カスタマーレビュー

ベスト1000レビュアー
2021年4月23日に日本でレビュー済み
※以下の内容には【ネタバレ】が含まれる可能性があります

CMに神谷浩史さんを起用し,『秘密』や『過去』の単語もちりばめられていましたが,
終わってみれば,知りたかったそれらは,いろいろと期待はずれだったように思います.

忘却探偵である彼女が,最速の推理力を喪失するという序盤には大いに惹き付けられ,
奔走するいつもの彼をはじめ,背後が見え出す中盤までは,軽快に進み悪くありません.

ただ,これが折り返しを過ぎ,いよいよ待っていたものが語られ出すと急ブレーキ.
あるテーマについて,いつも通りと言うのは残念ですが,雑なタイトルの回収と併せ,
ありきたりな論争が続く様子は退屈で,相手の設定も唐突で新鮮さにも欠ける印象です.
(一時期の『妊娠』に続き,しばらくはこれが別の作品にも目立ってくるかもしれません)

また,その流れの中で明らかになる今日子さんの背景も,それじゃないと言いますか,
今回も『
何でも知っている彼女 』を露骨に匂わせながら,決して核心にまでは触れず,
なぜ探偵にされたのかなども,それを知る者は現れますが,詳しいことはわからないまま.

このほか,『あとがき』にはどこまで本気なのか,さらりと壮大な計画がありましたが,
まずは自虐ネタで何度も出てきた,『五線譜』と『伝言板』を形にしていただきたいです.
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
89 件のグローバル評価