カスタマーレビュー

2017年6月25日に日本でレビュー済み
記載のあらすじの通り、今回は街の有力者であるドラゴンさんの大手術に関わる諸問題を縦軸に
その協力者となったスキュラさん、、サイクロプスさん、アラクネさんたちの抱えるもろもろを同時に解決しつつ、最終的に手術に挑む話となっている。
その為、前巻までのキャラクターごとの疾患を短章で完結していく、章ごとの独立性が高い型とは少し趣が異なったものとはなっているが
しかしキャラクターへの踏み込みが甘くなっているということはなく
むしろ今回登場する疾患は精神的な要因を持つものがほとんどのため
うまく登場キャラの内面をつつくことに成功していると言えるだろう。
ただ心の問題だからといって過度に重い描写にはせず、あくまでライトに読めるように出来ているので、そこは安心だ。
そして精神的な要因が多いからといって、モンスター娘の体幹に関わる考察が疎かになっているわけでもないので、そこも安心だ。

私的には、やはり今回のメインキャラであるスカディさんの独白が気にいった。
以下少々ネタバネになってしまうが。
スカディは1000年以上もの時を生きてきたドラゴンである。
そこで罹った生命に関わる重篤な病気に対し、彼女はそれを天命であると考え、治す気がないという。
その理由を語る彼女の言葉には、人とは桁違いの世界に生きる彼女の心中と価値観がぐっと滲み出ていて、灰色をしていた。

これをグレン医師はどう解決したか。
そしてもちろん手術に関わる問題はこれだけではなく、そのそれぞれに対し、どう対処を打ったか。
気になった方はぜひ購入して読んでいただきたい。
彼女が最後どうなったかを見て、私はすこし瞳を潤ませてしまった。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
23 件のグローバル評価
星5つ
63%
星4つ
25%
星3つ
11%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%