カスタマーレビュー

ベスト1000レビュアー
2019年12月4日に日本でレビュー済み
【原作とアニメの幸せな関係】
アニメ放送時から、原作が倍以上売れるようになった本作。
近年でアニメ化の効果が最も現れた漫画と言えるでしょう。
元々、週刊少年ジャンプが、
『「ワンピース」以外に、単行本「初版100万部」の作品を!』をスローガンに
何作か推した中で、本作が抜け出た理由はなんでしょうか。
「とっつきにくい絵柄で食わず嫌いだった人たちを、美麗なアニメーションで惹き付けた」のが、
本作が初版100万部を達成した要因の一つだろうと考えます。
コンテンツ規模の大きさを活かして、
アニメで制作費が高コストであろうufotableと組んだことも大きいですね。
ただ、これはかなり大きな規模のコンテンツだからこそ出来たのでしょう。

アニメの方も同じ週刊少年ジャンプ他作品と比較して桁違いに売れているし、劇場版も成功間違いなしでしょうか。
互いに相乗効果をもたらすメディアミックスの成功例と言えるでしょう。

【ストーリーについて】
無限城の戦いの続きです。
炭治郎が劇場版にもなる予定の「無限列車編」で生じた因縁に決着をつけます。
そして、栗花落カナヲが、上弦の弐 童磨を相手に、
非業の最期を遂げた胡蝶 しのぶの仇を討てるのか、
そしてカナヲの助太刀に現れるのは誰か?
その人物と上弦の弐 童磨との因縁は?
という所が見所になります。
108人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
9,978 件のグローバル評価