カスタマーレビュー

2010年7月1日に日本でレビュー済み
最初に注意ですが、
これは「劇場本編を漫画で再現」というコミックではありません。
そのため、「この漫画で劇場版の内容を知ろう」というスタイルで読める作品ではありませんので、そこだけ注意してください。

1〜4話が劇場本編が始まる前のなのはとフェイトの物語、5話からが本編で、読めばわかりますが、劇場本編と違って「ある出来事が起きたせいで、ある展開が発生していない」という状態で進む、完全にパラレルなストーリーです。

上記の点も含めて、基本的に劇場を見た人向けのコミックです。 

ただその分、劇場を見ている人にとっては
「あの子のやるせない涙」や「あの人とあの子の悲しい親子関係」
「けなげで切ないあの使い魔の姿」など、見所や補完要素が沢山あります。
バトル描写も相変わらず迫力がありますので、
 
《劇場版を見た人ならオススメ。また見てない人は劇場を見てからどうぞ》
 
です。
 
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
16 件のグローバル評価
星5つ
75%
星4つ
25%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%