Androidアプリストア Amazonファミリー nav_flyout_akuta Amazon MasterCard 洗車グッズ特集 ファッションサマーセール Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 敬老の日特集2018 実質無料サンプルストア Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア・キャンプ用品 シンゴジラ

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
2
物語 介護保険(上)――いのちの尊厳のための70のドラマ
形式: 単行本(ソフトカバー)|変更
価格:¥2,376+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

2010年5月26日
介護保険制度の生みの苦しみや、関係者の思いなどがいきいきと描かれており、引き込まれました。介護保険制度の誕生は、介護の質の向上をはかるばかりでなく、「ヨメ」をはじめとして多くの家族を介護に縛り付け追い詰めていく社会を、大きく変革するものだったのだと思われました。
下巻が早く読みたいです。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2010年5月17日
介護保険がどのように成立したのかを、介護者やその援助者たち、そして制度設計の主に厚労省の担当者たち
の苦闘が、1章1話のかたちで、物語として著述されています。
とくに、当時厚生省の行政官たちが、どのようなビジョンをもち、どれだけの情熱をもって、
この困難な課題にあたったかをヴィヴィッドに描いてくれて、これは著者ならではの記録でしょう。

また、若くして逝った介護施設建築パイオニア外山義さんに関して、哀惜の情のこもった回想は胸を打ちます。
まだまだ欠陥の多い制度でしょうが、この制度が実際、今の社会に根付いている状況を見て、
その創設に苦労したひとたちの物語を思い返すのは、この制度を今後、さらによいものにしてゆくために
大事な作業でしょう。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告


カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック