Facebook Twitter LINE
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
prints(プリンツ)21 2012年春号 特集... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 通常使用による若干の使用感はありますが、良好なコンディションです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

prints(プリンツ)21 2012年春号 特集 小谷元彦 [雑誌] 雑誌 – 2011/12/26


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
雑誌, 2011/12/26
¥ 1,543
¥ 1,543 ¥ 98
この商品の特別キャンペーン まとめ買いでオーディオ・情報家電が10%OFF 1 件


booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「1111」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

彫刻家・小谷元彦の約90ページに渡る大特集!
対談みうらじゅん×小谷元彦、その他、映画監督・黒沢清、演出家・飴屋法水の寄稿を収録。

2003年ヴェネツィア・ビエンナーレ日本代表作家としての参加をはじめ、2010年〜2011年にかけて森美術館(東京・六本木)で開催された個展「小谷元彦展 幽体の知覚」で、同美術館の最多動員数記録を塗り替えるなど、国内外で高い評価を受ける小谷元彦。身体感覚に直結している作品群、旧来の彫刻の概念では収まりきらない方法論、重力から解放され浮遊する空間感覚、ひと目で感じられる美しさと痛覚など、小谷の創作への思考回路を徹底分析!

小谷元彦自選作品集をはじめ、同じ京都出身で小谷が長年尊敬し続けてきたみうらじゅんとの夢の対談、黒沢清、飴屋法水らの寄稿を収録。また、小谷芸術を読み解く10のキーワード、小谷の創作のルーツをさぐるMy Favorite Thingsのコーナーなど、内容は盛り沢山!!

著者について

小谷元彦(おだに・もとひこ)
72年京都府生まれ。美術家、彫刻家。東京藝術大学大学院美術研究科修了。97年初の個展「Phantom-Limb」開催。03年ヴェネツィア・ビエンナーレの日本館代表のひとりに選ばれる。10年〜11年まで森美術館(東京・六本木)で個展「幽体の知覚」を開催。彫刻、写真、映像などジャンルを問わないあらゆる手法で、身体感覚を変容させるような作品を生み出す。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: プリンツ21; 季刊版 (2011/12/26)
  • ASIN: B006NV9S3K
  • 発売日: 2011/12/26
  • 梱包サイズ: 27.6 x 21.1 x 1.7 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう