Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0916 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016summer Amazon_meets_LAST ファッション Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト手土産グルメ・スイーツ コンディショニングサポートストア コーヒーストア Kindle Amazon MP3 ゴルフ初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
35
5つ星のうち4.5
形式: 新書|変更
価格:¥821+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年3月16日
まさしくタイトル通りの型破り。ラン後のストレッチも要らないは、それが原因で故障した経験があるので???だけど、共感できるところも多い。いろいろ悩んでどうしたらいいのかと思っていたことの答えみたいなものも見つかる。それにしても、出て来る女性ランナーが、素晴らしい記録をだしているので、ちょっと凹むが、何回も読み直して、試してみたくなる1冊である。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月31日
練習方法に行き詰まり、試す価値はあると思う事は実行してみたいという気持ちで読んでみた。
とても読みやすい文章で、重複する内容があってもあまり苦にならなかった。
この本のマラソン攻略法が良いか悪いかは、自分の取捨選択にかかっていると思う。
とにかく頑張ってみようという気持ちになれたので良かった。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月8日
ここに書かれているように脚は身体の真下で着地する、地面を蹴らない、腕振り、カーボローディングよりアミノ酸ローディング、レース中の補給等を実践して走りました。買ったのがレースの1週間程前でしたので、峠走などのトレーニング法はまだ試せてませんが、それでも大幅に自己ベスト更新できました!今度はトレーニング法を試してみます(^^)
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月11日
専門的な知識を持ち、科学的な裏付けがある理論ではない。しかし、スパルタスロンやバッドウォーター、24時間走など、数々のウルトラレースを経験してきた著者の実体験から来る理論なので、説得力はある。

厚底シューズはダメ、裸足ランやビブラムは不自然、ストレッチ不要等々、その他数々の理論が出てくるが、それらを鵜呑みにするのではなく、自分で判断する必要がある。そういう意味では、まったくの初心者がこれら理論を鵜呑みにして、この通りに実行することはいかがなものかと思う。ただ、サブ3レベルの自分でも試してみたい理論はたくさんあった。

また、練習方法についても、取り入れたい内容がある。基本的には、小出監督の「30キロ過ぎで一番速く走るマラソン」の練習内容が素晴らしく、サブ3~4を目指すランナーをカバーしているが、そのメニューにぜひ取り入れたい。

まだ著者の本を一度も購入したことがない人は、これまでの本(理論)を一部訂正している部分もあるので、この最新刊の購入をお薦めします。この本を読んでいろいろ試したいことが出てきたので、この値段の価値はあると思います。

最後に。あとがきにすごく共感した。加齢等により自分のタイムが頭打ちになったとき、どうするのか。49歳の著者の答え(考え)は、素晴らしいと思う。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月15日
過去の著書を読んで着実にタイムを上げてきた私にとって、待望の岩本さんの新刊です。
これまで同様に読みやすい文章で最初からグイグイ引き込まれ、一気読みしました。

内容は、前著にもあった理論の要点をふまえながら「ラン反射」など新理論が披露されており、CDに例えるなら新曲が追加されたベスト盤のような感じ。ポイントがギュッと凝縮されているうえ、試したくなることが次々と出てきて、次の練習が楽しみになります。お馴染みの理論の復習にもなり、忘れかけていた理論を思い出すいいきっかけになりました。また岩本さんの著書の特徴でもある“格言的なフレーズ”も随所に出てきて、いちいち刺激されます。
理論の一部には賛否があるとも書かれていますが、書いてあることの良し悪しはあくまでランナーが自分で実験して自分の感覚で判断すればいいのでは。いずれにしても、より高いレベルを目指したいランナーが日々のトレーニングやレースで実験するネタの宝庫で、またビギナーには、目標タイムのラップ表を含め、走ることを楽しむ基本的知識を埋めるには十分な内容だと思います。

全体的に、ウルトラランナーとしては実績があるものの有名人とまでは言いがたい著者が、自分の経験や観察から組み立てた数々の理論を市民ランナーへ分かりやすく伝えようとする感じが好印象です。また、過去の著書にあったいくつかの理論を潔く修正するあたりも、自身の理論をより進化させることへの前向きな感じを受けました。

練習が退屈になったときやレース前などに読めば、自分なりの課題や目標を再設定でき、いい意味で刺激をもたらしてくれる一冊になると思います。個人的には常備薬になりそうな一冊です。
0コメント| 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月10日
初マラソンの時から岩本さんの本を参考にして走っています。
給水や栄養補給の仕方など非常に役立っています。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月11日
これまでのランニング本とは一線を画す目からうろこの秘訣が詰まっています。
練習法から直前対策、本番の戦略まで、いろいろなアイデアが詰まっていて、
サブ4~サブ3を目指していながら、なかなかタイムの更新が出来ない人には、よい刺激やヒントになるのではと思います。

ただし、かなり個性的で刺激的な内容ですので、ある程度ランニングへの知識や経験、体作りが出来上がった人向けです。
静的ストレッチをしない、厚底シューズは否定、峠走を推奨と、初心者がいきなり取り組むにはリスクが高いと思います。
私自身はサブ4ランナーですが、ラン反射を意識して、これまで行っていたウォーミングアップのストレッチを疎かにして、
坂道トレーニングを行ったところ、怪我をしてしまい、数週間練習を休む羽目になってしまいました。
自分の体と相談しながら、少しずつ実践されることをオススメします。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月15日
高校まで体育で普通未満の成績しか残せず、運動が苦手な自分が45歳になってから始めたフルマラソン。初のレースで完走したものの、5時間半を要した。もっと速く・トイレに行かず・楽に走りたくなり、方法論を探していたところ、著者の『非常識マラソンメソッド』『非常識マラソンマネジメント』に出会った。「ビルドアップ走」や「足柄峠での峠走」など、書かれていた内容をわりと忠実に実践したら、半年後に4時間を切った(いわゆるサブ4)。著者の方法論は、マラソン攻略にとって有効だと感じている。
本書は、前記の2著や著者のブログなどに記されたメソッドがまとめられたものであり、現時点での集大成版といいうる。マラソンでの自己ベスト更新に興味のある方は、一読をお勧めしたい。
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月23日
前々著『非常識マラソンメソッド』より、
理論的な説明が増えていることに、とても好感が持てた。

・マラソンは、食べるスポーツ
・厚底シューズでは、楽に走れない
・トレーニングには、峠走

など、これまでのマラソンの常識からは、
「非常識」だと思われるメソッドがなぜ有効なのか、

筋肉や体のメカニズムに基づいて説明してあるため、
「へぇ~、なるほど!」と、説明に納得が行く。

トレーニングメニューを考えるときや、
普段のトレーニングで意識するポイントが、
一段レベルアップすること、間違いなし。

また、本書第5章で取り上げている
レース直前のマネジメント法は、
前著『非常識マラソンマネジメント』で詳しく説明してある。

とはいえ、マラソン界の皇帝ゲブラシラシエが
レース直前からレース中に補給している栄養のメニューが載っていたのは嬉しかった。

ただ、本書を読む上で注意することは、

本書がメインターゲットとしている市民ランナーが、
“フルマラソン完走~サブスリー達成”を目指す「ふつう」の市民ランナーであること。

それ以上のタイム、2時間半切りなどを目指す
エリート市民ランナーは対象外になっている。

このレベルを目指しているミーにとっては、
このレベル向きのトレーニングメニューが載っていないのが、
とても残念だった。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月6日
何人かの方が書かれているように、初心者の方ではなく中級以上で自分の練習メニューの組み立てができる方には有用かと思います。
本書に書かれている内容は、例えば練習メニューでは「ビルドアップ走」「峠走」が、走り方では「ラン反射」が、コンディショニングでは「靴のソールは薄く」「アミノ酸ローディング」「静的ストレッチはしない」などが特徴的です。

しかし、初心者の方がいきなりすべてを導入すると故障の可能性が高いかと思います(特に峠走を薄いソールで実施するなど)。
サブスリーランナーですが、正直峠走の下りのような、下りの坂道のロング走では故障の経験があるので、取り組みません。

とは言っても、自分の中で練習メニューを組み立てられ必要なものを随時取り入れる形でやれる方であれば効果はあると思うので、中級以上の方にオススメです。

なお、小出 義雄監督の「30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法」とセットで読むと、メニューの組み立て方のイメージが掴めると思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告