに最初と、最後にこれからの新しい展開
を予感させる出来事があり、次の巻も面白そうです。

これまでの巻が面白く読めた人に対しては、この巻もパワーは上がっているため
おすすめです。ある意味、キャラクターで引っ張っている側面もあるので
そのような小説をワンパターンと感じてしまう人向けではなさそうです。
でも、こんなにはじけて、スピード感があるライトノベルは、爽快感もあり?
すごくおすすめだと考えます。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2010年3月25日
『僕は友達が少ない』略して『はがない』の第三冊目。
そろそろダレてくるかと思いきや、まったく勢いが衰える様子がない。

夏休みの部活動は、それまでの活動とは趣向を変え、イベント盛りだくさん。
各短編が今までよりも短くなったにも拘わらず、その後の展開(おそらく四巻以降)
へ向け伏線が張り巡らされており、こちらの想像を掻き立てる。
口絵を除く計11ページのブリキ氏のイラストの配置も工夫されていて楽しめた。
そして、一巻を読んだ読者には了解済みのヒロインの正体が、ついに明かされる。

本巻でようやく一巻の序盤に回帰したことになるのだが、
これまでの各巻で消化不良を感じなかったことが不思議なくらい展開が見事だ。
加えて本巻エピローグも単なる余滴ではなく、続巻への期待を膨らませるものとなっている。
総じて非常に高い娯楽性を備えている。早くも続巻が待ち遠しい。
0コメント| 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告