Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 本を聴くオーディブル 9000 Amazon MasterCard nav_flyout_biss ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 大掃除特集 Echo Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル Documentary of Documental



2017年8月31日
他の評論家が外した時ダンマリをきめ込むが彼は間違いは間違いと言う。
それでもゴールドが1000円台の時から買えと言ってきた。その時直に
従った読者は現在約5倍になった。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月10日
金は5年以内に一万ドルになります。
米国の赤字(貿易、財政)は1.2京円(公表数字は2400兆円だが実際は5倍)と言われています。米国はこれ以上赤字が進み、、金融緩和するとハイパーインフレになる恐れがある為、イエレンFRB議長は金利を上昇させます。米国が金利を上昇させることによって新興国通貨は弱くなり、新興国経済は弱体化し、お金は米国に流れ、米国債と基軸通貨ドルを守っています。それにより、基軸通貨ドルは高くなり、米国株は上昇しています。しかし、ドル高による米国の貿易赤字の増大は米国債発行によるドルをたれ流し、ドルの価値はなくなり、やがてドルは崩壊します。それを見越して、2009年からロシアは金準備を10%、中国は数百%増やしています。また、ヨルダン、マレーシア、フィリピン、ベトナムを含む新興市場の中央銀行の多くが近年はドルの不安定さに対するヘッジとして金準備を増やしています。

ロシアと中国は国際通貨制度(ドル)の崩壊が近づいていることを理解しており、ドルの罠から抜け出す為に、中国、ロシア、イランは兵器、原子炉、金、食糧に関する貿易協定を締結しています。ロシアは世界有数の石油輸出国だが、イランの安い石油を買うことに同意しました。イランは最近まで米国の経済制裁のせいで、石油を売るのが難しかったので、イランがロシアに石油を売れば、その石油はロシアから中国や他の国々に輸出できます。すでに米国の経済制裁を受けているロシアはイランによる中国への石油輸出の仲介役を果たして、中国はイランの安い石油を手に入れます。中国は最近、スイスと通貨スワップ協定を結んだので、人民元と引き換えにスイス・フランを入手できます。イランはロシアに石油を売り、ロシアはその石油を中国に売ることができます。中国はロシアにスイス・フランで支払うことができ、ロシアは新しいBRICS銀行を通じてスイス・フランをイランに送金できます。今日、中国、ロシア、サウジアラビアはみな石油、天然ガス、工業製品を輸出している強国であり、国際通貨制度におけるドルの覇権を終わらせることはこれらの国にとって共通の利益になっています。(P160~166)

ドイツは米国のドル離れを始め、中国との貿易量を増やしています。ドイツ銀行はデリバティブ取引の失敗で320兆円の損失がありますが、中国の支援を受けて倒産を免れています。EU諸国は米国のドルを介入させずに石油、天然ガスを取得しようとしています。EU、BRICS、中東諸国がドル離れを開始しました。そして、ドル崩壊後、世界の銀行は銀行を倒産させない為にベイルイン(預金者から一定額以上の預金を没収)が行われます。日本であれば1000万以上の銀行預金は保護されません。2014年、オーストラリアのブリスベンで開かれたG20の首脳会議でG20首脳とIMFによってベイルインが承認されました。(P176)
ドル崩壊後の通貨は金本位制が復活します。金の価格は世界各国がM1(現金通貨+銀行を除く預金通貨)の40%の金で裏づければ、通貨と金の適切な比率からインフレを招かない一万ドルになると言うことです。(P210)

現在、トランプラリーによって株が急上昇していますが、トランプ潰しの株式大暴落(トランプショック)が始まります。山高ければ谷深し。トランプ次期大統領降ろしの様々な事件(テロや経済恐慌を起こしてトランプ次期大統領就任を阻止等)が起こります。これからの時代、経済恐慌、テロ、戦争、巨大地震等、何が起こっても金は上昇します。そして、現物の金が買いたくても、金の需要が殺到して買えなくなる時代がまもなくきます。「金価格は6倍になる、いますぐ金を買いなさい」のこの本は参考になりますので、是非、読んでみてください。
0コメント| 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年2月20日
とある投資家の一つの意見に過ぎないが、資産の分散としては、ひとつの有効な方法であると理解できた。本の題名がすべてで、特に買って読む必要もない。
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年11月6日
この本を読めて良かったです。ジムロジャースやウォーレンバフェットは金を買うことを勧めている。日本の円は今安全であろうか?中国人の方が利口だったことが分かった。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年10月22日
まず、地球上で、今まで掘り出された金(ゴールド)の総量だが、50万トンである。これを知らないと、この本を読む意味が無くなる。1トロイオンスの金貨の枚数で換算すると、160億枚となる。世界中で発行されている通貨の発行量(ビットコインも含めて)の総量は、8京円であるから、8京円を160億枚の金貨の枚数で割ると、1トロイオンスの金貨の値段は、500万円となる。(世界中で発行されている通貨の総量も知らないと、この本を読む価値が無くなる。)
ただ、実際は、金銀並立本位制となるだろうから、1トロイオンスの金貨の値段は、100万円程度になるだろう。ということだ。
この著者の言っている、「金価格が6倍になる」と言っているのは、そういうことだ。
かなりの予備知識がないと理解できない本でもある。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月27日
しがない年金生活者なのでゴールドを買う余裕はないけれど、2回のゴールドバブルを見てきたので、興味があって読みました。著者が6倍の根拠にしているのは世界に流通している貨幣の量と、各国政府が保有しているゴールドの総量との比です。なぜ、その比率になるようにゴールド価格が上昇するのか、そのへんのメカニズムは考慮していません。金融パニックになるから、としか言ってません。しかし、2008年や日本のバブルがはじけた時に、なにが起こったかというと、世の中に出回っている現金が足りなくなりました。株や債券の価値が崩落したので、それらを持っていた金持ちや銀行、保険会社などが、その損失を補うため、現金を入手しようと、換金できる資産を投げ売りしました。投げ売りされた資産にはゴールドも入っています。つまり、パニックになるとゴールドは下落します。ゴールド価格については The Religion of Gold にある説のほうが納得できます。
0コメント| 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年7月17日
いいことを書いているのであろうとは思うが、1回読んだだけでは、なかなかとっつきにくかった。2回目まで読み進めてみようと思っている。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年1月13日
 結局の所、『資産は分散して投資しましょ。金現物の割合は5%から10%くらいが適当でしょう。』という主張でした。ただし現在の経済システムをバランス系と見ないで、複雑系と認識しています。従いまして本来関係のない、あるいは関係の薄い取引の関係も、場合に寄っては創発されて密接に関わり合いが出てくる可能性が大きいという主張を、2008年リーマンショックを例にとり、詳しく解説して頂いておりました。恐慌になった場合の、一時的金価格の暴落とそれに続く暴騰に関しての説明が分かりやすかったです。金現物の購入と保管に関しては日本とシステムが少し異なるので、副島隆彦氏の著書が適切な助言になると思います。①金貨・銀貨の流通→兌換紙幣の流通時代。②兌換紙幣→不換紙幣の時代。③不換紙幣→電子マネー・ビットマネーの時代。と変化してきましたが、1周して、現在でも恐慌に抵抗力があるのは金・銀・貴金属・石油などの現物資産であるとの主張は圧巻でした。ただしルーズベルト大統領時代には現物金の国家による強制買い取りがあったという事で、リスクはあるという事を示唆しておりました。これからの世界動乱の時代には自分の資産は自分で守らなくてはならないのですね。
16コメント16件| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年2月23日
GOLDと通貨、中央銀行のシステムなどがわかりやすく記載されており読んで損はない
特にSDRとGOLD、FRBとGOLDに関する部分は知っておいたほうがいい
実物の金とペーパーGOLDの差なども投資家ならもう一度確認しておきたいところ
注意点としてはあくまで米国民向け(または米ドル利用者向け)なので日本人としては、補正してみる必要がある
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年3月5日
金保有№1国 御存知 
ロシアです
№2は 日本ですよ
あくまでも潜在保有量ですけれど
つまり相当量の莫大な金鉱が地下に
列島には採掘されていない良質金脈が
多数存在しております
世界中の金の量・・・
50メートルプール二杯分ですが
日本の地下埋蔵量はそれ以上
中世、金産出国の奥州みちのく
藤原氏が使った総額は・・・
約金45トン 全て砂金?
理論的には砂金になる鉱脈が上流に
莫大に流出した砂金の元の金山は
発見された 砂金X一万倍埋蔵量
現在でも手付かずのまま
将来金の相場を左右出来るのは
ロシア 日本
株や紙幣で持つより金ですよ
中国を見て下さい
一般庶民まで買い漁っています
近く金価格は2倍に予測
ネックは手数料・・・
解決法はこの本に載っておりますよ
お金に余裕の有る方は一読を
 私共々には雲の上のお話ですが・・
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告