カスタマーレビュー

2012年4月22日に日本でレビュー済み
5巻まで読んだときにはエピソードが広がりすぎて「どう収拾がつくんだろう」という不安がよぎったのだが、そこはこちらの考えの浅さであった。

本巻でスーパー1は「自ら志願した唯一のライダー」としての位置づけが明確になり、様々な伏線がスーパー1の存在をを中心に収斂していく。
「黒沼流って何で出てきたの??」という疑問にも見事な回答。
私が忘れていた本編外の設定まで拾って伏線にするとは。村枝先生、参りました。
そして、今回もまたライダーファンの気持ちを高ぶらせる変身の場面。
「次もまた読みたい」と言う期待と興奮を感じながら読み切ることができました。

ちなみにこのシリーズ、発売の間隔が長く、前巻までの細かい設定が記憶から漏れがちになるため、新巻を読む際にはこれまでの物語を読み直してから新巻を楽しむようにしています…。
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
28 件のグローバル評価