カスタマーレビュー

2013年8月13日に日本でレビュー済み
期待の新刊でした。
どうしても往年からの少女コミックファンにしてみると,原作の古典「とりかえばや」のコミカライズされた他の作品とどんな違いがあるのか気になるところです。
読んでみて言えるのはさいとうちほ先生のキャラクターの愛らしさ,そしてストーリーの伏線,鍵となる恋愛必然性とその展開です。

ロマンチックで,とても素敵です。
あでやかな古典の世界へどうぞ。

☆が三つなのは,身分の上下や官位の上下があまり作品で強調されておらず,帝や東宮の遠い存在であることや,「弟の入内」がいまいちすごい困難だったことが伝わってこないからです。あっさりしています。

宮中の慣習をもう少しあると,奥ゆかしさが出ると思うのですが。
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
33 件のグローバル評価