カスタマーレビュー

2017年5月16日に日本でレビュー済み
冬目景氏には珍しい恋愛もので、SF要素もありません。主人公リクオが、ハルと榀子の二人の間で揺れ動く物語です。基本的には面白いと思います。著者独特のクールな作風は健在で、それがオトナな雰囲気を醸し出しています。ただ、恋愛ものではメリハリも大事で、熱くなるシーンがあることで説得力が出ますが、この点は弱いと感じました。本レビューは全巻を通読してから書いていますが、巻が進むにつれてその弱点が際立つようになりました。

面白いと感じた点は、主要キャラクターが魅力的で、最終的にどちらとくっ付いても不思議でなく、だからこそ先が読めないという点でした。様々な新キャラクターが既存の登場人物の関係性を乱していき、その度に緩やかに、しかしじっくりと変化していきました。誰しもに悩みがあり、そういった陰影もよく描けていたと思います。

物足りないのは、そうした登場人物の悩みについて、苦しむ様子や克服する様子を、直接には描写しなかったという点です。確かに、そうした精神的な部分を描かずとも物語は成立します。ミステリアスなキャラクターであれば、敢えて描かないというのも演出だと思います。しかし、恋愛をテーマにした作品では、それを一切なくしてしまうのは「逃げ」です。胸を熱くさせる、読者に感動を与えるのは、悩みに立ち向かう登場人物の姿勢にあるはずです。表面的に、何気ない会話をして、それに一喜一憂して、勝手に決意したり思いついたりして、読者はあらすじを読みたいわけではありません。

第5巻では、あまり大きな話の展開はないように思います。リクオの親友のフクダは、リクオの考えを整理して榀子との関係を進展させる役回りがあったので、後半もっと登場させておけば、8巻くらいで終わったかも知れないとも思いつつ…。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.9
星5つ中の4.9
28 件のグローバル評価
星5つ
95%
星4つ
2%
星3つ
2%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%