カスタマーレビュー

2021年5月11日に日本でレビュー済み
今回の主役は長州藩です。攘夷から討幕へと変わっていくのですが、実に複雑で藩は揺れまくっています。とても明治維新の立役者になるとは信じらない状態だった、というのがよくわかります。
私は、読みづらいということはなかったです。下関に行った時には、東行庵とか晋作が刺客から隠れた井戸とかを見ました。
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
18 件のグローバル評価