カスタマーレビュー

ベスト1000レビュアーVINEメンバー
2009年6月7日に日本でレビュー済み
中国の戦国時代、三国志をマンガ化した作品

この巻は、赤壁の戦いが始まり、両軍が拮抗している所から
始まっています。両軍が拮抗すると何が起こるかと言うと
知略の戦争です。前巻に増して緊張感が高まる中、知恵と
知恵のぶつかり合い、だましあいが面白い内容になっています。
そして起こる赤壁の戦い、これにより曹操が退却を
せざるを得ないのですが、一旦は曹操に世話になった関羽、
弱り切った曹操を目の前にして関羽が下した結論も
面白く書いてあります。
そして、赤壁の戦い後の話の一部へと繋がっています。

曹操の100万とも言われる軍勢を、呉の数万が打ち破るシーンですが
、さすがにマンガの限界かと思われるぐらい少し迫力に欠ける
気がします。しかし、裏の裏をかく、知略の戦いは丹念に
描かれていますのでその点はとても面白く読めます。

少し残念なのは、赤壁の戦いと見たときには12巻の後半から
13巻の前半、そして、その後の玄徳の躍進は、この13巻の
後半から14巻と巻をまたいでいることです。まぁ、その分
勢いを付けて読めるという意味では良いですが少し注意が
必要です。

赤壁の戦い、そしてその後の孔明の戦略など知略に富んだ内容で
とても飽きることができません。戦争を扱っていますが
血なまぐさい事はそんなには無いので、ぜひ手にとって
見る価値があると思います。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
8 件のグローバル評価
星5つ
67%
星4つ
11%
星3つ
22%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%